今注目のニュース
張本氏「剣道五段は傘一本で5、6人倒せる」発言が物議 「喧嘩のための競技ではない」と批判も
先住猫の亡き後、その愛らしいクセは後輩猫たちにしっかりと引き継がれていた
「自分を健康と思っている人」は○○%!通院している方の症状別の順位は?

ティマイオスの眼単語

ティマイオスノマナコ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(18)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ティマイオスの眼とは、アニメ遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」に登場するカード、及びBGMの名称である。

概要

カード

アニメオリジナルドーマ編」で登場した、選ばれしデュエリストのみが手にできる名もなきカード。「名もなき」であるため、その名の通りテキストカード名も記されず、ただイラストがあるだけのカードである。デュエルにおける効果としては、フィールドモンスター1体とこのカード融合させて新たなモンスターとなる効果を持っている。

遊戯闇遊戯VSラフェール戦(1回)では「ブラック・マジシャン・ガール」との融合で「竜騎士ブラック・マジシャン・ガール」を出したが、遊戯ラフェールに追い詰められ、「オレイカルコスの結界」に手を出してしまったため、このカードは消滅し、竜騎士融合も解除された。
このデュエル闇遊戯敗北し、武藤遊戯の魂が封印されてしまう。

その後のインセクター羽蛾とのデュエルでは、「ポイズンバタフライ」との融合を試みたが、今の遊戯(名もき王)に選ばれしデュエリストとしての資格はないということか、融合に失敗してしまった。
このデュエルは結果的に、遊戯の怒りが爆発し、「狂戦士の魂」によって決着がつけられたが、失った遊戯の魂がこれで戻るはずもなく……。

ラフェールとの再戦では「ブラック・マジシャン」と融合して「呪符」(アミュレットドラゴン)となり、「ガーディアン・エアトス」を倒した。さらに「ブラック・マジシャン・ガール」とも再び融合している。

その正体は、かつてアトランティス王と戦った伝説の三騎士。その見た遊戯とよく似ている。
ダーツとの最終決戦では「レジェンドオブハート」によってほかの三騎士共々の姿である「伝説騎士 ティイオス」となり、「オレイカルコス・シュノロス」の撃破に成功した。しかし、「邪神ゲー」が現れ、デュエルは更なる学芸会へ

騒動終結後は、遊戯の下から消滅した。


名前の由来は、プラトンの著作『ティイオス』からか。

OCG版

「コレクターズパック-伝説決闘者編-」(2014年5月17日発売)でOCGに登場。海外では「Dragons of Legend」のパックで登場し、日本語版より一足先に情報開されていた。

通常魔法
このカードカード名はルール上「伝説 ティイオス」としても扱う。
「ティマイオスの眼」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの「ブラック・マジシャンモンスター1体を対として発動できる。
そのモンスター融合素材として墓地へ送り、そのカード名が融合素材として記されている
融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

アニメとは違い、融合素材にできるのは「ブラック・マジシャン」(と名のついた)モンスターに限定された。
対応するのは、「ブラック・マジシャン」を融合素材とする「呪符」、「炎の騎士ブラックフレア・ナイト-」、「魔導士-ブラックパラディン」、「ブラック・マジシャン・ガール」を融合素材とする「竜騎士ブラック・マジシャン・ガール」の計4体。

正規の素材融合するよりは少ない消費で出せるので、狙ってみる価値はある。「ブラック・マジシャン」だけ用意すれば、サポートがかみ合わず扱いにくい、融合素材の片割れである「炎の剣士」、「バスター・ブレイダー」を採用する必要がなくなるので、悪くはないだろう。

ブラック・マジシャン」や「ブラック・マジシャン・ガール」自体が上級・最上モンスターであるため少々展開しにくいので(サポートには恵まれているが)、「E・HERO プリズマー」と併用できるといいか。


伝説 ティイオス」というカード名としても扱う効果を持つが、現状「伝説 ティイオス」というカードそのものは存在しない。
このカード名を持つ意義は、「レジェンドオブハート」の効果で「『伝説魔法カード」が定されている点にあるが、「ティマイオスの眼」を定するカードはこのカード同期の登場であるから、ルール上このように2つのカード名を持たせる必要性はない。「伝説」というカテゴリでくくること自体は、今後の拡を想定していると考えることもできるが、それならば本来のカード名自体を「伝説 ティイオス」とすれば余計な手間がかからずに済む。しかし、あえてこのような形を取ったのはアニメの設定を重視した結果か。

ルール上複数のカード名として扱われるテキスト自体は「NEX」によるN進化体の前例があるが、そちらはテキスト定されているカードが元々別に存在する。

BGM

サウンドデュエル3、トラック11収録。中世舞台ファンタジーあたりにありそうな勇ましい曲。タイトルからし明らかに名ものためにあるようなBGMだが、KCグランプリ編でも使用されている(「ヘルモスの爪」に至っては、明るい曲調が全体的に暗い雰囲気のドーマ編に合わないためか、KCグランプリ編でしか使用されていない)。

ニコニコでは「狂戦士の魂」の影もあって、BGMとしては「クリティウスの牙」のほうが有名かもしれない。しかし、どちらも良BGMであることに疑いはない。ただ、作中の雰囲気に合わせるという意味では「クリティウスの牙」が一番しっくりくるのか、使用回数では「クリティウスの牙」が圧倒的に多く、闘いの儀まで使用され続けている。

関連動画


関連商品

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/12(火) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/12(火) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP