今注目のニュース
吉岡里帆、スペインの生ハムに感激「永住あるかもな」
“豆乳アイス”や“ヴィーガン”流行で大豆に脚光、肉・チーズ・バターなどの代替食品が続々、“ホット豆乳”提案も活性化
松本莉緒、誕生日に入籍を発表

寺島成輝単語

テラシマナルキ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

寺島成輝てらしま なるき、1998年7月30日-)とは、大阪府出身のプロ野球選手投手)である。現在東京ヤクルトスワローズに所属。

概要

プロ入り前

の転勤で引っ越した国分寺市で、と共に地元の軟式野球チーム野球を始める。

小学3年生で大阪に戻り、4年生から硬式野球に転向。中学ではボーイズに所属。3年の時に世界少年野球大会で優勝を成し遂げている。

履正社入学後1年からベンチ入りすると、大阪大会準決勝では大阪桐蔭相手に1回で5失点したエースの後に登板。8回を1点に抑える好リリーフを見せる。これもあってか1年には前年センバツ準優勝の立役者であった永・溝田を抑えて背番号1を獲得。

しかし大阪桐蔭を始めとした戦区である大阪大会の高いに阻まれて甲子園の切符は中々得られず、最後のチャンスとなった3年生に府大会で優勝し初の甲子園出場。3回戦で常総学院に負けるもリリーフとして登板し、5者連続三振を見せる。続くU-18アジア選手権では最多勝、最優秀防御率ベストナインを獲得した。

2016年度新人選手選択会議にて、東京ヤクルトスワローズから1位名を受け入団。背番号は18。

プロ入り後

2017年キャンプ中に左内転筋に筋膜炎を発症し開幕二軍スタート。その後は左肘痛に悩まされる事となり二軍での初登板8月までずれ込む。二軍で6試合を投げた後は、シーズン最終盤の9月30日中日ドラゴンズ戦でプロ入り初登板。3イニングを投げて5失点勝敗つかずのほろ苦いデビューとなった。シーズン終了後は、アジアウインターベースボールリーグにおいてイースタン選抜に選出。


2018年オープン戦で打ち込まれたこともあって開幕二軍スタート7月1日阪神タイガース戦にプロ入り二度先発も、こちらでも2回6失点と打ち込まれて敗戦投手を記録し、翌日に二軍降格となってしまった。


2019年もわずか3試合の登板に留まり、飛躍のシーズンとはならなかった。

人物・プレースタイル

エピソード

成績

年度別投手成績

年度 球団 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
2017年 ヤクルト 1 1 0 0 0 0 0 0 .000 3.0 3 3 5 5 15.00
2018年 1 1 0 0 0 1 0 0 .000 2.0 4 2 6 6 27.00
2019年 3 0 0 0 0 1 0 0 .000 4.0 2 0 3 1 2.25
NPB:3年 5 2 0 0 0 2 0 0 .000 9.0 9 5 14 12 12.00

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/23(水) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/23(水) 11:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP