ハビエル・サネッティ単語

ハビエルサネッティ

ハビエル・サネッティJavier Adelmar Zanetti, 1973年8月10日 - )とは、アルゼンチンの元サッカー選手である。現役時代のポジションはDFまたはMF称はカピターノ(キャプテンの意味)。

概要

1987年に13歳でインペンディエンテの下部組織に入団。しかしインペンディエンテでは評価されずに退団することとなり、1991年プリメーラB・ナシオナル(2部)のタジャレスへ入団。ここで評価を高めたサネッティ1992年にバンフィエルドに移籍。2年間の在籍で66試合4得点を記録した。

1995年イタリアセリエAインテルへ移籍。1995年会長に就任したマッシモ・モラッティが最初に獲得した選手となった。移籍当初、サネッティイタリアの名前(サネッティは曾祖イタリア人のためイタリアアルゼンチン人であり、Zanettiはイタリア苗字である)のために他の選手と間違えて獲得したのではないかとジョークにされるほどであったが、1997-1998シーズンUEFAカップ優勝を皮切りに次々とタイトルを獲得。1999年からはインテルキャプテンとなりピッチ内外でクラブに貢献。年齢を重ねても決して衰えない強い姿は「鉄人サネッティ」と呼ばれ、正正銘のインテルバンディエラ(旗頭)であった。2014年引退までにインテルで合計16のタイトルを獲得し、セリエA615試合に出場した。

現役時代の長所はそのキャプテンシーもさながら、強いドリブル、様々なポジションをこなせるユーティリティー性、フェアプレー40歳になっても決して衰えを見せなかった尽蔵なスタミナが挙げられる。特にドリブルに関しては、まるでトラクターのように押しで抜けていくことからネット上では「ゴリブル」と呼ばれていた。インテリスタインテルサポーター)からは論絶大な人気を得ており、ライバルACミランサポーターであるミラニスタからも尊敬を集めている。

代表

アルゼンチン代表には1994年デビュー2011年の代表引退までに143試合5得点を記録しており、同代表の最多出場記録保持者でもある。

現役生活中にFIFAワールドカップは5度行われたが、サネッティ1998 FIFAワールドカップ2002 ワールドカップの2度しか出場できなかった。2006 FIFAワールドカップ2010 FIFAワールドカップメンバー選外は物議を醸し、特に2010 FIFAワールドカップは大会前のシーズンであった2009-2010シーズンインテル3冠を達成する原動となっていたため、大きな波紋を呼んだ。

個人成績

シーズン クラブ リーグ 試合 得点
1992-93 タジャレス プリメーラB・ナシオナル 33 1
1993-94
バンフィエル

プリメーラ・ディビシオン
37 1
1994-95 29 3
1995-96
















インテル

















セリエA
32 2
1996-97 33 3
1997-98 28 0
1998-99 34 3
1999-00 34 1
2000-01 29 0
2001-02 33 0
2002-03 34 1
2003-04 34 0
2004-05 35 0
2005-06 25 0
2006-07 37 1
2007-08 38 1
2008-09 38 0
2009-10 37 0
2010-11 35 0
2011-12 34 0
2012-13 33 0
2013-14 12 0

関連動画

関連商品

 

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8F%E3%83%93%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%A3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハビエル・サネッティ

1 ななしのよっしん
2013/01/14(月) 06:52:02 ID: qNiKFYsnNp
作成乙
インテルの選手の大百科がたくさんできてる
2 ななしのよっしん
2013/10/17(木) 16:21:23 ID: kAKLgByBSt
だお
3 ななしのよっしん
2014/05/16(金) 05:38:39 ID: NR4mtAYQYV
お疲れ様、あなたの事は忘れない。