遊☆戯☆王ファイブディーズ単語

ユウギオウファイブディーズ

遊☆戯☆王ファイブディーズ>>3186

遊☆戯☆王ファイブディーズとは、2008年4月2日から2011年3月30日までテレビ東京系列で放送されたアニメ作品。遊☆戯☆王デュエルモンスターズ遊☆戯☆王デュエルモンスターズGXを経た続編となる。
最終回を迎えた翌年の2012年2月4日から2015年1月31日まで、テレビ東京系列で毎週土曜7:30-8:00に再放送が放映されていた。

また、本作は週刊少年ジャンプ40周年、Vジャンプ15周年記念作品でもある。

1
1

概要

遊☆戯☆王ファイブディーズの舞台遊戯王DMから数十年後の童実野町。この時代ではネオ童実野シティと呼ばれ、階層社会となっている。
今作ではD・ホイールと呼ばれるバイクデュエルディスクデュエルをする『ライディングデュエル』が玉である。
ただし、バイクに乗らない普通のデュエル論あり、主人公である不動遊星デュエルディスク遊戯王のBC編で登場したデュエルディスクに酷似しておりファンを喜ばせた。

シリーズを通した共通のキャラクターとしては、牛尾哲(うしお てつ)のみ登場している(遊戯王GXでは名簿に名前だけ登場)。古くからのファンからは牛尾さんと呼ばれ親しまれている。

原作者によると5D's遊戯王アニメシリーズの最終作になるとのこと。→…と思ったら遊☆戯☆王ゼアルの放送が決定。
舞台設定、ライディングデュエルという案、キャラクターデザイン原作者である高橋和希が手がけている。
現在漫画化もされ、デュエルゲームレースゲームの発売もしている。

ニコニコ動画における遊戯王5D's

遊戯王5D'sストーリー内容も過去シリーズに負けず劣らず、スタッフ病気超展開ネタ台詞などには定評があり、中には「これ夕方6時に放送して大丈夫なのかよ?」視聴者達に言わしめたものすら存在した。放送開始当初はライディングデュエルD・ホイールという設定にすら戸惑っていた視聴者も多かったが、それらもまたほんの序の口に過ぎないと思えるくらいである。
具体的には、

このような恐るべき展開の数々を見せられた視聴者達も放送回を重ねるごとにストーリー免疫ができ適応できるようになっていき、アークレイドルの決戦ではアポリアフィールド魔法合体を果たしたくらいでは大半の視聴者が驚きすらしなくなった。
他にも上記以外では、「おい、デュエルしろよ」「インチキ効果もいい加減にしろ!」「まるで意味がわからんぞ!」など、メタ発言ともとれるセリフも数々存在し、ニコニコ動画MADなどが投稿されたり、汎用性の高い台詞ネット上や掲示板でも度々見かけることになった。

関連動画

  • 遊☆戯☆王ファイブディーズは、放映開始前に投稿されたMADが非常に充実していたと言う特徴がある。


アニメ情報動画。因みに53分所か1分も動画はない。  | 一番乗りMAD

関連動画「遊戯王5D's」をタグ検索exit_nicovideo

そしてTV放映から10年もの日を経て2018年10月1日より配信

主な登場人物 (ニコニコでの愛称)

髪型セリフなどで称の付いたキャラも多い。キャラクターの詳細は各記事を参照のこと。

主要人物

不動遊星
不動遊星
(蟹)
ジャック・アトラス
ジャック・アトラス
(元キング)
十六夜アキ
十六夜アキ
(アキさん) 
龍亞
龍亞(るあ)
龍可
龍可(るか)
クロウ
クロウ・ホーガン

序章〜デュエル・オブ・フォーチュンカップ編〜ダークシグナー編(~64話)

牛尾哲
牛尾哲
(牛尾さん)
狭霧深影
狭霧深影
レクス・ゴドウィン
レクス・ゴドウィン(超官)
イェーガー
イェーガー
(妖怪ピエロ)
阿久津
阿久津「まーわーるんーですー」
MC
MC
炎城ムクロ
炎城ムクロ
ジル・ド・ランスボウ
ジル・ド・ランスボウ
プロフェッサー・フランク
プロフェッサーフランク
来宮虎堂
来宮虎堂
カーリー渚
カーリー渚
鬼柳京介
鬼柳京介
ボマー
ボマー
ディマク
ディマク
ミスティ・ローラ
ミスティ・ローラ
ルドガー
ルドガー・ゴドウィン
ディヴァイン
ディヴァイン
(おじさん)
氷室仁
氷室仁
(氷室さん
モヤッとボール)
矢薙典膳
矢薙典
雑賀
雑賀
青山光平
青山
不動博士
不動博士
(蟹パパ)
ラリー・ドーソン
ラリー・ドーソン
タカ
タカ
ナーヴ
ナーヴ
ブリッツ
ブリッツ
マーサ
マーサ
満足同盟
満足同盟

イリアステル編(65話以降~)

シェリー・ルブラン
シェリー・ルブラン
ミゾグチ
ミゾグチ
ブルーノ
ブルーノ
ロバート・ピアスン
ロバートピアス
ボルガー社長
ボルガー社長
またアンタ達かい!
ゾラのばあさん
風馬走一
走一
ステファニー
ステファニー
(ガニ子)
リック
リック
イリアステル
プラシド
プラシド
(プラ執事、下っ端、
くたばり損ない)
ルチアーノ
ルチアーノ
(キチアーノ)
ホセ
ホセ
(高性能じいちゃん)
邪悪な顔のジャック
ニセジャック
(かっこいい方の
ジャック)
死ね死ね団?いや、ディアブロ。
ゴーストディアブロ
死ね死ね団
デュエルアカデミア ネオ童実野校
早野天兵
早野
スライ
スライ
ボブ
ボブ
パティ
パティ
マリア先生
マリア先生
ルドルフ・ハイトマン教頭
ルドルフハイトマン教頭
クラッシュタウン編(86話~92話)
ニコ
ニコ
ウエスト
ウエスト
クラッシュタウン知事
マルコム
宮崎県知事)
ラモン
ラモン
バーバラ
バーバラ
重量級リアリスト
ロットン
(リアリスト)

WRGP編(93話~130話)

アンドレ
アンドレ
ブレオ
ブレオ
ジャン
ジャン
ヘルマン
ヘルマン
ニコラス
ニコラ
ハンス
ハンス
山下太郎
山下太郎
谷川甚兵衛
谷川甚兵衛
林吉蔵
林吉蔵
ドラガン
ドラガン
ブレイブ
ブレイブ
ハラルド
ハラルド

アーククレイドル編(131話~最終話)

 アポリア
アポリア
(絶望野郎)
パラドックス
パラドックス
アンチノミー
アンチノミー 
ZONE
Z-ONE(ゾーン)

スタッフ

原作 高橋和希
企画 川崎由紀夫(テレビ東京松下洋子→山立士
監督 小野勝巳直樹(86話-92話)
監督 小野勝巳(86話-92話)
シリーズ構成 冨岡淳広(1話-26話)→吉田伸(27話-)
デュエル構成 彦久保雅博
キャラクターデザイン 丸山修二 原憲一(86話-92話)
ゲストキャラクターデザイン119話-129話) 原憲一
モンスターデザイン 東出太
モンスターデザイン 友永佐藤
メカデザインメカ作画監督 こかいゆうじ
コンセプトデザイン65話-) 宮崎
プロップデザイン 佐藤よしひろ
アニメオリジナルカードデザイン(27話-) 佳容
アニメオリジナルカード作画(27話-) 如月あおい 小川純平 原憲一 江原康之 菊池陽介 中島 大原紀史
美術監督 柴田
色彩設計
撮影監督 知良
CGプロデュース 永田
CGディレクション 富田和仙
音響監督
音響制作 スタジオ
音楽 Wall 5 Project 蓑部雄崇 福田康文 森脇正敏
音楽プロデューサー 長谷川雄介久保田直樹
音楽 テレビ東京ミュージック
キャスティング 等々力佐和子(ネルケプランニング
デザイン 幡池裕行(1話-26話)
アニメーションプロデューサー 田中日出男
プロデューサー 東不可止(テレビ東京) 山川典夫→佐々木テレビ東京実松照晃
アニメーション制作 ぎゃろっぷ
3D制作 デジタルワークスエンターテインメント
デジタルエフェクト
アニメーション制作 同友アニメーション アニメーション・プラネット スタジオフラッグクラアニマルゼータピクチャーズ MAP ジェイシー・エフ スタジオビートフロッグ アスリード G&Gディレクション
製作 テレビ東京/NAS

主題歌

オープニング

-キズナ-」(1話-26話)
作詞:夕 / 作曲:舞 / 編曲:Kra、増渕東 / 歌:Kra
LAST TRAIN -新しい-」(27話-64話)
作詞作曲:KEIT / 編曲:knotlamp / 歌:knotlamp
FREEDOM」(65話-103話)
作詞:榊原 / 作曲:間瀬 / 編曲:大村栄二、木村真也 / 歌:La-Vie.
BELIEVE IN NEXUS」(104話-129話)
作詞作曲:遠藤正明 / 編曲:鈴木マサキ / 歌:遠藤正明
明日への道 ~Going my way!!~」(130話-154話)
作詞:遠藤正明 / 作曲:俊 / 編曲:鈴木マサキ / 歌:遠藤正明

エンディング

START」(1話-26話)
作詞:こさかなおみ / 作曲:上田 / 編曲:増渕東 / 歌:中河内雅貴
CROSS GAME」(27話-64話)
作詞:将 / 作曲:アリス九號. / 編曲:アリス九號.、宅見将典 / 歌:アリス九號.
-OZONE-」(65話-103話)
作詞:智 / 作曲:vistlip / 編曲:Tohya / 歌:vistlip
Close to you」(104話-129話)
作詞作曲:潤 / 編曲:HAL A.v.n / 歌:ALvinoALchemy vision normal
みらいいろ」(130話-154話)
作詞:有村太朗 / 作曲:長谷川正 / 編曲:プラスティック トゥリー / 歌:プラスティック トゥリー

挿入歌

You say明日へ」
作詞:榊原 / 作曲:間瀬 / 編曲:La-Vie.、木村真也 / 歌:La-Vie.
Clear Mind
作詞作曲:遠藤正明 / 編曲:鍋島一 / 歌:遠藤正明
YAKUSOKU NO MELODY
作詞作曲: 遠藤正明 / 編曲: 三宅博文 / 歌:遠藤正明

関連商品

DVD・Blu-ray

CD

ゲーム

本・コミック

ホビー

関連項目

一般項目

チーム・組織

名(迷)言・関連用語

関連コミュニティ 

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%81%8A%E2%98%86%E6%88%AF%E2%98%86%E7%8E%8B%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%BA

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

遊☆戯☆王ファイブディーズ

7016 ななしのよっしん
2019/03/10(日) 11:52:31 ID: iGVu8lR7BM
こっちは双子が好きで見てたけど途中で扱いが酷くなった(デュエルの回数が減ったや今週のこれコーナー止、最終盤でようやくライフストリーム登場、対スライの削除)のはきつかった…
特に漫画版は双子好きにとっては見たくないぐらい

正直クロウ双子の活躍奪った感が強いせいかクロウBFは今でも大嫌いだ
当時は見て面かったけど今見直すとダークシグナー編までは面かったけどイリアステル編からは一気に出来が悪く面くなかった
7017 ななしのよっしん
2019/03/16(土) 22:23:21 ID: h3xzTPAFQy
二期以降は台詞回しが良くも悪くもキッズアニメっぽく連呼するようになったのと遊星スゴい!カッコいい!の繰り返しが鼻に付く所は確かに否めませんな…それでもアポリアが出てから熱いデュエルが続いてあの最終回と終盤の展開に救われた作品だと思う
7018 ななしのよっしん
2019/03/22(金) 02:30:36 ID: XzevB3ZM2l
>>7016
クロウアキの活躍も奪ってるようなもんだしなあ
したクロウの代わりに免許取ってWRGPに参加する→アキも出れなくなったのでクロウ理して復帰は本当意味わからんかった
シェリーとのライディングでの対戦フラグも回収されないままだったし
7019 ななしのよっしん
2019/03/29(金) 17:07:36 ID: PB6glJNwYj
た、たしかにそういう所もあるけど…
それでも5D'sが好きだー!!
7020 ななしのよっしん
2019/03/30(土) 20:36:30 ID: LhZt9HHEnS
に見える粗があってもこれだけファンが多いのはキャラ物語に魅があったから
もっとこうだったら良かったのにっていうのはどの作品も言い出したらきりがないけど
遊戯王としての魅は間違いなく大いに詰まった一作だと思うぜ
子供のころリアルタイムで見とけばよかったなと後悔した
7021 ななしのよっしん
2019/04/07(日) 00:16:13 ID: 65tMi3xGyD
>>7019
粗を言われても好きと言えるゴッズファン好き
1話が世界観とか背景の描写と話の進行のテンポセリフも良くて引き込まれるよね
当時見てた人はもう遊戯王から離れてる人も多いと思う(Twitter遊星フィギュアツイートにリプライを送っていた人は普段遊戯王関連のツイートをしていない人も多かった)かられる場がないのは悲しいね…
でもファンが別々のに分かれながらもゴッズを好きなままでいてくれてるのは最終回メッセージの捉え方のひとつなんじゃないかなぁって嬉しくなる
7022 ななしのよっしん
2019/04/11(木) 03:33:23 ID: 1N8EkSEtpH
もう放送から10年も経つとか驚きを隠せない、再放送もたまに見てたってのもあると思うけど
アニメも面かったけど(ツッコミ所方向で)ゲームも良かったから余計に楽しかった思い出があるのかも
TF6は世界観を共有するって意味だとすごい良かったし
キャラを演じた声優さんも2019年の今でもまだ作品について話題を出してくれるし、作品がされてるなって思う
7023 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 03:08:23 ID: FYNgtolQHZ
そして放送から9年経っても未だに話題になるプラシドホセの弾けっぷりwww少し前にニコニコチャンネルでも例の107話が(有料だけど)配信されたから当時を知らない人でもそのぶっ飛んだ内容を見ることができるようになったな。

しかしどうしてこの記事にはニコニコチャンネルファイブディーズのページへのリンクがないんだ?答えろ!答えてみろルドガー!
7024 ななしのよっしん
2019/05/02(木) 19:39:03 ID: tQ0qWjxMQ2
>>7016 >>7017
シグナー編以降はアークレイドルまでアキ双子出番ほぼモブだからいらなかったわ。龍亞太陽との交流くらいで龍可ガチ空気アキは二期から恋愛
日常編長々やるならもっと双子ルチアーノ因縁付けとかアキサイコパワー消失の掘り下げがもっとあればな。突然パワーが消えたのってアースレイドルに簡単にたどり着かせないため?と今では思う

まあクロウは性格とか役回りが動かすの便利だったんだろうな。
7025 ななしのよっしん
2019/05/03(金) 07:05:16 ID: t9G5IIKWOr
ダグナー編後のアキ恋愛方面にシフトし過ぎて…元からあった格好良さや悲壮感がだいぶ薄れちゃったのが勿体無い
ライディング関連も微妙だったけどサイコパワーや将来の方針関連のシーンは良かったと思う

龍亞は他キャラとの絡みも多かったけど、龍可遊戯王シリーズ兄妹ではよくある片方が空気やら付属品になるのが避けられなかったなぁ…
ダグナー編後だと遊星アキスケートを不機嫌そうに見てるシーン転校生ルチアーノに惚れたシーンアークレイドル突入の飛び移りシーンアポリア戦、それと後日談の成長後の姿しか思い出せない