史上最低の戦闘シーン単語

シジョウサイテイノセントウシーン

  • 5
  • 0
掲示板をみる(20)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

史上最低の戦闘シーンとは、リアル戦闘である。

概要

ニコニコ動画では宇宙大作戦 スタートレック』、シーズン1の第19話「怪獣ゴーンとの対決
戦闘シーンのことをさす。動画を見れば分かるが、全体的に言えば地味である。

そもそも人を殴ったり、拳がを切ったりしただけで、大きい音が出るわけがない。
しかし、SEが入ってないと何が起こったかが分かりにくかったり、迫に欠けたりする。
そういう意味ではスタートレックリアリティ追求した、非常に論理的な作品といえよう(?)。

史上最低と銘打ってあるが、スタートレック1966年の作品だということを知れば、
このシーンも感慨深いものになるのかもしれない。

加えて「映画史上~」というタイトルが付けられている場合が多いが、
このシーンが含まれている回は劇場版ではなく通常のテレビ放送話である。

史上最低の戦闘に至った経緯

惑星連邦の前基地を破壊した異人”ゴーン人”の宇宙船を追跡していたエンタープライズ号。
しかし、ある系に侵入した途端、両宇宙船は”メトロン人”と名乗る未知の存在に拿捕されてしまう。

自らのテリトリーを侵されたメトロン人は「地球人とゴーン人は共に遺伝的に暴力行為を好む生物」だと非難し、両者の紛争を解決する手段として「両宇宙船の船長同士を対決させ、負けた側の宇宙船を乗員ごと破壊する」という決闘を提案。両者の言い分も聞かずにそれを実行してしまう。

かくして地球と同じ環境惑星転送されたカー船長は、爬虫類のようなゴーン人船長との決闘を強いられる。ゴーン人は動きが鈍く知も低いが、地球人よりも頑強な体を有しており肉弾戦では勝ちかった。カー船長が勝つ為には、メトロン人が惑星上に用意したという”武器”を探し出さねばならないが、惑星には荒野が広がるばかりでそれらしきものは見当たらない。

一方、船内に残されたスポック副長らは、ゴーン人が単なる侵略者ではない事に気づきつつあった……

余談

原作としてクレジットされてはいないものの、フレドリックブラウンSF短編小説『闘技場』が元ネタであるとされており、英語原題も『Arena』で同じである。
このほかに『闘技場』にインスパイアされたと言われている作品には、テレビシリーズ『アウター・リミッツ』第27話「宇宙決闘」と藤子・F・不二雄SF短編漫画『ひとりぼっち宇宙戦争』がある。

ディスカバリーチャンネルの番組「怪しい伝説」では、上述の”武器”が実現可実験を行った事がある。
また、「AVGN」のスタートレック回でもネタにされており、本エピソード人気アメリカでも高い事が伺える。

更に2013年に発売したゲームSTAR TREK THE VIDEO GAME」のCM動画では、
カー船長を演じたウィリアム・シャトナー氏本人40年越しのセルパロディを行っている。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/15(木) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/15(木) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP