単語

ヒョウ

とは、以下の意味で使われる言葉である。下の表を参照。

分類 意味
一般 たいもののだったがわ。反対側は裏。また内側に対して外側。 表表、表衣
一般 正式、流であること。 表参道、表千
一般 臣が君に奏上する文書。 出師の表
一般 いろいろな事柄を分類して整理してまとめたもの、書類。 年表、貸借対照表
野球 先攻チームの攻撃する番。 三回の表
コンピュータ tableの訳データをマトリクス形式にまとめたもの。 真理値表、表計算
データベース データモデル化したもの。tableの訳テーブルともいう。 一時表
人名 中国語圏の名前の一つ。
海外の姓名の一覧
劉表 - 後漢末の政治家
陳表 - 三国志の武将
人名 日本苗字の一つ。石川県かほく付近に集中して分布している。
方位姓の一種と見られる。
(おもて、ほおつき)姓に転訛したものもある。
日本の苗字(名字)の一覧
表章 - 能楽研究者
夫 - 俳優
純子 - プロゴルファー

漢字として

下の表を参照。

意味 おもてぎ、おもて、表面、外側、おもてだった、あらわれる、あらわす、、(と通じて)
六書 会意
読み ヒョウ音、音)
訓読み おもて、あらわす、あらわれる、うわぎ
字例
字はもと衣と毛に従う。毛がある側が皮の表。〔説文解字〕の本字は𧘝で、〔説文・巻八〕に「上衣なり。衣にひ毛にふ」とある
部首 衣部
画数 8画
情報処理上の扱い UnicodeでのコードポイントはU+8868JIS X 0213の区点は1-41-29で第一準。
法制上の扱い 小学3年生で習う教育漢字であり、常用漢字である。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
表を符とする漢字、錶などがある。
表意・表記・表敬・表計算・表決・表現・表札・表・表示・表式・表・表情・表題・表・表明・表裏

異体字

字例 𧘝 𧞧 𧜫 𪊬 𧞱 𧘰 𧘦 𪊘
説明 説文〕の本字。 説文〕に「古文の表、麃にふ」とある古文 〔集韻〕にある表の古文 〔集韻〕に表と同じとある異体字。 〔直音〕に表と同じとある異体字。 〔字彙補〕に、「碑の表字」とある異体字。。 〔篇類編〕に表と同じとある異体字。 漢語大辞典・異体字表〕にある異体字。
Unicode U+2761D U+277A7 U+2772B U+2A2AC U+277B1 U+27630 U+27626 U+2A2AC
部首 衣部 衤部 衣部 鹿 衣部 衣部 衣部 鹿
画数 10画 21 17 17 21 10画 10画 15画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%A1%A8
この記事は自動でリンクされないように設定されています!

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

1 ななしのよっしん
2014/09/15(月) 23:40:31 ID: xLknUwuR58
ヒョーリイッタイ
2 ななしのよっしん
2016/07/20(水) 04:56:12 ID: rLwuGlxbjE
この記事だけ全部tableで書いてあるのGJ w