今注目のニュース
介護業界への就業をためらう理由1位「体力的にきつそう」、2位「精神的にきつそう」 実際はどうなの?
「チキンマックナゲット」15ピースが30%引きの390円、「フルーツカレーソース」「サワークリームオニオンソース」復活も/日本マクドナルド
10歳~14歳の少年少女4人が965キロのドライブ 途中で給油未払いも(豪)

民族浄化単語

ミンゾクジョウカ

掲示板をみる(27)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

々はセルビア人の3分の1を殺し3分の1を追放し3分の1を宗させてクロアチア人にする

クロアチア独立国教育相ミレ・ブダク

民族浄化とは、ある民族を消すことである。

概要

二種類以上の民族の住んでいる地域にいてある特定民族を追放、虐殺、同化などによってその地域から消すこと。その地域を単一民族化すること。

もとはユーゴスラビア紛争にいて起きた虐殺行為その他に使われたことで世界中に広まった。現在ではユーゴスラビア以外でも特定民族絶滅・消滅させようとする行為全般に使われる。

語源

もともと「етничко чишћење / etničko čišćenje(エトニチュコ・シスチェーニェ・民族浄化)」とはバルカン半島第二次世界大戦時にナチスの傀儡政権であるクロアチア独立国が行ったセルビア人に対する迫のことをす。この時は世界がほかの地域に向けられていたことに加え、戦後チトーによる多民族社会が実現したため、バルカン半島内部の話で収まり、世界に広く知られることはなかった。

記事冒頭のミレ・ブダクの発言からも分かるように迫の対となったセルビア人を内から全に消すことを的としたこの残酷な行為は、戦後チトー政権が多民族間の争いを禁じてからも民の底にくすぶり続ける。中でも人口では有利であるが法律上何かと制限を受けることの多かったセルビア人は「今でも自分たちは民族浄化を受けている」と不満を募らせ、90年代ユーゴスラビア紛争につながっていく。

1991年ユーゴスラビア紛争から始まる内戦の時期、1992年ボスニア紛争の際にセルビア人による虐殺行為[1]を非難する的でこのおよそ50年前の「民族浄化」というフレーズが発掘された。「民族浄化」というローカルな言葉はプロパガンダの一部として「ethnic cleansing(エスニック・クレンジング)」と英訳されて電波に乗り、世界に広まることになる。

脚注

  1. 実際にはボスニア紛争における同種の行為はセルビア人勢だけでなくボシュニャク人勢クロアチア人勢によっても行われていた。

民族浄化をテーマにした作品

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 25ななしのよっしん

    2018/12/29(土) 08:53:41 ID: zgrSF6HrI+

    民族浄化でも民族掃除でも汚物は消毒だー!でも
    穢れた者で自分が正しいというニュアンスに違いがないと思うんですがそれは

  • 26ななしのよっしん

    2018/12/29(土) 08:58:43 ID: wBb++bo0jO

    ずれてるも何も傍から見りゃそういうニュアンスでしかないだろ。

  • 27ななしのよっしん

    2019/02/24(日) 23:28:35 ID: EWUCfbbnU2

    元から正当化のための言葉だよ
    掃除にしろ浄化にしろ実際やってることからはかけ離れてるし

急上昇ワード

最終更新:2019/07/17(水) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/17(水) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP