今注目のニュース
盲目のゴールデン・レトリバー、妹犬がガイドに 「2頭はかけがえのない友達」(米)<動画あり>
中山美穗、ドッキリ3回かかり「3回マネージャー殴った」
「クローゼットで誰かが寝てる…!」よく見たらクマだった

解像度単語

カイゾウド

  • 17
  • 0
掲示板をみる(43)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(17)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

解像度とは、画像の精細さを表す数値である。

  1. 画像、映像において、一定の面積の中にどれだけ精細に表現できるかを密度で表したもの。
  2. 上記から転じて、コンピューターディスプレイ映像などの、画面の縦横の総画素数のこと。画面解像度。

1は実寸に対しての像の密度であり、2は画像の全長である。この2つは違う概念であることに注意。

もともとは1の意味が正しいが、いつからか2に対しても解像度という言葉を使い始めたために混乱を招く元となった。混同しそうな場合は、1のほうを「画素密度」や「ドットピッチ」、2のほうを「総画素数」や「画面解像度」のように呼び分けすることが望ましい。

1.本来の解像度

写真映像におけるレンズフィルムの描写性、印刷やディスプレイの精細度を現す際に、どれだけ細かく像を再現できるかを表す言葉である。。

デジタルで解像度を表す単位dpi(ドット・パー・インチ)やppi(ピクセル・パー・インチ)が一般的。これは1インチの中にいくつのドットピクセル)が並ぶかを表したものである。たとえば「100dpi」であれば、1インチの中にドット100ドット並ぶことを意味する。dpiはプリンタなどで、ppiはモニタの解像度を表す際に使われる。

コンピューターディスプレイは、昔は72dpi(Mac)や96dpi(Win)を基準に考えると良いとされてきた。しかし、最近ではディスプレイの性が良くなって100dpiをえる細かい表示が可なものも出てきており、機種によりまちまちである。そのため、同じものを閲覧しても機種によって大きさが大きく異なって見えるという弊が生まれる。例えばweb上に縦100ドット×横100ドットの画像が表示されていたとして、72dpi表示のディスプレイでは実寸は3.5cm程度で表示されるが、100dpi表示のディスプレイでは2.5cm程度で表示されることになる。

「1921080(フルHD)のディスプレイを買いに行ったら、同じ画素数なのに片方は22インチで片方は27インチだった」などということが起こるのも、「総画素数」は同じだが「解像度(密度)」が違うからである。

印刷においては、カラー印刷で300dip350dpi程度が良いとされているので印刷データを作る場合には参考にすると良い。それより高い解像度でデータを作成しても構わないが、余計にデータが重くなるだけで印刷結果にはあまり影しない。逆に、それより低い解像度でデータを作ると、像が荒くなってしまうことになる。

印刷用の画像データを作る際は、画像制作ソフトで実寸(”A4用”や”○○cm×○○cm”など)と解像度(dpi)を定すれば自動的に縦横のピクセル数を計算してくれるので、ピクセル数で画面のサイズを決定する必要はい。

近年では後述する「画面解像度」と混同することが増えてきたので、ディスプレイスペックを表す際に、「画素ピッチ」「ドットピッチ」(1ドットの大きさを表す)という単が使われる場合も多くなった。

2.画面解像度

上記のとおり、密度を表す解像度と混同しないように注意したい。この記事では「画面解像度」という表記で統一する。Wikipediaでは「画面解像度」として独立した記事になっているのでこちらも参照exit

TVコンピューターディスプレイの表示サイズ、あるいはデジタルカメラの撮影サイズや、画像、映像などの横×縦のドットのことである。かつてのデジタルカメラの高解像度化戦争の際に「総画素数が多い」ものが「高解像度」と表現され(センサーの画素数が増えればそれだけ写真の解像度は上がるのでこれは間違いではない)、ディスプレイ市場で「縦×横の総画素数」の意味で一般に定着した。現在では単に「解像度」と言われればこちらをイメージする人も多いだろう。

よく使われる画面解像度の規格にはそれぞれ、「720p」や「HD」、「VGA」等の専用の名称がついている。(下図参照)

なお、多くの方が色々なメディアでしばしばにするであろう「HD」という単は「ハイデフィニションhigh definition)」は専らで説明する720p・1080i・1080pを意味している。

ニコニコ動画における画面解像度

現在ニコニコ動画投稿された動画は、もとの画面解像度や動画尺に応じて複数の画面解像度にエンコードされる。

また、ニコニコ動画プレーヤーの表示領域も変化しており、最新のQWatchでは中画面表示は64360、大画面表示は85480となっている。

2019年の現行で選択できる解像度は1080p(条件付き)、720p、480p、360p、それ以下の低画質に分けられている。以前は中間の560pも存在したが、途中で止された。

詳細は下記の表を参照。

ニコニコ動画投稿サイズの目安

投稿動画サイズ 4:3 16:9 15:9
SMILEVIDEOエンコード時のサイズ※1 512×384 64360
QWatch 中画面モード 表示サイズ 512×384 64360
QWatch 中画面モード 特殊サイズ※2 640x384
QWatch 大画面モード 表示サイズ 64480 85480
dmcサーバー 低画質サイズ/中画質サイズ 48360 64360
dmcサーバー画質サイズ 64480 85480
dmcサーバー画質最大サイズ 720×540 96540
dmcサーバー 高画質サイズ 96720 128720
サーバーエンコード後最大サイズ 128720
ハーフHDサイズ 128720
フルHDサイズ 1921080

※1 SMILEVIDEOの再エンコード動画投稿の際に定の形式内でアップロードしなかった場合、SMILEVIDEO側でも表記の画面解像度に再エンコードされる。再エンコードさせないための定の形式については、ニコニコ動画まとめWikiexitなどを参照。

※2 中画面モードの特殊サイズ…中画面モード16:9動画を表示した際に生まれる縁をくし、表示領域を最大限に使うことができる率。ただし、サムネイルエコノミー動画は強制的に16:9リサイズされ、縦に潰れて見える(→参考exit_nicovideo)。また大画面モードの表示領域は16:9であるため、現在は大画面モードの表示サイズに合わせて投稿したほうが良いと思われる。

動画、およびコメント表示領域のサイズ

QWatchの表示領域 4:3動画 16:9動画 最大動画表示領域 コメント表示領域
QWatch 大画面モード 64480 85480 85480 (16:9) 89480
QWatch 中画面モード 512×384 64360 640×384 (15:9) 672×384
以前のプレーヤーの表示領域 4:3動画 16:9動画 最大動画表示領域 コメント表示領域
ZeroWatch 大画面モード 64486 864×486 864×486 (16:9) 90486
ZeroWatch 中画面モード 512×384 64360 640×384 (15:9) 672×384
ZeroWatch 小画面モード 20150 267×150 280×150
ニコプレーヤー4 16:9モード 512×384 64360 640×384 (15:9) 672×384
ニコプレーヤー4 4:3モード 512×384 51288 512×384 (4:3) 544×384
ニコプレーヤーVer.3以前 512×384 51288 512×384 (4:3) 544×384

ニコプレーヤーVer.3以前は4:3表示しか存在せず、16:9動画は横を512pxに収めるように表示されていた。
ニコプレーヤー4実装された16:9表示では4:3動画はそのままに、16:9表示は64360で表示される。なお、実際の動画表示領域は640×384の15:9なので、16:9動画では上下に12pxづつの帯が生まれてしまい、15:9で動画を表示することで領域を最大に使うことができる。この中途半端な率は、縦のサイズ4:3表示に合わせたためであると思われる。
ZeroWatchでは4:3モード止され、新たに実装された大画面モードでは4:3動画16:9動画も縦486pxでえて上下いっぱいに表示されるようになっている。中画面モードニコプレーヤー416:9モードと同じ表示。
QWatchでは、ZeroWatchの大画面モードサイズが大きすぎるとのが多かったため、大画面モードの画面が少し小さくなった。 

なお、コメント表示領域は実際は縦1pxぶん画面の表示領域外にめり込んでいる。これはshitaコマンドコメント投稿した際、黄色の下側が欠けていることで確認ができる。

よく使用される画面解像度

画質昇順。

テレビ関連

名称・規格 用途 4:3 16:9
ワンセグ ワンセグ 320×240 320×180
480i / D1 / NTSC (SD) DVD
アナログ放送
720×480
64480※1
29.97fps(30フレーム)
720×480
85480※1
29.97fps(30フレーム)
480p / D2 (SD) 64480
59.94fps(60フレーム)
85480
59.94fps(60フレーム)
720p / D4 (ハーフHD) 128720
59.94fps(60フレーム)
1080i / D3 (フルHD) デジタル放送 1441080※2 1921080
29.97fps(30フレーム)
1080p / D5 (フルHD) ブルーレイ 1921080
59.94fps(60フレーム)
※1…埋め込まれたアス比情報を元に上記サイズに変換して表示される。
※2…地上波デジタル放送では1441080(4:3)の元データを1921080(16:9)に変換(ピクセルアスペクト比を1:1の正方形ではなく4:3で描画)して表示している。

コンピュータ関連

名称 画面解像度 備考
QVGA 320×240 4:3 2000年代前半頃の携帯電話流。
WQVGA 40240 15:9 2000年代後半頃の携帯電話流。
HVGA 48320 3:2 VGAの1/2サイズiPhone 3/3G/3GS
DCGA 64400 16:10 PC-9801の画面モード
VGA 64480 4:3 DOS/V標準。セーフモードBIOS画面でお世話になる。
WVGA 80480 16:10 初期のスマートフォンや低価格タブレットPCに多い。
FWVGA 85480 16:9 2010年頃の携帯電話の高級機。一部のスマートフォンにも採用されている。
SVGA 80600 4:3 大昔のノートPCでよくあった。
QHD 96540 16:9 フルHD(1921080)の1/4サイズ2010年頃のハイエンドスマートフォン(SH-12C等)で採用。尚、PlayStation VITA96544ドット有機EL画面を搭載する。
XGA+ 1152×864 4:3 マイナーだがリモートデスクトップではお世話になるモード
WSVGA 1024×600 ほぼ
16:10
ネットブックUSBモニタでよく使われる。
XGA 1024×768 4:3 15インチくらいのスクウェアモニタは大抵これ。iPad / iPad2
WXGA 128800 16:10 2000年代前半のノートPC流。
SXGA 1281024 5:4 スクウェア液晶ディスプレイ流。
FWXGA 1366×768 ほぼ
16:9
最近の低価格ノートPC流。
SXGA+ 1401050 4:3 2005年頃のビジネス向けノートPC流。
WXGA+ 144900 16:10 一部のノートPCや小ワイド液晶。
WXGA++ 160900 16:9 2000年代後半頃のモバイルノートPCの高級機に多い。
WSXGA+ 1681050 16:10 2000年代後半頃の2022インチワイド液晶の流。
UXGA 1601200 4:3 20インチスクウェア液晶の流。17インチCRTの上限。
FHD 1921080 16:9 フルHD2023インチくらいのワイド液晶の流。
WUXGA 1921200 16:10 Single-LinkDVIで出できる上限。クリエイター向けのワイド液晶に多い。
QWXGA 2041152 16:9 一部のワイド液晶に採用例あり。
QXGA 2041536 4:3 21インチCRTの標準解像度。アナログD-Subケーブルで出できる上限。iPad(第三世代)。
WQHD 2561440 16:9 27インチ級の大液晶モニタ流。これ以上はSingle-LinkDVID-Subケーブルでは出できない。
UWFHD 2561080 21:9 29インチシネマスコープ。AV志向の高級液晶で採用されることがある。
WQXGA 2561600 16:10 30インチ級のクリエイター向け高級液晶で採用。
QWXGA+ 2881800 16:10 MacBook Proの一部モデルで採用。(ただし表示解像度は144900)
QFHD(4k2k) 3842160 16:9 クリエイター向けディスプレイ、または液晶テレビの高級機。MacBook Proの一部モデルで採用(ただし表示解像度は1921080)。
60Hzフルカラーでの出にはHDMI2.0またはDisplayPort1.2以降が必要。HDMI1.4でも不全だが出対応する場合あり。

アスペクト比

関連項目

外部リンク

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/21(月) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/21(月) 02:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP