衝撃波単語

ショウゲキハ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

衝撃波英: shock wave)とは、物体が音速で進む際に生じる空気の強い波のことである[1]

概要

上記PDFの解説によると衝撃波は引き波のようなものであり、物体が空気を押しのけて出来る大きめの空気の波であり。単純な物で言えば、電車や高速に移動するの横にいて過ぎ去った後に「ボフッ」っとなるあの空気圧である。

上記PDFでは空気を前提にしているが、水中にいる人間が何らかの圧によっての圧をうけ動く事も衝撃波の一つであり、でかい花火で音が「ドーン」となる前に部屋ガラスがガタガタ鳴るのも衝撃波の一つである

事、アニメ漫画においては、必殺技を放った後、衝撃波により地面が破壊されえぐれる事やキャラクターが吹っ飛ぶ等の描写でその必殺技の威を表す事がある

仮に、ある魔法少女魔法ステッキからビームを放ったとする。この魔法ビームは相手の魔法少女を吹っ飛してかつ尽くでも屈させ、「自分が悪かった」と反省させるほどのでないといけない。しかしながら相手の魔法少女魔法への耐性や障を構築できることから、この障と耐性を破壊しかつそれを破った魔法は相手を瀕死に追い込んで殺すほどまでには至らないという繊細かつ強大な威が必要であるものの、安易な妥協は相手からの反撃の機会を生むのでそれはそれとして自分が危険である。この事から、これから放つ魔法はかなりの速度で相手に届く必要があり、その上、自分が浮遊し元の位置まで戻り変身を維持する為の魔法を保持する前提で、今出来る最大級の魔法を使うがこの威が分散してはその攻撃に意味がくなってしまう。コラらを総合すると、これから放つ魔法弓道の矢のように一点に集中し最大限の弦を引きよせ放つといった動きの魔法になる。結果放たれたビームはかなりの速度で進み、空気をビニールの様に伸ばしつつかつ一点にを注がれ相手に届く、相手は構築した障を破壊され「バリアが…」を言わせることもなく届き、魔法に包まれた魔法少女が宙に浮きながら面やアスファルトを巻き上げつつカットが変わり主人公魔法少女は肩で息をつきながら相手を見つめ番組はテーマソングを流しながらエンディングへと進む。このエンディングで流れる廃墟の町並みや破壊された森林のほとんどは、ビーム自体の威ではなく伸びてしまった空気が音とともに通常の状態へ戻そうとして大きな波が起こり衝撃波によって破壊されたものがほとんどであり、先ほど宙に浮いている時に巻き上がった面やアスファルトも魔法によって押しのけられた空気の威で吹っ飛んだ物である。

関連動画

関連静画

関連商品

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *衝撃派はどうしてできる?exit: 東北大学流体科学研究所(PDF

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%A1%9D%E6%92%83%E6%B3%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

衝撃波

1 ななしのよっしん
2019/09/16(月) 12:52:36 ID: POvF9iOWT3
冒頭のイラストに強い衝撃うけた。