漢和辞典単語

カンワジテン
1.8千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

漢和辞典(かんわじてん)とは、漢字が収載された辞典である。よく、国語辞典とセットで購入することが多いが、購入には吟味を要される厄介な辞書類である。

概要

漢和辞典とは漢字が収載された事典とは前述したが、厳密に漢文の学習のために漢字を収載した辞典である。したがって収載されている熟日本語より漢語ベースにしており、そのため今日広辞苑や大辞にすら載っていない難解な熟がいくつも載っている。

これが漢和辞典にまとわりつく長年のジレンマであり、そのため漢和辞典を刊行しても、日本語国語としての視点をどこまで盛り込むかが編纂者の間でも毎度の課題となっている。そこで三省堂では漢語学習に特化した「全訳」と国語的な視点を重視した「新明解現代漢和辞典」の二冊を並行させている。この「全訳」が現れるまで漢和辞典の定番として知られていたのが角川書店の「角川新字」であったが、1991年を最後に訂が行われていなかった。しかし、2017年、突如として25年の沈黙を破って訂新版が登場している(出版社訂に25年かかったらしいとか)。また、訂新版には要購買層となりうる新高校生に訴するため人気デザイナー中村佑介による特装版も刊行された。ほかに堂明保宰で知られる学研の「漢字」、小学館の「新選漢和辞典」、後述する大漢和辞典の編纂者が関わった大修館書店の「新漢語」、旺文社の「漢字典」などが不定期訂、販売されている。出版社ごとに宰となる編纂者が異なるため、字義などの解釈が大きく異なっているのも特徴である。また、これらの辞書の収載字数はだいたい1万~1万7千となっている。

更に専門マニア向けのものとなると漢和辞典の決定版として挙げられるのが大修館書店の「大漢和辞典」であり、収載字数は約5万字、全20冊に及ぶ漢語学者諸橋轍次の集大成である。ほかに角川書店の「角川大字」、漢語より字興味がある人向けの白川静の「字通」シリーズはたまた博友社の「新修和大辞典」や山房の「詳解和大辞典」など戦前戦後から続いている董品レベルの漢和辞典もある。

こんな器を分厚い辞書を持っていくのは嵩ると中学生高校生向けに刊行されたのが中高生向け辞典である。その分けが旺文社の「標準漢和辞典」であり、後に学研が「現代標準漢和辞典」、三省堂が「例解新漢和辞典」を刊行しその需要に追随した。また、ほぼ中学生ターゲットを絞った「ベネッセ新修漢和辞典」というのもあり、これは五味太郎イラストを採用したりと、小学生向け辞典のしみをそのまま延長した感じとなっている。これらの辞書の収載はだいたい4000~7000字ぐらいであり、特にJIS第一、第二規格を補している。

しかし、今日漢和辞典の売上は大きく落ち込んでおり、全盛期の半減以下となっている。また、媒体だけでなくアプリも多く誕生するようになっているが、スマホだと非常に使いにくいものが多いので結局媒体が見直されたりと試行錯誤が続いているようだ。漢和辞典出版から撤退した出版社も多く、かつてポケット辞典で知られた清水書店、大手では講談社集英社などが漢和辞典事業から撤退している。

一方で小学生向けに「漢字辞典」という漢和辞典の分が刊行されている。漢和辞典との決定的な違いはあくまで漢字を覚えるための辞典であり、対となっているのは常用漢字である。また、小学生しみを持ってもらいやすくするため、小学館は「例解学習漢字辞典」にドラえもんコラボしたドラえもん版、学研は「新レインボー漢字辞典」にディズニーコラボしたディズニー版、三省堂は「例解学習漢字辞典」にパンダデザインした版がある。この漢字辞典は深谷助の辞書引き学習法という付箋を貼りまくって小学校で使い潰す学習法の普及によって大きく価値観が変わり、ほぼ漢字辞典を手掛けていた全社が耐久性の高いに刷新するようになった。そして学研フルカラー版を発売すると、後にベネッセ小学館、三省堂が全社ともフルカラー版で追随している(旺文社、文英堂は第4版を最後に辞書からは撤退、旺文社は教育漢字に絞り込んだ冊子タイプの辞典に切り換えた)。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

漢和辞典

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 漢和辞典についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!