与作(ゲーム)単語

ヨサク
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

与作とは、与作が木をきるアーケードアクションゲームである。1979年からオーエム、新日本企画旧SNK)など複数のメーカーより相次いで発売された。

概要

北島三郎の歌唱で当時ヒットした歌謡曲の「与作」をモチーフとしており、少なくともSNK版はJASRACの許諾を受けて元ネタの楽曲を使用している。

当時は『スペースインベーダー』のブームが落ち着いて次のヒット作を各社が模索していた時期であり、多くのメーカーが当時人気だった「与作」のゲームを発売し、一つのゲームジャンルを形成した。開発元は名のメーカーどだが、SNKの他にセガ与作ゲームを発売したとする資料がある。

テレビや雑誌でも取り上げられるなど期待は大きかったようだが、生憎人気は得られず短期間で姿を消しており、今日ではポストインベーダーを狙って失敗したクソゲーとして名を残すに留まっている。

SNK版

プレイヤー与作を操作し、ステージに生えている木をで切り倒すのがゲーム的となる。3本を切り倒すと次のステージに進む。

木の上から落ちてくる小枝に当たったり、地中から這い上がってくるヘビや地上を突進してくるイノシシにぶつかると与作昇天ミスになる。飛んでいるのフンに当たるとしばらくれて動けなくなり、大抵はその間に動物に当たって昇天する。木の陰に隠れるとイノシシをやり過ごせる他、引き付けてを振るとヘビイノシシ昇天させられる。当時のゲームとしてはキャラクターが大きいが、その分やられ判定も大きい。ステージを進めるほど小枝や動物が大量に出現し、3面のクリア人間には不可能と言われた。

SNKにとっては『サファリラリー』と並び最初期のオリジナル作品[1]だが、一般にSNK初のオリジナル作品として知られているのは直後に発売された『オズマウォーズ』である。SNKの『与作』も人気く出回りは少なかったと言われ、当時の業界に掲載された広告を見ても『サファリラリー』や『オズマウォーズ』より掲載期間が短い。

2000年にはSNKが発売したネオジオポケットカラー専用ソフトTHE KING OF FIGHTERS バトルDEパラダイス』をモノクロネオジオポケットで起動すると遊べる隠しゲームとして『与作』がリメイクされた。

きこりの与作

きこりの与作

1981年エポック社が発売したカセットビジョンに『きこりの与作』のタイトル移植されている。SNK版を(恐らくは断で)ベースにしていると思われるが、オリジナルよりも遊びやすく調整されており、まさかの同機種を代表する人気作となった。

後年ではアーケード版よりこちらの方が知名度が高く、非公式ながらX68000iOSアプリにも移植されている。

関連動画

関連項目

脚注

  1. *ゲームマシン1979年11月15日第131号14Pexit
    新日本企画AMショー出展内容より。『きこりの与作』の開発者はAMショーで見たものを元にしたと言しており、この出展だと思われる。

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%8E%E4%BD%9C%28%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

与作(ゲーム)

1 ななしのよっしん
2020/07/17(金) 00:40:31 ID: f/922NE+oA
作成乙
SNKオリジナルっていうのは初だしインベーダークローンの如く与作クローンが出て(一ながら)ジャンルを形成したっていうのも初

おすすめトレンド

最新の話題で記事を新しくしてみませんか?

虚構新聞 Amazonプライムデー 原神 無印良品 官房長官 日清食品 残業 パリコレ

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

樫野(アズールレーン) ボトルマン MMDまほやく ヒックス