今注目のニュース
加藤浩次「僕は会社を辞める」発言でネット「かっこよすぎる」と話題に
“孤独”皆藤愛子「誰のために生きてるんだっけ」
『ゴールデンアイ 007』を「ピアノ」でプレイする海外ファンが登場。奏でられる音楽は意外にもゲームにマッチ

トスカ単語

トスカ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

トスカ(Tosca)とは、

  1. 人名。ファミリーネームファーストネーム双方で存在する。ファーストネームの場合、女性に用いられる。
  2. ラ・トスカ(La Tosca) - フランス脚本家ヴィクトリアン・サルドゥによる戯曲。トスカとは主人公女性の名である。1887年にパリで初演された。その際の演は大女優サラ・ベルナールで、彼女を描いた宣伝ポスター作者アルフォンス・ミュシャ批評家からは厳しい反応を受けたが行的には大成功し、その後数十年にわたり世界で上演された。日本にもその評判は届き、落語歌舞伎に翻案されている。
  3. トスカ(Tosca) - 上記2.を原作としてジャコモ・プッチーニ作曲したオペラ作品。本記事で詳述する。

トスカ(Tosca)」とは、ジャコモ・プッチーニ作曲したオペラである。

情熱的な美貌の歌姫トスカとその人カヴァラドッシ、警視総監スカルピアの憎劇。
全3幕。オペラ史における重要な転換点の作品として高い評価を受けている。

概要

初演は1900年。原作は前年にパリで発表された戯曲である。
ミラノにおいてサラ・ベルナール役を演じる舞台を観劇したプッチーニは本作をいたく気に入り、ただちにオペラ化の為の権利を手に入れようとしたが、契約問題が前後して一度は権利を逃してしまう。その後ヴェルディの仲介もあり、紆余曲折を経てプッチーニ作曲の権利を入手、3年をかけて台本作家カンカンガクガクやりながら作品を完成させた。

オペラ舞台でもあるローマでの初演においては当時の首相を始め、名だたる名士や作曲がこれを観劇。批評家の下した判断は厳しかったが、聴衆は熱狂的にこれを賞賛したと伝えられている。

あらすじ

舞台1800年のローマ

政治アンジェロティは逃亡する最中、自分の一族が礼拝する教会にやって来る。そこでは画ヴァラドッシ教会の注文で絵を描いていた。
仕事の最中、カヴァラドッシは物音でアンジェロティが隠れている事を知る。二人は旧知の間柄で、アンジェロティローマ教皇領のサンタジェロから逃げてきたと告白。カヴァラドッシは彼を堂内に匿い、外から自分を呼ぶ人のトスカに応じて出ていく。

落ち着かない様子のヴァラドッシを不審に思い、別の女と密会していたのではないかと疑うトスカ。カヴァラドッシが描いていたマグダラのマリア像を見て、ますます疑いを濃くする。だが人のとりなしでひとまず納得して立ち去るのだった。
アンジェロティはカヴァラドッシの助けを借り、変装して脱出を図る。間一、彼らが逃走した後に追手の捜索隊が現れ、更に警視総監のスカルピアが登場。礼拝堂を探索して疑いを強め、どうやら画が一枚かんでいると推測。戻ってきたトスカの言でいよいよ確信を抱き、美しい歌姫に対する心を密かに吐露するのだった。

ヴァラドッシは捕らえられ、アンジェロティの行き先を吐けと拷問にかけられる。宴席の為にスカルピアの官邸に招かれたトスカは捕らわれの人を救う代わり、スカルピアのものになるよう迫られた。遠くから聞こえる人の悲鳴にしく揺れるトスカ。
そこへアンジェロティは逃れられない事を知って自殺したという知らせが入る。更にカヴァラドッシは政治助の罪で処刑される事となってしまった。スカルピアは重ねてトスカに告げる、言うことを聞けばカヴァラドッシを処刑する時にを撃って命だけは助け、更にイタリアを出できるよう通行を書くと。観念し、トスカは遂に首を縦に振る。
通行サインし、いよいよが物にしようと迫るスカルピアだったが、トスカの返答はナイフだった。「これがトスカの口づけよ!」そう叫んでスカルピアを刺殺し、通行を奪ってその場から立ち去る。

サンタジェロ屋上の刑場では、カヴァラドッシの処刑が行われようとしていた。彼はトスカへの別れを告げる手紙を書くが、が来たら殺されるという絶望に泣き崩れる。
そこへトスカが現れて状況を説明。処刑は見せかけで終わること、全て終われば二人で逃げられることを告げ、二人はを再確認する。

いよいよ処刑の時となり、カヴァラドッシは刑場に引きずり出される。横一列に並んだ兵士達が一斉に発し、崩れ落ちる人にトスカはをかけるが、彼は既に息絶えていた。スカルピアは最初から約束を守るつもりなどなかったのだ。
絶望して泣き叫ぶトスカの許に、スカルピアが殺されていた事を知った部下達が駆けつけ、逮捕しようとする。だがトスカはその手を逃れ、スカルピアにあの世での復讐を誓い、サンタジェロ屋上から身を投げたのだった。

補遺

関連動画



関連商品

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/07/23(火) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/23(火) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP