今日の香港、明日の台湾、明後日の沖縄単語

キョウノホンコンアシタノタイワンアサッテノオキナワ

掲示板をみる(25)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

今日の香港、明日の台湾、明後日の沖縄とは雨傘運動ひまわり運動の頃にられた

今日の香港、明日の台湾の言葉が日本にも輸入され、香港台湾で起きたことは沖縄でも起き、沖縄中国侵略されるという言論である。

(繁体字中国語: 今日香港明日臺灣,後繩 広東(香港): 今日香港明日台灣,後日繩)

概要

2014年ひまわり運動雨傘革命の頃に台湾香港のようになるとして今日の香港、明日の台湾という言葉がられた。

その後、香港では2019年反送中という大規模デモが起き、国家安全法が施行されると香港民主香港独立が次々と逮捕される状況となっている。

2018年頃から中貿易摩擦や中新冷戦ウイグルの強制収容所などで中の対立が高まり、台湾中国の対立も高まった。

2020年台湾に対して、中国習近平は一二制度を適応して統一したい述べ、台湾側は拒否をしている。

沖縄では、先、特に八重山諸で、尖閣諸島毎日のように中国の海警が押し寄せ、石垣島の漁師は漁ができない状況である。

これに対して、玉城デニー沖縄県知事は冷たいという意見がある。

尖閣諸島に関して、沖縄本島と先温度差があるといわれており、八重山日報は非常に危機感をもって報道するのに対して、沖縄タイムス琉球新報中国批判をすることは少ない。

中国には中華民族琉球特別自治区準備委員会という沖縄中国領土であるとする団体が存在する。

という中国の人物は琉球独立を支持し、「琉球人は中華民族中国人の末裔」としている。

ロバート・カジワラという玉城デニー沖縄県知事と面会し、辺野古基地建設に反対した人物も非常に中国寄りとして知られている。

このような背景から、サイレントインベージョン沖縄が受けているといったや、保守系言論人からチベットウイグルの次は香港、その次は台湾沖縄という言論が広がり

今日の香港、明日の台湾、明後日の沖縄という言葉が生まれた。

関連動画

香港の様子

台湾は一二制度を受け入れない

尖閣諸島

中国沖縄へのサイレントインベージョン!?

オーストラリアでのサイレントインベージョン

今日の香港、明日の台湾、明後日の沖縄

関連リンク

玉城デニー知事と尖閣諸島関連

中国からの沖縄工作(?)関連

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/08/01(日) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2021/08/01(日) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP