おぼろげながら浮かんできたんです 46という数字が単語

オボロゲナガラウカンデキタンデスヨンジュウロクトイウスウジガ

2.0千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

おぼろげながら浮かんできたんです 46という数字が」とは、小泉進次郎環境大臣の発言である。

46

おぼろげながら浮かんできたんです 概要という内容が

日本テレビ局TBS」のニュース番組『NEWS23』の2021年4月23日放送において、小泉進次郎環境大臣がインタビューに答えて発言したものである。

小泉環境大臣「くっきりとした姿が見えてるわけではないけど、おぼろげながら、浮かんできたんです。46という数字が

インタビュアー(小川彩佳アナウンサー)「『浮かんできた』?」

小泉環境大臣「シルエットが浮かんできたんです」

このインタビューは同日の午後に収録されたもので、前日の22日米国催の際首会議「気変動サミット」において菅義偉内閣総理大臣2030年度の温室効果ガス削減標を、それまでの「2013年26減」から「同46減」に大幅に引き上げる方針を表明したことを受けてのもの。

温室効果ガス削減標を26%から46%に引き上げるにはかなりの困難が伴うと考えられるため、この数字についての責任を背負う環境大臣である小泉進次郎氏にインタビューが行われたようだ。

本人の発言意図

この発言の意図については、翌日2021年4月24日インターネットテレビサービスAbemaTV」のニュース討論バラエティ番組『NewsBAR橋下』において、小泉進次郎環境大臣が以下のように解説した。

この気変動の話で、その46%という数字はどういうふうに出てきたんですかっていったときに、いや梶山大臣(※編集者註:梶山経済産業大臣)とこう調整の中で、かなり精緻な、色んな事やるんですけど、46%というのがおぼろげながら、見えてきたと。

で全然これっての中では、全くおかしいと思ってないんですよ。

どういう感覚かというと、ほんとに、1パーとか0.5パーとか色んな要素を組み立てて、まぁここまで来て、あぁなるほどようやく遠くにあるけど、遠くにあるんだけど届きそうな、まるで遠くにこう、で言ったら、がようやく見えてきた、これなら行けるかもしれない、と。

でそれで「おぼろげながら」というのが、「あいつ、また何いってんだ」と、いう……。

つまり、本人としては「少しでも温室効果ガス削減標を諸外と足並みをえられる高いものに設定するために、削減できる要素を懸命に探していった。すると達成できるかもしれない標として、46%という高い標の現実味がわずかながらも出てきた」と言った発言意図であったようだ。

インターネットでの炎上

だが、上記のような発言意図を示すやり取りは「NEWS23」の放送には含まれていなかった(「当初からインタビュー内にそのようなやり取りが行われていなかった」のか、あるいは「そのようなやりとりがあったが編集で除去されてしまった」のかは不明)。

そのため、上記のインタビューの一連の発言は「思いつきで頭に浮かんだ数字標に設定した」という意味であったと誤解されてしまい、「また変わり者な世襲ボンボン議員が変な事言い出したぞ」と言った感じのリアクションが集まってしまった。

そして「おぼろげながら浮かんできたんです 46という数字が」という字幕テロップが付けられた「NEWS23」のスクリーンショットとともにインターネット上で拡散、いわゆる「炎上」したのだった。

小泉進次郎新説シリーズ

その中には「なぜこの数字が彼の裏に浮かんできたのか」を勝手に推理していく人々もいた。以下のような説が挙がっていたようだ。

おぼろげながら浮かんできたんです 関連してる項目が

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/03/01(金) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2024/03/01(金) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP