黒博物館ゴースト アンド レディ単語

クロハクブツカンゴーストアンドレディ

弾と。死を乞う嬢と。に煙る19世紀ロンドンで、犯罪資料館のが再び開く。

タイトル

黒博物館ゴースト アンド レディとは、藤田和日郎による漫画作品。

ストーリー

の暑いある日、ホールという男が博物館に訪れる。的は1856年のある日、幽霊が劇場の座席に遺したとわれる「<灰色>の男のかち合い弾」であった。だがホールは<灰色の男>(グレイマン)の依代に過ぎず、学芸員の前に正体を現した<灰色の男>はある物語り始める。

登場人物

<灰色の男>
幽霊である。ドルーリーン・レーン王立劇場に取り憑いている。生前は決闘の達人で、から剣術に至るまで決闘の代理人としてを稼いでいた。人間の生霊が見え、生前と同じように人間の生霊を退治できる。生霊を退治された人間は気が抜けたようになる。シェイクスピア引用を好む。
フロレンス・ナイチンゲール
通称フロー。「看護覚え書」の作者クリミア戦争に従軍したナイチンゲールその人である。<灰色の男>に自分を殺すように頼みにドルーリーン・レーン王立劇場に頼みに来た。生まれつき生霊が見える。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%BB%92%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%20%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%20%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

黒博物館ゴースト アンド レディ

17 ななしのよっしん
2016/04/06(水) 22:55:28 ID: cHAozpXgL1
うしおととらアニメ化されたことだし、博物館シリーズアニメ化されないかな。からくりサーカスよりは尺調整しやすいと思うんだけど……。
動いてるグレイやしゃべるフローが見たいなぁ……。
サンデーで連載中だし理だよなぁ……。キャスティング難しいだろうしな。
18 ななしのよっしん
2016/07/25(月) 21:18:21 ID: pvn7vOLpbg
もしアニメ化されたらフローのCV名塚佳織で頼みたい
19 ななしのよっしん
2016/12/27(火) 00:48:05 ID: de8Her6lWn
某GOの方のでも……スイッチ入った時が怖過ぎるか。
20 ななしのよっしん
2017/01/03(火) 23:42:47 ID: Qi7jVcBEwx
ワクワクして始まってドキドキして見てスカッと綺麗に終わるのが見事過ぎる
21 ななしのよっしん
2017/12/27(水) 23:41:48 ID: 53uTY95K3e
本当にいい漫画だった
そしてフローが本当にかわいい
22 ななしのよっしん
2018/09/11(火) 08:05:40 ID: vxtqXNhLCP
ソシャゲナイチンゲールはこれを参考にしたって言ってるけど、それなら例のR-18衣装はどうかと思うわ。偉人を女体化してレ○プするようなゲームとは言え、参考にしたって言してるならナイチンゲールにも藤田にもあまりにリスペクトが足りない。
23 ななしのよっしん
2018/09/11(火) 10:47:03 ID: rs9OqsY/uV
>>22
FGOナイチンゲールは設定自体は2012年2013年には出来上がってるんだけど、
そのあと2016年FGOに登場するまでの間にキャラ造形を変えるような影を与えたって事?
ソースある?
24 ななしのよっしん
2018/09/14(金) 00:54:31 ID: 60UimHLPE2
ごめんなさい。

自分で調べずにネット情報みしてたのと。先に出たのがゴースト&レディだったり、宝具と悪霊が似ていたので違いしていました。そして、恥ずべき場違いな悪意でこの場を荒らしてしまい本当にごめんなさい。

しかし、「礼装からリスペクトが足りない」という個人的に関してだけは訂正も謝罪もするつもりは一切ありません。
25 ななしのよっしん
2018/09/14(金) 16:52:25 ID: oGB9rHFUEZ
>しかし、「礼装からリスペクトが足りない」という個人的に関してだけは訂正も謝罪もするつもりは一切ありません。

これこのスレで言うことちゃうで。だからどうした?っていう
26
2018/12/08(土) 14:43:19 ID: KMcmwz8r+s
連載初期は「微妙?」って感じだったけど、中盤からにかけて鮮やかすぎるストーリー展開で一気に読んでしまった。

個人的に博物館シリーズ舞台化を物凄く希望してる
アニメでも映画でもなく舞台が一番雰囲気に合うし、入り込めるから。