親の顔単語

オヤノカオ

親の顔とは、見た回数(または時間)をいろんなものに追い越されてしまった顔である。

概要

父親または母親の顔をす言葉である。この言葉は慣用句的に使われることが多い。

親の顔が見てみたい

「親の顔が見てみたい」と言った場合、子が何か悪いことをしてしまった(と他人が思う)ときに、「おたくはお子さんをいったいどう育ててらっしゃるんですか?」などと尋ねたい、という意味で他人が発言することが多い。決して親の顔をじーっと観察したいわけではないので、顔を「さあ見てください」と見せつける必要はない。

ちなみに、この言葉をテーマにした立川志の輔創作落語として『親の顔』がある。

親の顔より見た光景

ニコニコ動画では「親の顔より見た光景」という言葉で有名であり、2013~2014年ごろから使われている。「若いころにずっと何度も見ていた親の顔よりもこのを見ている」ということで、何度も見ている定番のすときに使われる。ほかにも「」の部分を別の言葉に入れ替えることで、多くのバリエーションを生み出していった。例えば、サカナクション新宝島』の「親の顔より見たステップ」などが挙げられる。

これに対する返しは「もっと親の顔を見ろ」が多い。これもバリエーションがあり、先ほどのステップの例でいえば「もっと親のステップ見ろ」というものもある。

なお、「親の顔より見た○○」は発祥が例のアレカテゴリである。最近は例のアレ以外でもこの言葉が使われてきており、一般化が進んでいるものの、使う際には注意が必要である。

実際どれぐらい見たら「親の顔より見た」ことになるのか?

「親の顔より見た」を回数をす言葉であると定義すると較が困難なため、ここでは時間をす言葉として考察する。

2017年8月2日放送のテレビ番組『チコちゃんに叱られる!』では、親と同居していない大人の場合、1年間で親と暮らすのは均6日間とされている。その中でも「顔を合わせる」のは均4時間とされているので、1年で親の顔を見る合計時間は24時間となる。つまりこれに従えば、1年に1回、24時間新宝島ステップを凝視する日を作れば、正正銘親の顔より見たステップとなる。そこまでしなくても、24÷365=0.06575時間、つまり1日あたりだいたい4分ずつ見るのを1年間続ければ、親の顔より見たことになる。

しかし、同居する場合は別居とべてだいぶ親の顔より見るハードルが高い。同居の場合、親の顔を見る時間の長さは4時間×365=約60日となる。つまり、2ヶ徹夜新宝島ステップを凝視すれば親の顔より見たステップになる。しかしそれより前に睡眠不足で死ぬので、身体的に可な範囲で見積もると1日あたり4時間以上の視聴が要される。

ただし、「顔を合わせる」が「会う」「同じ場で時間を共に過ごす」の喩である可性もあり、実際に顔を見ている時間はもっと短い可性もある。

こんなことやってる暇があったらもっと親の顔を見ろ な話、人生何が起こるかわからない。次見る親の顔は死に装束姿か棺桶の中、遺影の可性もある。今のうちに親の顔を見ておこう。

関連動画


関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%A6%AA%E3%81%AE%E9%A1%94

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

親の顔

1 ななしのよっしん
2019/08/07(水) 23:42:10 ID: tIQXGcmK1R
記事製作です。
チコちゃんにそんな話あったのか。

グリッドマンの配信で
親の顔より見た合体」「もっと親の合体を見ろ」「親の合体は見たくない」
ってコメントかったなw
2 削除しました
削除しました ID: ReJBYLqQVL
削除しました
3 ななしのよっしん
2019/08/10(土) 14:07:08 ID: z9TzE7OIWh
似たような意味の「実家のような安心感」よりこっちのほうが断然見るようになったな
やはり変の自由さが強みか

急上昇ワード