ゲド単語

ゲド

  • 0
  • 0
掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ゲドとは──

ゲド(ゲド戦記)

ゲドとは、アーシュラ・K・ル=グウィン小説ゲド戦記』に登場するキャラクターである。

海地域にある田舎ゴントに生まれ、幼い頃から魔法の才があった。当初は呪い師のおばに教えてもらった簡単な魔法しか使えなかったが、大魔法使い"沈黙のオジオン"や魔法学院ロークとの関わりによって一気にが開した。
後に幾多のを経て大賢人となるも、世界の均衡が失われる危機が発生しエンラッドの王子アレンと共にそれを修正するためのへと出た際に、"門"を封じるために全てのを使い果たしてしまった。世界危機を救った後は、大賢人の職を辞して故郷へと帰り、かつてアチアンの墓所から救った女性テナーと共に暮らした。

ちなみに「ゲド」という名前名であり、通名は「ハイタカ」である。『ゲド戦記』の舞台であるアースシーにおける魔法とは、人から砂一粒にいたるまで全ての物に存在する名を把握し、名を用いることで相手を支配・制御するという仕組みのため、基本的に名が他者に知らされることはなく、『ゲド戦記』を通しても名である「ゲド」の名を知っている者は家族や親友などごくわずかである。

性格は当初は強気で傲慢調子に乗りやすい部分があった[1]。しかしロークで出会った傲慢生徒スイとの争いを起こした際に死霊を呼び出す術を試したところ、その術の中から生まれて来た""に襲われ重傷を負うという事件を起こした。それ以来、かつての雄々しさや強気なところはなりを潜め、ひっそりとした所を好む落ち着いた人間へと変わった。

肌の色は褐色になっている。これはキャラの大部分を有色人種として登場させている作者のポリシーであり、様々な物語ヒーロー性のある主人公白人種ばかりであることに反感をもっているため意図的に設定したものであるという[2]。このため登場するほとんどのキャラは有色人種だが、魔法呪いを信じない蛮族であるカルガド帝国人間白人である(ちなみに作者のル・グウィン本人は白人である)。

その他のゲド

ゲド(アニメ映画
第4巻の話をベーススタジオジブリで作成された映画。ゲドのキャラ造形は、ユパに近いイメージらしい。
ただ、この映画におけるメインはエンラッドの王子アレンであり、当のゲドはアレンの引き立て役になるわ、敵に縛られて転がされているわと、けっこうさんざんな扱いで終わっている。
ゲド(実写版)
アメリカ製作された実写版。1巻「との戦い」および2巻「こわれた腕環」を凝縮した構成で、スタジオジブリの物よりはこちらの方が原作者のストーリーに沿ったものになっている[3]。この作品では通名が「ゲド」で名が「ハイタカ」という逆の状態になっている。

ゲド(AC3)

ゲドとは、『アーマード・コア3』に登場するレイヴンの一人である。

アリーナでは加入したばかりの主人公と同じEクラスに所属しており、『AC2』のヴァッハフントと同じく"ルーキーの壁"である。しかし初期ミッションの一つ「アリーナ防衛」では、頼んでもいないのに「手こずっているようだな 手を貸そう」と言って参戦してくるという困った存在である(しかも歩合制であるため、ゲドに倒された分は当然報酬に入らないので、クリアは楽になるものの余計なお世話である)。[4]

機体は拡散レーザー武器腕、背にはミサイルコアにはEOを搭載しており、近距離から遠距離までトータルに戦える仕様となっている。しかし、同時に大きい弱点もそれぞれ抱えており、下位ランクだけあってそうそう強いわけでもないという、けっこう中途半端な立ち位置だったりする。

ネット上においては、ゲドの載るACの頭部パーツアンテナであるため「干」の一文字で表記されることがある。ジャック・Oと同じくゲイヴンとして扱われており、初登場時のセリフが「手こずっているようだな を貸そう」というふうに変されていることが多い。

関連動画

ゲド戦記

AC3

関連静画

ゲド戦記

AC3

関連商品

関連項目

脚注

  1. *ゴントの田舎者などとバカにされるのを嫌い、弱みを見せまいとする部分もあった。
  2. *ル・グウィンのキャラクターや主人公が有色人種である影響からか、欧米で販売される書籍は人物が描かれていない(外部リンク・英語)exit
  3. *しかしゲドやカラスエンドウ原作者のポリシーぶっちぎって白人に変えられるわ、テナーを大巫女暗殺未遂容疑でゲドと二人して地下迷宮に閉じ込められているなど勝手なオリジナル要素を入れられるわで視聴者から大不評。Amazon(日本)などではアニメゲドにべると好評価の人がいるが、前述の内容からル・グインはこちらの作品にもブチ切れたという。
  4. *「失望させるなよ」などとは言ってくるが、ヴァッハフントAC2)とは違い挑発的かつ傲慢である様子はない。
この記事を編集する

掲示板

  • 9ななしのよっしん

    2016/10/31(月) 23:17:51 ID: Psw7kRBZRq

    ガメラの話はないのか...

  • 10ななしのよっしん

    2017/10/08(日) 12:15:24 ID: OiCpBXuF96

    ☓手こずっているようだな、を貸そう
    ○手こずらせやがって、犯そう

  • 11ななしのよっしん

    2020/10/26(月) 22:02:05 ID: vAcCUQ+whl

    バイストンウェルの初期オーラバトラープロトタイプダンバイン)も「ゲド」だが
    これはまんまゲド戦記から採られているそうだ

    やはり1巻が面白い
    他はだるそうなら投げてもいいが(アニメの元になった冒険もののはずの3巻もなんかちょっとだるい)
    ファンタジー教養として1巻だけでも読むのをオヌヌメ
    以後定番となった魔法使い見習いの学園・成長物の祖でもあるし

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/24(火) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/24(火) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP