VOCALOID現代音楽単語

ボーカロイドゲンダイオンガク

VOCALOID現代音楽とは、VOCALOIDを使った作品のうち、現代音楽のように新な歌詞メロディーの楽曲に付けられるタグである。

概要

前身として「現代音楽VOCALOID」というタグがあり、後に「VOCALOID現代音楽」へと移った。
ちなみに、現代音楽VOCALOIDタグが付いた最初の作品は、sansuiP制作初音ミクオリジナル曲アクリルexit_nicovideo」。

現代音楽という用についてはっきりした定義はないが、ヨーロッパを中心とするクラシック音楽歴史の中で、20世紀に出現した従来の様式にとらわれない前衛的な楽曲、あるいはその作曲すのが一般的。バッハ以来の伝統的な音楽技法である「平均律」のを壊し、12音技法を開発・実践したシェーンベルク、ベルク、ヴェーベルンらが先駆けとされる。以降メシアンフランス)、シュトックハウゼンドイツ)、武満徹日本)といった作曲世界的に活躍することになる。

ほぼあらゆるジャンルの楽曲があるVOCALOIDでも、当然ながらこうした前衛作品は少なからず発表されている。

タグを付与する基準はそれぞれの主観に任されており、同じタグが付いていても、はっきり旋があって較的聴きやすい曲から、一度聴いただけでは理解できない曲まで幅が広い。タグの性格上、数日で殿堂入りするような例はないものの、VOCALOIDの可性を探る上で興味深い作品が多いようだ。『experimental-001』exit_nicovideoゆうゆP)のように、ポピュラーソングで名確立しているプロデューサー投稿した実験的な作品に付けられることもある。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/vocaloid%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E9%9F%B3%E6%A5%BD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

VOCALOID現代音楽

1 ななしのよっしん
2009/07/20(月) 23:01:08 ID: X1QDQTmpF3
ジャンルタグでさえ部分的にかぶっている今(ミクビエントミクトロニカなど)、
他のタグの代替として必要だとは思えないんだけどなあ。
もし定着させるとしてもただでさえ少ないタグを逼迫することになるし、付け替えるのも面倒。
2 asakawa
2009/07/22(水) 08:06:07 ID: qvYidcZoc5
どうも、記事編集者です。
になって「アンダーグラウンドボカロジャパン」という新しいタグが提唱されているようです。
どちらが定着するのか、しばらく様子を見ましょう。
3 ななしのよっしん
2009/07/22(水) 17:29:10 ID: /junaJ2mhA
え?
アンダーグラウンドボカロジャパン」はかなり以前からあったよね?
大百科登録されてないだけでかなりな数ヒットすると思うけど…
現代音楽~っていつ頃から出たタグ
4 asakawa
2009/07/22(水) 18:47:53 ID: qvYidcZoc5
>>3
その後いろいろ調べてみたら、確かに以前からあるようですね。
曲がかぶっているのが多いけど、タグの性格は違うようで。
失礼しました。
5 KFG
2009/07/30(木) 00:09:46 ID: rsS8c2/a+Z
鬼子不眠ガールLIVE
眠れナイトー
開場 ... 19:30
開演 ... 20:00
... 予約3000円 / 当日3500円 (1D付)

女流作曲兼パフォーマー・新美子と小出稚子による没系自作自演ユニットの灼熱LIVE
即興演奏や、ホームパーティー向けアヴァンポップスなど、異色ライブパフォーマンスを繰り広げる乙女バンドが、再び釈尊Zと手を組みの暑さを吹っ飛ばす!
小出稚子の灼熱ヴァイオリンピアニカに、新美子の歌とお遊び電子音がのっかるスタイルは、ときに呪縛的猟奇趣味であり、またときに守護のように護的であり、まさに二面性を持つ鬼子なのである。
今回は「ガールズの掟」「ガールズサンバ」「鬼子不眠応援歌/五五二二五拍子」「釈尊Z応援歌/三三七拍子」「エレベーター不眠ガール」などの新曲や、ゲストを招きパワーUPしたNEW釈尊Zとの即興演奏に加え、お染みのテーマソングガムランソングPOPソングなども交え、インソムニアワールドを繰り広げる。
一夜限りの常軌を逸した胸キュンLIVEを、見逃せナイト!
予約はこちらから
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
6 ななしのよっしん
2013/06/14(金) 09:07:39 ID: gNZq3qo+lr
現代音楽VOCALOID」→「VOCALOID現代音楽」に記事名の変更を提案します。
7 6
2013/08/17(土) 14:48:08 ID: gNZq3qo+lr
記事名変更を行いました。