スポーア単語

スポーア

スポーア(spore)とは、

  1. 「胞子」を意味する英単
  2. エレクトロニック・アーツ社のリアルタイムシミュレーションゲーム
    →「spore」を参照。
  3. アニメ遊☆戯☆王ファイブディーズ」に登場するカード遊戯王OCGにも登場し、一時期禁止・制限カードとなった。
    本項で解説。

概要

ω)<ポーア!

龍可が使用するモンスターレベル1の植物チューナーで、自身が墓地に存在するとき、墓地植物モンスターを除外することでこのカードフィールド上に特殊召喚し、効果発動のために除外した植物モンスターレベル分だけこのカードレベルを上げる効果を持つ。

龍亞タッグでのVSルチアーノ戦で登場。
ローズバード」の効果で「ウィード」とともにデッキから特殊召喚されたが、その後の龍亞ターンルチアーノの「激流葬」の効果で破壊された。(>o<)
その後、墓地の「ウィード」を除外して復活、レベルを2つあげて「サンライトユニコーン」とともに「エンシェント・フェアリー・ドラゴン」のシンクロ素材となった。

効果でレベルが上昇すると、自身の体が大きくなる。あと、口がωからmになる。

口の形は、最初に特殊召喚された時はへ、破壊されるときはo、自身の効果で復活したときはω、効果でレベルが上がるとmになる。

OCG版

「THE SHINING DARKNESS」(2010年2月20日発売)でOCGに登場。

チューナー(効果モンスター
1/属性/植物族/ATK 400/DEF 800
このカード墓地に存在する場合、このカード以外の自分の墓地
植物モンスター1体をゲームから除外して発動できる。
このカード墓地から特殊召喚し、
この効果を発動するために除外したモンスターレベル分だけこのカードレベルを上げる。
「スポーア」の効果はデュエル中に1度しか使用できない。

※「DUELIST EDITION Volume.4」収録のカード(DE04-JP130)による

同名カードの効果がデュエル中に1度のみとなる制約が追加された。

墓地カードコストとするため、手札を消費せずに特殊召喚可レベルも上がるため、「コピープラント」などと組み合わせればエクシーズ召喚にも対応しやすい。リリース制限などもないので、いざとなればアドバンス召喚リンク召喚用の素材にすることも可。しかし、自身の効果で出す場合、通常はレベル2以上になるため、レベル1チューナーとしての運用はできない点には注意。

使用しやすい植物チューナーであるため、植物デッキはもちろん、植物軸でないデッキでも「ダンディライオン」、「ローンファイアブロッサム」、「グローアップ・バルブ」ら有用な植物モンスターとともに投入されていた。

コスト縛りデュエル中1回のみという厳しい制限をつけていたが、それでも採用率が高く、特に海外では「Reborn Tengu」(=「輪廻天狗」)と一緒にシンクロ素材となるデッキが強であったため、2012年3月1日の制限定で「グローアップ・バルブ」とともに禁止カードとなった。

とはいえ、このカード自体は植物族がいなければ使用できず、同定ではこのカードコストとしてともに採用されることの多かった「グローアップ・バルブ」が禁止定、「Reborn Tengu」(=「輪廻天狗」)も準制限定となったため、禁止定の必要はないのではないかというも強かった。
その通りに、実際に禁止にするほどのものではないと判断されたのか、2012年9月1日の制限定では制限カードとなり、2013年3月1日には制限解除された。


このカードのように、一度禁止カードを経験してから制限カードに戻った先例は、「お注射天使リリー」や「魔導戦士 ブレイカー」、「団結」、「リビングデッドの呼び声」、「カオス・ソーサラー」(後に再び制限→制限化)があるが、いずれも長期の規制の末に解放されており、このカードのようにいきなり禁止定を受けて、わずか1年後には全復帰というのは例がない。

認大会開催店で販売されていたTSHDの2パックセットには、このカードノーマルパラレルレア仕様が付属していた。

見たが「ワタポン」に似ている。

効果で特殊召喚する場合、特殊召喚の時点でレベルが上がった状態で出てくる。特殊召喚後にレベル上昇の処理が入るわけではない。そのため、このカードの特殊召喚に対して「激流葬」などを発動することも可

当然ながら、「スキルドレイン」などがある場合はレベルが上がらない。レベルが上がった状態で「スキルドレイン」などを発動された場合、効果で上昇した分のレベルは元に戻る。

「スポーア」の効果はデュエル中に1度しか使用できない、とあるが、これは同名カードすべてに適用される。そのため、1枚の「スポーア」の効果を発動した場合、2枚以降の「スポーア」の効果は発動できない。
ただし、これは1人のプレイヤーに対してであり、相手が先に「スポーア」の効果を使用したからこちらが「スポーア」の効果を使用できなくなる、ということはない。

天罰」などで特殊召喚効果が効にされた場合でも、発動したとみなされるため再び発動することはできない。

No.50 ブラック・コーン号」など、レベルを持たないエクシーズモンスターリンクモンスター等を除外して効果を発動することはできない。

関連動画

 

関連静画

関連商品

 

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スポーア

11 ななしのよっしん
2013/02/18(月) 18:55:44 ID: mwBE3kNNh2
まさか復活するとはな・・・・・・
12 ななしのよっしん
2013/02/22(金) 23:59:57 ID: WlUQONvwQe
スポーアたん全復活!

…どうせデュエル中1回だから、ピンでも十分ってのはナイショ。
13 ななしのよっしん
2013/05/02(木) 02:55:20 ID: 6WwR5OqUg8
スポーア「なんもかんも天狗が悪い」
14 ななしのよっしん
2013/12/23(月) 17:37:20 ID: ptutZhOE4F
ロンファ制限のうえスポーアが禁止だった時代の植物族の惨状はほんとを覆いたくなるほどだったな
15 ななしのよっしん
2014/02/21(金) 17:00:03 ID: Cuaa0V3a0A
スポーアは何も悪くないんだ・・・悪いのは海外輪廻天狗使い達だ・・・
16 ななしのよっしん
2015/06/12(金) 10:11:15 ID: pre3zTqOL4
いつもこの名前を見るとスポア・スポーンを思い出す
17 ななしのよっしん
2015/12/07(月) 16:21:46 ID: 5gABOxtSny
モリンフェンにもないのにこのカードbotって何であるんだろうか、まじめに気になる
植物族的にはやっぱアイドルカードだったってことなのか
18 ななしのよっしん
2016/05/29(日) 18:27:10 ID: HYbgsxY0DK
>>17
非公式botはそのキャラを知ってほしいとか暇つぶしとかそこらでしょ。
ていうか知りたいならbotに直接質問すればいいじゃないか。
19 ななしのぽっぷん
2017/04/08(土) 19:29:48 ID: Lr37QER06f
非公式botうるさくてうざい、消えろ
20 ななしのよっしん
2018/08/12(日) 19:29:01 ID: J3O91ZBCYR
自体は結構ヤバイけどデュエル中に1度の制約がついてるおかげで今は制限で済んでるんだよな
強制的にレベルが上がるメリットにもデメリットにもなり得るところも含めて割と良調整なカードだと思う

急上昇ワード

2019/08/25(日)23時更新