大刀洗平和記念館単語

タチアライヘイワキネンカン

大刀洗平和記念館(たちあらい へいわきねんかん)とは、福岡県朝倉筑前町にある博物館である。

ちなみに「太刀洗」「大洗」と表記ぶれがあるが、もともとの地名は「太刀洗」だったのが明治時代の書類申請の際に「大洗」と間違えて受理されてしまったとかなんとか

概要

開館まで

現在筑前町と三井洗町、朝倉にまたがる地域にあった大洗陸軍飛行場は東洋一と謳われる規模の飛行場で、大洗陸軍飛行学校も設置されていた。

地元の建設業者の渕上宗重氏がその陸軍飛行学校の分校が設置されていた鹿児島県の知覧特攻平和記念館をたまたま訪れて感銘を受け、分校の知覧には記念館が建てられているのに本校のあった大洗には関連施設が建てられていなかったことを残念に思い設立に向けて奔走することになった。

当時の時代の空気では機関からは色よい返事が貰えなかったが、甘木鉄道化のために取り壊される予定だった旧国鉄からの太刀舎を借り受けられることになり、1987年昭和62年)に私設の博物館として開館する。

九七式戦闘機

太刀平和記念館に展示されている機体が現存する世界一のものである。

1996年平成8年博多湾から引き揚げられた九七式戦闘機が寄贈される。この機体は特攻出撃を命じられて満州から知覧へ向けて移動中のエンジントラブルで不時着、放棄された機体で、戦闘によるものではないものの長らく中に沈んでいたのでしく損傷していた。
メーカーに修復・復元費用を問い合わせてみたところ、1億円以上かかるということで(ここでも的な支援はないことは言わずもがなである)、自分たちの手で修復することにし、1/10に抑えたとか。

1年かけて清掃、修復された機体の欠損部分はグラスファイバーで補われていて、輪は漫画家松本零士氏から新品が寄贈されたという。

新館開館

2005年須町と三輪町が合併し筑前町となる。この合併の特例債を利用して町立の博物館が建てられる運びとなり、2008年平成20年)に大を利用した旧館は閉館となり、「レトロステーション」と看が掛け変わった。
レトロステーションにも戦前・戦時中の資料が展示されている他、野外には航空自衛隊の退役した練習機T-33が展示されている。

2009年平成21年)旧館の向かい側に、新館が「筑前町立大刀洗平和記念館」として開館、飛行機の格納庫をイメージしたカマボコの建物となっている。

新館開館にあわせて民間有志が所有していた現存する一の零式艦上戦闘機三二が寄贈された。館内の資料はこの零戦三二のみ撮影が許可されていてニコニコ動画にも動画投稿されている。

周辺には陸軍飛行場関連の施設や遺構、大洗町側にある大公園には戦時中の機掃射の弾現在でも残る菊池武光の像(太刀洗の地名の由来となった武将)が建っている。

余談

幻の戦闘機として知る人ぞ知る「震電」は、この大洗で開発されていた。[1]

アクセス

関連動画

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *1945年3月に(大洗が)襲に遭い疎開が決定されるまで

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%A7%E5%88%80%E6%B4%97%E5%B9%B3%E5%92%8C%E8%A8%98%E5%BF%B5%E9%A4%A8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

大刀洗平和記念館

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 大刀洗平和記念館についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!