今注目のニュース
宮迫博之、雨上がり決死隊の解散について語る 「蛍原と話したけど…」
エアコンの冷房設定何度にしてる? 環境省の適正室温目安は「28度」だけど
『文スト』ちんまり可愛いぬいぐるみシリーズ「ちまりんず」登場!ちょこんと座ったフォルムが可愛い

ホロライブ無許諾配信問題単語

ホロライブムキョダクハイシンモンダイ

  • 397
  • 0
掲示板をみる(1.2万)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(397)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
議論の誘導 この問題に関する議論は、この記事でお願いいたします。
ライバー個人の記事では行わないでください。
掲示板情報の一元化にご協をお願い申し上げます。
加筆依頼 この項現在進行中の事を取り上げています。
今後、事態の進展によって記事の内容が増補、訂される場合があります。

ホロライブ無許諾配信問題とは、バーチャルYouTuberグループホロライブ」、「ホロスターズ」等を運営するカバー株式会社著作権の疑惑及びカバー公式明に関する一連の騒動の総称である。

概要

この騒動の発端は、2020年6月1日に、任天堂株式会社著作物の利用に関するガイドラインexit更新したことだった[1]

このガイドライン任天堂の著作物の利用・収益化を個人の投稿に限定して許諾する内容であり、法人による利用はガイドラインの対外であった。今回の更新で、ガイドラインに明記された法人とその所属配信者に限りガイドラインに添った任天堂著作物の利用が可となった。[2]

しかし、その時ガイドラインに追加された法人の中にホロライブ運営するカバー株式会社の名前がなかったこと、その日の配信が急に中止になったこと、ホロライブ公式アカウント投稿していたマリオカート大会の切り抜き動画が非開にされたことなどの要因が重なり、一部ファンの間でホロライブ所属ライバーによる任天堂作品を利用した配信(大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALマリオカート8DXテトリス99あつまれどうぶつの森)は、任天堂許可を取っていたのかどうか疑問視されるようになった。

そして、任天堂ガイドライン更新から4日後の6月5日に、当のカバー株式会社から「弊社における無許諾配信の不手際のお詫びと今後の対応につきましてexit」という明が発表された。この明では任天堂のみならず、一部を除く他の企業に対しても著作物を利用する際に許諾を得ていなかったことを明らかにした。

明の概要は以下の通り。

  • 所属ライバーは個人事業であることから、任天堂ガイドラインの"個人用"のものを参照して配信していた。
  • カバー株式会社任天堂法人としての配信許諾を得ていない。
  • 一部の企業からは個別に配信許諾を得ていたが、その他の企業については許諾だった。
  • 現在任天堂に以前および今後の著作物利用について問い合わせの最中であり、現時点においては既存の動画について収益化を停止するのみで非開にはしなくてよい旨の回答を得た。
  • 任天堂以外のゲームIPには現在配信許諾を確認している最中。

一方、明文中の「その他の企業」についてどの企業が該当するかが明かされなかった。

声明発表後のホロライブの動き

明には任天堂から通達された現時点の処置の内容に添えて、"関係者一同、深く反省すると共に、再発防止策の制定や権利確認の底など進めてまいります"と謳われていたが、その後も

以上の問題が続けて発生したことから、ホロライブの権利意識および明で述べた"再発防止策の制定や権利確認の底"がおよそ十分でないことが発覚した。

なお、明から4日後の6月9日以降は、配信に許諾・承諾または確認を得た上で配信や収益化を行っている旨を配信に記載するようになった。しかしその後、

2度目の声明とその後のホロライブの動き

2020年7月29日大神ミオ2020年1月11日及び12日に配信したゴーストトリック実況動画CAPCOM CO., LTD. からの著作権申し立てにより削除された。その後、同日深夜からホロライブのライバー投稿した動画・配信アーカイブが続々と非開化又は削除された。この対応は7月31日まで続き、その数は1万件以上に及んだ。

2020年7月30日大神ミオTwitterにて放送を休止する旨exitが告知された。その後、カバー株式会社公式サイトに「権利者様の許諾を得られていない著作物使用に関するお詫びexit」が掲載された。概要は以下の通り。

後に明の通り、非開にされたコンテンツが順次再開されている。

2020年8月5日カバー株式会社のTwitterにて休止の理由は著作権法違反による規制とする説明がされexit大神ミオもまたカバー株式会社のツイートを引用する形で説明を行ったexit

対応策は権利者へ相談中としており、侵した著作物とその権利者については明らかにしていない。

2020年8月6日弁護士ドットコムニュースの取材[6]に対し、株式会社カプコンゴーストトリック実況動画著作権の申し立て・削除申請をしたことについて「事実です」と認めた。また、その他配信アーカイブの非開化・削除については「当社からの働きかけではございません」としている。

任天堂との包括的使用許諾契約締結

2020年8月1日任天堂株式会社が「著作物の利用に関するガイドラインexit」を更新し、任天堂が配信許諾に関する契約を締結した法人一覧カバーを含む3社を追加した。

同日にカバー株式会社公式サイトにて「任天堂株式会社の著作物に関する、包括的使用許諾契約締結のお知らせexit」を掲載した。
この中でカバーが同日付で「任天堂の著作物の利用に関する包括的使用許諾」を締結し、カバーおよび同社所属タレントによる「任天堂ゲーム著作物を利用した過去の著作物につきましても、併せて許諾を得た」旨を告知した。
これにより、カバーらびに同社所属タレント任天堂コンテンツについては今後収益化配信が可となり、加えて過去に許諾を得ていなかった任天堂に関する配信のアーカイブについても事後承諾の形で許諾を得た。

許諾が明らかにされていないコンテンツ例の一部解説(7/30声明以前)

この項では後述の『許諾の有明らかにされていないゲーム例』より、様々な経緯から詳細な解説が必要なコンテンツを取り上げる。

※以下の内容は2020年7月29日以降に非開となったコンテンツを含みます。随時修正予定です。

東京2020オリンピック THE OFFICIAL VIDEO GAME

2019年7月27日さくらみこ戌神ころね両名が「東京2020オリンピック THE OFFICIAL VIDEO GAME[7]」の収益化配信を行い、後日には紫咲シオン兎田ぺこらも同様に収益化配信を行った。
しかし、このゲーム許諾なしでの営利利用を禁じてexitおり[8]、さらにオリンピックシンボル東京五輪大会エンブレムは大会組織委員会によって無断使用および不正使用が禁じられているexitさくらみこ戌神ころね両名の配信のサムネイルにはその両方が使用されており、また、紫咲シオンの配信のサムネイルには以上二つのシンボル変したものが使用されている[9]
なお、大会組織委員会の「大会ブランド保護基準exit」によれば、五輪に関する知的財産の許諾なしの使用は「アンブッシュ・マーケティング」として禁止され、また大会のスポンサー企業以外でもオリンピックパラリンピックの名称やイメージ等を使用したマーケティング、広報宣伝活動が禁止されている。これらのシンボルについて、日本では日本オリンピック委員会(JOC)、および東京オリンピックパラリンピック競技大会組織委員会(東京2020)が管理を担当しこれら団体からの事前の許諾が必要となるため、きわめて実現性に乏しい。
なお、該当する動画群は2020年6月18日に非開になった。

テトリスオンライン

テトリスオンラインは、過去テトリスオンラインジャパン提供していたオンラインゲームサービスである。サービス2011年に終了したが、サービスが終了する直前から個人によって立ち上げられたエミュレートサーバーを利用する改造プログラムテトリスオンラインポーランド(以下TOP)」が断で配布されている。
TOP公式の配信したプログラム改造して課金が必要な機を含め全コンテンツを利用できる状態にしたものであり、これは配信物を断で改造、不正利用してはならないという利用規約に違反するものである。
しかし、星街すいせい2018年11月9日の配信を始め、多くのホロライブ所属ライバーがこの断配布版を使用して収益化配信を行なった。星街すいせいのものをはじめとした一部のアーカイブは非開になっているが、現在アーカイブのほとんどは削除されておらず、星街すいせいの再生リストの中には「TOP」の文字が残っている。

なお、元規約はソフトウェアの改造だけでなく営利・営業での利用も禁止している(アーカイブ)exit

アイドルマスター シャイニーカラーズ

2020年4月21日天音かなたが配信したのを皮切りに、ホロライブ所属ライバーが次々とアイドルマスターシャイニーカラーズ(通称「シャニマス」)の、収益を伴う配信を行うようになった。しかし、バンダイナムコが自社ゲームの営利利用を規約で禁止していることexitに加え、ゲーム内の歌楽曲の権利を管理するLantisが個人に対して自社音楽作品の動画投稿を禁止しているexit

明前、紫咲シオンが配信上で楽曲を流した部分の音削除再投稿していたこと[10]明らかとなってからは、実際はゲームと楽曲両方の許諾を得ていないのではないかとリスナーから疑問のが挙がった。

グランツーリスモ2

2020年5月31日戌神ころねが収益化付きで行ったグランツーリスモ2配信であるが、もともとグランツーリスモはそのゲームの性質上内外の大量の実在するメーカーから許諾を得て作られたものであり、SIEの規約「著作権について」における記載事項の中でも特筆されるほどに権利の厳しいexitこのゲームの収益化配信が可であるか先の明を受けたリスナーから疑問のが上がった。
なお、該当する動画は配信後一週間と少し経った6月10日開になった。

巨影都市

PS4ゲーム配信をする場合は、PlayStationの発売元であるソニー・インタラクティブエンタテインメントSIE)以外の企業が権利を持つシーン、またソフト会社が別個に定める「録画禁止区間」[11]の部分の放映を回避するため、PS4の機である「シェア」機能exitを使うことが通例であり、SIEは規約「著作権について」においてこれ以外の配信方法に対して許諾の方針を表明していないexit
だが、大神ミオ5月10日行った巨影都市の収益化配信では録画禁止区間に入った後もゲーム画面が放映され続け、このことから大神ミオシェアを使用していない、規約外の配信をしていることが明らかになった。

もちろんシェア外でも配信内に登場する版権元に個別に許諾をとれば配信に問題はないのだが、巨影都市には開発であるバンダイナムコに加え、円谷プロカラーをはじめとする多数の企業の版権が絡んでいるため、明後権利表記がないこの配信を認識したリスナーからは「許諾をすべて取り切れるとは思えない」と疑問視されることとなった。

なお、バンダイナムコは著作物の個人に対する収益化許諾は原則行っていないexit

Bully: Scholarship Edition

Bully: Scholarship Edition」はRockstar Gamesより営利利用は禁止とされているが、2020年7月3日さくらみこが同ゲームの収益化配信を行った。
その際、概要欄に「本ゲームを配信に利用することにつき、© 2006 Bethesda Softworks LLC, a ZeniMax Media companyの承諾を得ております」と記載されていた。
しかし、この表記において下記の疑問点が摘された。

以上の点から、BULLYの権利表記として不適切であるのではないかと疑問のがあがり、それに伴って許諾表記の実態及び許諾の有もまた疑問視されている。

7月7日、第3回の配信がさくらみこTwitterにて中止が告知され、以降配信されていない。さらにアーカイブにおいても、7月12日には第2回が非開となり、第1回についても7月13日広告の解除が確認された。

許諾の有無が明らかにされていないゲーム例(7/30声明以前)

※以下の内容は2020年7月29日以降に非開となったコンテンツを含みます。随時修正予定です。

利用規約・ガイドライン等の制限外で配信したゲーム例

この項では許諾の有明らかにされていないゲームのうち、各社の定める利用規約・ガイドライン等を制限の根拠として、その制限外で配信されたゲームの例を記載する。

許可の取得が困難とされるゲーム例

この項では許諾の有明らかにされていないゲームのうち、特筆して許諾の取得が困難とされる例を取り上げ、その理由を記載する。

許諾の有無が明らかにされてない非ゲーム例(7/30声明以前)

※以下の内容は2020年7月29日以降に非開となったコンテンツを含みます。随時修正予定です。

利用規約・ガイドライン等の制限外で配信したコンテンツ例

この項では許諾の有明らかにされていない、ゲームでないコンテンツのうち各社の定める利用規約・ガイドライン等を制限の根拠として、その制限外で配信されたコンテンツの例を記載する。

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *このガイドライン自体は2018年11月29日に制定されたもの。
  2. *収益化は、任天堂定した特定ネットワークサービスに限る。
  3. *おえかきの森許諾なしの営利利用を禁じているexit
  4. *クロノトリガーJASRAC管轄外exitの曲である
  5. *バンダイナムコ個人に対する著作物利用許諾を与えていないexit
  6. *Vtuber事務所「ホロライブ」ゲーム実況、著作権侵害申し立てで削除 カプコン「企業が利益上げるなら、使用許諾を取って」- 弁護士ドットコムexit
  7. *Switch
  8. *Switchのシェア機能(30秒まで録画できる)を用いたアップロードは許可しているexitが、配信は機外だった
  9. *オリンピックシンボルを想像させるグラフィックも同様に禁止されているexit
  10. *なお、YouTubeContent IDによる著作権の申し立てに対して投稿者の取れる手段の一つとして動画の該当部分の音ミュートにする機を用意している。
  11. *ネタバレや自社の著作権を守るため区間内の録画時に自動で映像を止める機
  12. *Steam版製品ページには日本語サポートいように記載されているが、実際には日本語実装されている
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード

最終更新:2020/08/10(月) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2020/08/10(月) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP