水中単語

スイチュウ
2.4千文字の記事
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

水中とは、水の中、没、潜、などといった状態である。

概要

ダイビング素潜り、水中レストラン海底トンネル、水中ポンプ、潜水艦などが挙げられ、どれも常に死の危険と隣り合わせなので高い技術を要され用いられている。空気中よりも密度が桁違いに高く重く熱伝導率や音の伝わりやすさも高い。

大気中と水中でこんな違いがあるという一例

  1. 50度のお湯では簡単に火傷をするが室温50度のサウナに入った程度では火傷しない。
  2. 大気中より水中の方が圧倒的に音(音波)が伝わりやすい→戦時中艦ソナー技術の発展

一部の水族館や施設など、透明な水中トンネルによって不思議間を演出しているものもある。

※一例はうろ覚えなので間違いやおかしな所は遠慮コメントor修正してください。

色彩

水中=っぽいイメージもあるが、これは青色以外のの波長が散乱してしまうため。

ただし極めて透明度の高い水中や域を除き、距離深に応じて透明度が一気に落ちる。
潜水艦には耐久性の意味もあるががなく、あっても見えない)

二次創作な概要

キャラクター達が水の中に居る状態で描かれ、呼吸や酸素の必要性といった現実の壁を突破した状態が多い。

幻想的であったり非現実的ながらも水中への憧れを表したような作品が見受けられる。
現実で絶対に真似しないように。(後述)

人魚河童のような想像上の生き物への恐れと憧れから生まれたのかもしれない。

水族館など、単純に巨大な水槽の前でも若干似たような構図にはならなくはない。の外が水中などデザインの一部として取り入れられている場合もある。

サメワニピラニア電気ウナギといった脅威が描かれる場合もある。(ギャグ漫画も含む)

その他

ゲームの場合は操作感覚が異なる場合がほとんど。
武器は弾速・射程・弾道が変化したり、火炎系の武器は大抵使えない。

酸素ゲージ等が表示される場合もある。大泡に入ることで回復したり潜具等で減少を軽減できる場合もある。水中戦や水中に特化したメカロボット・発明装置などが描かれる場合もある。水中施設などもロマン

環境を生かすもの

水中から奇襲され苦戦を強いられることもあれば、ギミックや排装置によって同じ間を陸上間に転換し一転有利にしてしまう場合もある。水中への高圧電流によって一網打尽にする、温自体を操作する、凍らせてしまう場合もあるなど応用の幅は広い。

一部漫画においては、中を水中のように泳ぐ人物や動物が描写されたり、地面や物体・建物内部を水中のように潜・移動・奇襲する様子を描く破りな特殊が描かれるケースもあるなど、常識に捉われない作者センスが問われる。

現実において

水中においては呼吸を含めた自由な動きが大きく制限される。

士や難救助など、ただ酸素ボンベを背負って潜れば良い
…わけではなく、自体はもちろん様々な潜具やその特性の知識も必要となる。

意図せず水中に入ったものは落没と呼ばれる場合もある。

事故

技術が進歩した現在においても事故が毎年起こっており、「たかがに入って遊ぶだけ」と油断するのはリアル死亡フラグになりうる。例として離岸流に流される、底に引きずり込まれるといった自然の特徴を知っておくだけでもリスクは大幅に減らすことはできる。

詳しくは 溺死 の項を参照。

時など、急浮上を行うと減圧症(=潜水病)の原因となる。

人間以外

水中で使用するものは高い気密性が要されるため、防のない機械スマホ腕時計などは故障するし、自動車(冠水車)となって価値は大幅に下がる。使えてもシートなどはカビくさくなる。

5~10m程度の深に対応した防処置のある機材もある。(トランシーバーなど)

ワニなど、相手が苦手で自らが得意とする水中で待ちせたり水中に引きずり込むなど策士。

船舶においては水中の障害物や暗礁へ乗り上げるといったリスクもある。(図に記載される)

深い水中に落とすと容易に回収できないため、船舶などはキーホルダーフロートを兼ねている場合もある。キーフロートとも。

深海などの活動場所でもある。(しんかい6500など)

戦闘など

水中、深い場所を潜るというだけで隠密性が高い事から軍事作戦などに用いられることもある。元祖ステルスである潜水艦の活動、特殊部隊の敵地潜入・破壊工作・脱出などが描かれる場合もある。魚雷・機といった水中兵器も有名。

水中においては弾を効率的に停止させるが、手榴弾など爆発物の衝撃波はむしろ効率的に伝搬させてしまうため致命的なダメージを受けるといった不思議特性もある。水中のような水中特化した銃器もあるが抵抗か射程に限度があり深によってさらに射程は減少していく、地上での射撃精度が悪いなど世知辛い

ブリーザーのような泡の出ない潜機材もある。(辺の敵に気泡によって発見されるのを防ぐため)

ちなみに潜水艦がどの深さまで潜れるかといった情報軍事機密。

関連動画

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

水中

1 ななしのよっしん
2019/07/08(月) 23:16:58 ID: iRqsdAZmeN
記事あるのびっくりした
しかもよくできた記事じゃないか……
火の中← →の中
👍
高評価
0
👎
低評価
0