今注目のニュース
猫アレルギーの「遊☆戯☆王」声優・津田健次郎が“猫の愛で方”を思い出す
アニメ好き女子アナ・藤田かんな「女子校出身の私は共感だらけ」 新作「女子高生の無駄づかい」
上沼恵美子が賞賛「すごいな、松本人志さんて」

シュリニヴァーサ・ラマヌジャン単語

シュリニヴァーサラマヌジャン

掲示板をみる(44)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

シュリニヴァーサ・ラマヌジャンは、20世紀インド数学者。通称「インド魔術師

その科学文明をバカにしたような人生は、例え数学興味がなくても腹筋崩壊物である。インドパネェ

やせいの すうがくしゃが とびだしてきた

生まれはエリート階級バラモンの出。但し階級と貧富は関係なくて、基本的には貧乏庭。元々優秀な少年で順調に勉学を収め、末は判事か外交官かと将来を期待されていた。……数学に出会うまでは。

ある時ラマヌジャンは「純数学要覧」なるイギリスの古い数学書を手に入れる。これは数学史に然とく名著……でもなんでもなく、当時の受験参考公式で、式の明法も碌に書かれていない簡易便覧だった。そんなのがラマヌジャンのせいで歴史に名を残しちゃったのだから大概である。ラマヌジャン少年パズル雑誌を解くが如く公式を次々と解読していき、その後は自分で問題を作り始める。パズル職人と化したラマヌジャンはどんどん成績を落とし、奨学を打ち切られて学校ドロップアウトみごとなまでの転落人生である。その過程でオイラー以来の数学要な成果をど独りで再発見してしまう。数学史上最大の才能の無駄遣いである。

その後港湾事務所事務員として拾われるのだが、ここの上は理解のある人で、規定の仕事をこなせば後の時間は自由というライセンスを与えられる。そんなにして悟りを開いた環境独自研究に精を出し、見つけた事実や作った問題は専門誌に投稿という形で発表していたらしい。ちょっとしたハガキ職人といえよう。

かしこの研究は長く続かなかった。というのも、ラマヌジャンの問題が余りに高度すぎて専門の数学者ですら理解できないのである。「だったらロンドンさいくべ!」と言ったかは知らないが、ラマヌジャンは当時の宗であったイギリスの専門に宛てて手紙を出す。「インド事務員の仕事をしています。いた時間で数学をやってて、こっちの専門は「驚異的」と褒めてくれるんですがどうなんでしょうか?」と。

結果は大半が黙殺。色々理由はあるが、内容が決定的に不味かった。というのも、学生レベルの初歩的な内容が含まれているかと思えば、高度で意味不明カオス数式も書かれており、おまけにどれ一つ明が付いていないのである。こんな手紙突然インドから送られてくれば、普通誰だって視するであろう。

だが、一人だけラマヌジャンのヤバさを嗅ぎ取った男がいた。根拠は「こんなレベルの高い詐欺師がいる訳ない」男の名はゴッドフレイハロルド・ハーディ。一世紀低迷していたイギリス数学界を建て直した再建屋である。彼は同僚のリトルウッドも呼んでとっくり考えた結果、訳が判らないレベル天才から手紙が来たと結論して二人して驚愕した。

ハーディはすぐさまラマヌジャンに返事を出し、急いで明を送るようにめるのだが、ラマヌジャンは明が何だかわかっていなかった為、替わりに新たな定理(?)を送り付けた。こうして数学史上稀に見るカオス文通が行われ、とうとうあきらめたハーディはラマヌジャンをイギリスに呼ぶ事にしたのだった。ラマヌジャン27歳の時である。

イギリスにおけるラマヌジャン・ハーディの共同研究は、その変さ加減で数学史に名高い。ラマヌジャンは「寝てる間に神さまが教えてくれた」などのワケの分からない理由で凄い事実を発見するのだが、それを明しろと言われても何を聞かれているのかが分からない。今に言えば「ソース出せといわれてもで見た事実だし」といった所だろうか。リトルウッドに基礎を教えさせようとしても、教えようとするそばからガンガン新しいアイディアを出してくるので講義どころじゃなくなってしまう。しょうがないのでハーディはイタコし、ラマヌジャンには言うだけ言わせて自分は御託の明を付けていった。これはハーディGJと言わざるを得ない。

しかしハーディとの蜜も長くは続かなかった。研究はわずか数年で終りを告げる。折悪しく第一次世界大戦の最中だったこともあって、イギリス飯の不味さ環境の悪さはラマヌジャンには堪えたらしい。衰弱し帰したラマヌジャンはしばらくして死去。三十二歳の若さであった。

数学と才能

はもうおしまいだぁ!

ラマヌジャン、新発見が100年前の董品と聞いて

だけならば史上最高クラスとの呼びも高い。ハーディに言わせると、当時最高の数学者だったヒルベルトが80点でラマヌジャンは100点なので、そのセンスは推して知るべし。出来不出来のムラはともかく、余人の追随かなわぬ高みを見る事の出来た人物なのは間違いない。ちなみに他の100補は、神話級数学者アルキメデス近代科学ニュートン数学ガウスといったいずれも人外の面々である。ハーディとリトルウッドは、ラマヌジャンを他にもオイラーやヤコビ級とも形容している。インドから突然オイラーがやってきて自分の横で仕事を始めてパニックしない数学者などいない。ラマヌジャンの才を受け止めるには正直ハーディでも不足だったが、彼はそれでも頑った。色々うまくいかない点もあったらしく、体調不良ホームシックも重なりったラマヌジャンは自殺未遂までやらかすが、彼を励まそうとハーディは大運動して、王立協会とトリニティ校のフェローとして認めさせてトリニティにあるフェロー専用の芝生の上を好きに歩ける権利を勝ち取らせた。異常に分り難いが当時の英国面的に最大級の礼を尽くした訳である。ハーディはラマヌジャンを見出したことを数学に対する自分の最大の貢献と呼んで、生涯誇りにしていた。

ただし、どんなボンクラ学生でも知っているような初歩を知らない所がある為、総合という点ではややランクが落ちる。何も知らなかったから自由に発想できたのか、知っていたらもっと凄いことをしていたのか、真実にも分からないが……。但し勘違いしてはいけない。ランクが落ちてなお数学史上にく異様な天才である。ただの予想一個ですら20世紀の数学を牽引し、病床で書き散らしたメモで超弦理論数学的な基礎を創造し、1729とかいう何の変哲もない数字でさえ、彼の手に掛かると時代にか先駆けてK3曲面の発見に繋がる。触れるもの全てをに変えるミダス王の手を持つあんちゃんだったのである。

おまけ: 盟友ハーディ

せっかくなのでラマヌジャンの盟友であるハーディについても少し触れておこう。

通常ハーディのことはラマヌジャン絡みか著書である『ある数学者の生涯と弁明』ぐらいしか話題にならない。ラマヌジャンがあまりにかっ飛んでいるため、対するハーディはいかにも19世紀生まれの秀才イギリス人といった感じに見られることが多く、実際それも間違ってはいないのだが、冷静に見ていくと彼も英国面全開のかなりの奇人である。

まずハーディがいかにもな英国紳士であったのは、その頑ななラッダイト的姿勢である。当時彼の研究室にはエレベーター電話が据え付けられていたが、ハーディはこれを死んでも使おうとせず、どうしても電話をかけなければならない時は「後で部屋に来てくれ」と一言だけ言付けてすぐ切るという対応をしていた。文明の長たる大英帝国最高の学者でありながら、合理化嫌い、機械嫌いを底する姿はもはや一人英国面ですらある。

数学に対する姿勢も合理性の対極にあり、物理科学で役に立つ分野ではなく、純数学のための数学である整数論が専門であることに誇りを持っていた。よく「数学なんか勉強して何の役に立つのか」という議論があるが、「役に立たないからいいのだ」とするハーディの見方はある種究極の回答だろう。もっとも、ハーディが役立たずの極みと考え愛し整数論も、暗号理論などで活躍するようになっているから、これも今となっては古き良き時代幻想といった感はある。

自意識も独特である。ハーディで画像をググると分かると思うが、彼はかなりのイケメンで、晩年に至るまで端正な容姿の持ちだった。しかし当の本人は自分を醜いと考え、決して顔を見ないようにするため、部屋には絶対にを置かなかったという。出張ホテルに泊まらなければならない時も、部屋に入ってまずすることはに布を被せて写らないようにすることだというから筋入りである。当然ながら生涯独身であり、恐らく人などもいなかったと思われる。それでいてスポーツマンで友人も多かったというから、社交的なのかヒッキーなのかさっぱり分からない人である。あるいはこんな奇っ怪な性格だったから異からやって来た変わりな同僚と仕事ができたのかもしれない。

ところで有名な数学者の点数付けであるが、「自分は25点、リトルウッドは30点、ヒルベルトは80点、ラマヌジャンは100点」という言葉だけ見れば「ああ、ハーディは自分のことを謙遜してこんな点にしたんだな」と思うかもしれない。しかし、実はこの点数付け、前提としてまず採点に値する人間だけが対のため、大半の並の数学者はまともな点すら貰えない。これは暗に「歴史に名を残す数学者を基準に、自分も25点ぐらいなら付けてもいいかな」といってるのである。ガウスオイラーやラマヌジャンが100点だとして、その四分の一は点をもらえると言い切る度胸が果たしてどれほどの人間にあるだろうか。よってこれは実質的に「リトルウッドはよりすごいから英国No.1、No.2は自分、その他はどうでもいい雑魚」と読み替えてもいいだろう。

そもそもイギリス最高レベル数学者で、ラマヌジャンの相手をできるほどの人間赤点クラスなわけがなく、謙遜しているようで傲不遜という、英国紳士的な自負と自虐に満ちた面倒くさい評価が形となったのがこの点数付けといえる。結局のところ、較対となるラマヌジャンやピーク時のゲッチンゲンが凄すぎるだけで、ハーディも間違いなく一流の天才だったのだ。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 42ななしのよっしん

    2019/01/12(土) 01:01:38 ID: FdpmQBKZKM

    十中八九サヴァンなんだろうなぁ

  • 43ななしのよっしん

    2019/01/29(火) 03:46:42 ID: 9hTGzUsaxb


    元々サヴァンとはとてつもない高い知をもつ人間をたたえる言葉だった。
    いつごろからか、知や精に重度の障があるにもかかわらずなんらかの分野で、
    突出した才を持つ人間を『白痴のサヴァン』なんて呼ぶようになった。やがて、「白痴の~」
    をつけることはなくなり、もともとの意味は忘れ去られた。

    ラマヌジャンが何らかの精・知に障があるという話は聞いたことがないから、「白痴のサヴァン
    ではない、しかし学問上の業績から考えてラマヌジャンの、本来の意味でのサヴァンではある

  • 44ななしのよっしん

    2019/04/28(日) 22:17:29 ID: IL9ky4zaw/

    >「自分は25点、リトルウッドは30点、ヒルベルトは80点、ラマヌジャン100点」
    >ガウスオイラーラマヌジャン100点だとして、その四分の一は点をもらえると言い切る度胸

    ああ25点というのは100点から四分の一の数字で
    それが自分で同僚はそれよりちょっと上と

    他の人物で例えるなら
    マイク・タイソン100点とするなら、自分は25点」
    羽生善治100点とするなら、自分は25点」
    と明言するようなものか

急上昇ワード

最終更新:2019/07/23(火) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/23(火) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP