腰巾着単語

コシギンチャク

腰巾着とは、

  1. に付ける巾着袋。かつて財布や小物入れとして用いられたが、現代の日本では概ねれている。
  2. かに常について回る様子を、1.に喩えた言葉。

なんかを言う言葉でやんす。この記事では上記の2.について扱っているでげすよ。

一般的には、特定かに付き従って離れない者、特に権者や実者にこびへつらうのことを揶揄・嘲笑して言う事が多いんでげす。

として「おべっか使い」「コバンザメ」「追従屋」「太鼓持ち」「胡麻摺り野郎」「取り巻き」「金魚」などがあるでやんすね。

そういう腰巾着キャラは「~げす」「~やんす」という語尾を使ってたりしますが、これは「間」という職業の人々の話し方に由来するらしいんでげす。間は宴やお座敷遊びなどの場で盛り上げ役をする男性芸者みたいなものでやんす。客をおだてたりしていい気分にさせる仕事なので「ご機嫌取り」のイメージがあるからこの口調が腰巾着キャラの定番になったっぽいんでやんす。でも実際の間さんは、単なるおべっか使いというわけじゃあなくて様々な芸を見せたりするので、修行を要する専門職なんでげすよ。

ちなみに「腰巾着」と言う言葉には、嘲笑の意味を含まない使用例もあるんでやんす。

世間に出て友だち仲間に交わりたいような夕方でも来ると、私は太郎と次郎の二人を引き連れて、いつでも腰巾着づきで出かけた。

上の文章は島崎藤村の短編小説」(青空文庫収録exit)からの引用でやんすが、この「太郎」と「次郎」はり手の息子少年たちなんでやんす。

イソギンチャク」と「腰巾着」は感が似ているけれど、これはイソギンチャクが巾着にあるからなんでげす。

腰巾着とされる人達

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%85%B0%E5%B7%BE%E7%9D%80

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

腰巾着

1 ななしのよっしん
2018/09/12(水) 13:20:44 ID: gpCpT0kKQm
休み時間の終わり際になると
「大ニュースニュース!」とか言いながら駆け込んでくる
2 ななしのよっしん
2019/01/22(火) 17:27:58 ID: rMY59ZhVdV
虎の威を借る(出典は戦国策)