子供部屋おじさん単語

コドモベヤオジサン

  • 34
  • 0
掲示板をみる(1,882)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(34)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

子供部屋おじさんとは、実家子供部屋で暮らす成人男性の事である。

概要

成人後暫く経っても実家から離れず、実家子供部屋で暮らすおじさんのこと。
若い世代はパラサイトシングルと呼ばれており、この言葉が流行した頃(1990年代後半)の該当男性達がそのままスライドした人間も多いと思われる。

40歳以上の中年になっても親元から離れることなく精的・社会的に自立できていない人というネガティヴな意味で使用されるケースが多い。
なお勘違いされることが多いが、子供部屋おじさん≠ニート引きこもりであり、実家で暮らしてはいるが普通に働いて自立している人もちゃんと居る。

初出は2014年2ちゃんねる(当時)格闘ゲームウメハラ総合スレで、テレビ番組にて放送されたプロゲーマーウメハラ氏の自室の様子を口さがない同スレ住民が「まるで子供部屋だ」と馬鹿にしていた際、別の住民が発した「実家暮らし子供部屋おじさんがプロゲーマーライフスタイル説教垂れるってんでない?w」というレスがすべての始まり。

何故か2019年頃から流行し、5ちゃんねるでは自分が子供部屋おじさんだと名乗り出て自室をすということも行われ、ねらー高齢化徴する出来事となった。

しばしば「この言葉が流行ったのは不動産業者や賃貸業者の陰謀」などと言う言説も見られるものの、そのような可性は低いと思われる。

ワンルームおじさん

(多くの場合貧乏独身の)ワンルームのマンションやアパートに住むおじさんのこと。ワンおじ

通常、結婚してればワンルームで住むのは難しい。また、ワンルームは賃が安く、普通してきた大学生が借りるというイメージがある。そんな普通学生が住むようなワンルームに住んでいるおじさんのことを揶揄して言った言葉。ようするに「ワンルームで暮らすような独身貧乏おじさん」ということ。

これより先行して「ウサギ小屋おじさん」という言葉が一部で発生していたのだが、ウサギ小屋おじさんから進化して生まれた言葉。これも「ウサギ小屋みたいな狭い部屋で暮らすおじさん」という意味の一種の煽り文句だった。

だが、そもそも日本屋は、アメリカ屋などにべればほとんどの場合狭く(だからウサギ小屋だのウナギ寝床だなどどいわれていた)、特に東京23区大阪市名古屋市などの都心部は小さい普通である。つまり、ほとんどの日本人に当てはまることとして、いまいち煽りとしてはパンチが効いていなかった。そこから進化暗黒進化?)した言葉である。

……とはいえ、当たり前だが、ワンルームで住んでいるからといって貧しいとは限らない。ワンおじだけど女性同棲しているよって場合もある。一種の偏見であるともいえる。

子供部屋おばさん

子供部屋おじさんと同様の概念。というかその女性版。子供部屋おじさんと同じく、成人していながら実家から自立できないorしようとしないで実家パラサイト(寄生)している女性を揶揄していう言葉。大半は家事手伝い収入のケースが多く、親が死んだ場合はそのまま生活に困窮してしまうこともあるという。[1]

ウートピによると、子供部屋おばさんにも4種類に分類できるらしい。[2]

スーツウーマンにおいては、30代で結婚できない女性には、「親の言うことを聞いて生きてきた」、「親から反対された」などの理由で親から離れられない層がいるとしており、40代~50代まで実家暮らしだった女性の場合、自立していないのを親のせいにすることもあるという。 [3]

実家住まいは悪い事なのか?

実家子供部屋で暮らすことそのものが悪というわけでもないし、成人が実家子供部屋で暮らす正当な理由がある場合もある。

まず一つは経済的理由による一人暮らしの困難にある。
ここ数十年の気悪化と非正規雇用の増加で若年層の所得は大きく減り、若年層の所得では賃貸物件での一人暮らしの維持が困難、もしくは維持出来ても経済的・体的に非常に負担が大きいので、それならば賃のかからない実家に居た方がよいという判断も多かったからである。

二つ実家環境的要因が大きく絡むことである。
実家東京23区内や通勤鉄道沿線など較的便利な土地の持ちだったりすると、その利便性の良さゆえに成人・就職しても実家住まいを続ける判断をするケースが多い。逆に農家など、土地に根差した生活が基本の遠郊外地方部では、成人後どころか結婚後も親元で暮らすのがまた普通だったりする。

そのほか

といったように、個々の事情がごとで異なることを考えれば、一概に「実家ぐらし = 悪」といえないのも事実である。 [4]

結婚・交際

結婚や交際などのパートナーを伴う生活については多々支障があるようで、婚活サービスなどは「実家住まいの人間パートナーを得られる可性は極めて厳しい」との摘をしている。

ツイートとらのあな運営するオタク婚活サービス「とら婚」。

一人暮らしの女性からすれば、「付き合っても相手のに気軽に泊まったり遊びにいけない」とし、30歳や40歳を過ぎてにいる人間はどこか頼りない・仕事が出来ない・ハングリーさが感じられないので、対から外しているとっている。[5]

もちろん男性からしても、一度も一人暮らしをしたことがない女性が、二人で暮らす探しや他人と暮らしたりするのは、ハードルが高く、包丁を持ったこともを研いだこともない(アピールのできない)女性は問題しかないものと扱われかねず、特に子供部屋おじさんと子供部屋おばさんの婚活での相性は最悪だという。[6]

ただ、逆に離婚リストラなどの理由で、自立していたのが実家ぐらしに戻ってしまうケースも有る。 [7]

関連静画

関連項目

脚注

  1. *43歳で無収入"子供部屋オバサン"の危険な末路 (プレジデントオンライン 2019/12/24 9:00)exit
  2. *いろいろあるけど実家は居心地がいい【子ども部屋おばさん4タイプ】 (ウートピ 2019/07/06)exit
  3. *30代が一人暮らしを始めるのに親の許可は必要?箱入りおばさんの言い分 (Yahoo!ニュース 9/20(日) 17:04)exit
  4. *「子供部屋おじさん」問題 社会人が実家で暮らすそれぞれの理由 (マネーポストWEB 2019年3月7日 16:00)exit
  5. *「子供部屋おじさん」問題 社会人が実家で暮らすそれぞれの理由 (マネーポストWEB 2019年3月7日 16:00)exit
  6. *婚活市場に急増中の「子供部屋おじさん&おばさん」は相性最悪?地獄の婚活攻防戦の実態 (Buisness Journal 2020.07.23 18:10)exit
  7. *実家に戻る“子供部屋おじさん”の深刻事情。リストラ・離婚で親元に戻る例も (日刊SPA! 2020年01月09日)exit
  8. *現在39歳(2020年時点)
  9. *犯行当時(2019年)の加者の年齢が51歳、同居の伯父夫婦80代で、いわゆる「8050問題」の典例となっている。
  10. *川崎の事件の直後、3日後に起きた事件。犯行当時(2019年)の加者の年齢が44歳、同居の父親が76歳で、川崎の事件とともに「8050問題」として報道されることが多かった。父親逮捕時に「この事件(川崎の事件)が頭に浮かんで不安に思い長男を殺した」と供述した
  11. *2020年現在40歳前後がこの就職氷河期世代にあたる。
この記事を編集する

掲示板

  • 1880ななしのよっしん

    2021/01/19(火) 12:46:42 ID: ZnQQhDMhLO

    人口が減れば増やすために稼いで口説いて一人暮らしするようになる
    増やす必要がない時代は保守的になる

  • 1881ななしのよっしん

    2021/01/19(火) 16:24:42 ID: MLzqNCdoLo

    婚姻数減ってて少子化のペースすごいことになってるから、むしろ今は守りに入ってる
    気悪いから結婚子ども作るリスク上がってるし、守りには入るのは当たり前だけど

  • 1882ななしのよっしん

    2021/01/19(火) 16:26:26 ID: MLzqNCdoLo

    人口減って都市に集中してるのが単身世帯増えた要因ではあるけど、地方で職がないと一人で都市に出てくるしかないしな

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/21(木) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/21(木) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP