単語

とは、十二支の一つである。

十二支

十二支の第4位で年日、時刻、方位などを表す。十二方位は東方、年は西暦を12で割って余りが7の年、中国では2月、時刻はの5時から7時を表す。

五行は木、陰陽は陰。十二生肖ではウサギが割り当たっている。

人名

日本で名前に用いられる。しげると読む。

漢字として

Unicode
U+536F
JIS X 0213
1-17-12
部首
画数
5画
意味
十二支第4位、茂る、ほぞあな。
字形
犠牲のを二つに分ける形。辞では「祖十又五を侑(すす)め、を卯(ころ)し、一を侑めんか」のように、の犠牲を用いるときに使われており、を両分するところの形である。
説文解字・巻十四〕には「冒(おほ)ふなり。二月物地を冒ひて出づ。開門の形にる。故えに二月天門を爲す」と、冒と卯が同であることからそのような意味を持つとするが、卯はおおうという意味では使われない。また字形について〔説文〕は、開門の形としているが、文、甲文の字形は開門の形と異なる。
音訓
読みはボウ(音)、訓読みは、さく、ころす、う。名のりに、しげる、などがある。
規格・区分
人名用漢字である。1951年に人名用漢字に採用された。JIS X 0213第一準。
部首
説文解字〕では部首として扱われるが、卯しか属していない。
卯を符とする漢字には、貿などがある。
、留など卯を構成要素に含む漢字があるが、これはが変化したもので卯と関係がない。
卯飲・卯眼・卯月・卯

異体字

  • 戼は、〔説文〕の本字。とは別。
  • 𩇨は、〔説文〕に「古文卯」とある異体字。
  • 𩇧は、〔集韻〕に「古、𩇧と作(な)す」とある異体字。〔康煕字典〕にはの本字ともある。
  • 𤕰は、〔字彙補〕に「古文卯字」とある異体字。
  • 𦕔は、〔字彙補〕に「古文卯字」とある異体字。
  • 夘は、〔俗書刊誤〕にある異体字。夗の異体字、外の異体字と同形。JIS X 0213第二準。
𩇨
Unicode
U+291E8
部首
非部
画数
10画
Unicode
U+623C
部首
戸部
画数
8画
𦕔
Unicode
U+26554
部首
画数
11画
𤕰
Unicode
U+24570
部首
画数
8画
𩇧
Unicode
U+291E7
部首
非部
画数
10画
Unicode
U+5918
JIS X 0213
1-50-41
部首
夕部
画数
5画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8D%AF
この記事は自動でリンクされないように設定されています!

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

1 ななしのよっしん
2011/01/04(火) 10:18:46 ID: HUScBqlbPk
あけおめー!
今年は卯年だぜぇぇい!(特にこれといった行事はないが)今年もよろしくおねがいします