宍粟市単語

シソウシ

宍粟市(しそうし)とは、兵庫県中西部に位置するである。

概要

人口約3万8千人、面積658.54方キロメートル
ササユリの木はブナ。キャラクターは「しーたん」。
しーたん宍粟市の豊かな森林に棲む女の子で、親切なことに住民票まで発行されている。
兵庫県民や訪れたことのある人以外は、まず宍粟市という漢字をどう読むのか分からないが、
難読漢字とその土地がどんなところであるかは関係ない。

山間地にあることから豊かな自然に恵まれ、日本100選に選ばれた原不動や、
日本自然100選に選ばれた氷ノ山(ひょうのせん)ブナなどがある。
特産品としては揖保や千種で取れるアユアマゴが知られていて、
自然豊かで清流が流れる宍粟市お土産として人気がある。
外からの観光には、クルマ道の駅「播磨いちのみや」や「はが」「みなみ波賀」へ向かい、
食事や休憩のついでにお土産も買って内の名所をすのもよいだろう。
はちくさ高原スキー場でスキースノーボードも楽しめる。

関連動画

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AE%8D%E7%B2%9F%E5%B8%82

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

宍粟市

1 ななしのよっしん
2018/04/08(日) 15:46:48 ID: bPMzrVCX9t
岡山県総社市(しさわ)のせいで若干アイデンテティがヤバい。
だがMSIMEやGoogle変換では「しそう」でと変換されるので若干優越している。

急上昇ワード