オープン戦単語

オープンセン

3.8千文字の記事
掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

オープン戦とは、

  1. 競技大会における出場資格に制限のない大会のこと。ゴルフテニスの「○○オープン」はこの意。
  2. 競技大会における非公式の試合のこと。

日本ではに2番の意味であるプロ野球のものをす。1番の意味である競馬についても触れる。

概要(プロ野球)

毎年キャンプの終盤からシーズンの開幕前、2月下旬から3月下旬にかけて行われる。デーゲームで、序盤は各球団のキャンプ地で、中盤からは各球団の本拠地や地方球場で行われることが多い。MLBにおいては「スプリントレーニング」がこれにあたる。

キャンプ中に行われる練習試合との違いは、オープン戦になると基本的にルール公式戦に準ずることである。練習試合では7回や8回で打ち切ったり、後攻チームリードしていても9回裏まで行ったりもできるが、オープン戦ではそういったことはできない。ただし、オープン戦では延長戦は原則行われず、9回打ち切り引き分け)である。
また、公式戦では一軍出場できない育成選手もオープン戦は出場することができる。前年に引退を表明した選手の引退試合が行われることもある。

レギュラークラスの選手にとってはシーズンへ向けての調整の場であり、定位置争いや一軍残留争い中の選手にとっては開幕一軍へ向けての最大のアピールの場である。新外国人や、普段は見慣れない若手を見る機会も多く、オフシーズンを経て野球に飢えているファンにとっても楽しみの大きい期間。
オープン戦の勝敗はペナントレースの成績には一切関与しないため、意外なスタメン・交代を見られることも多い。

シーズンへ向けての戦判断の場ではあるが、オープン戦の結果はアテにならないとはよく言われる。実際、オープン戦で大活躍した若手や外国人選手がシーズンに入ると全く打てなくなったりボコボコに打たれたりして々とフェードアウトするのはよくある。相手チームデータを取るためにわざと打たせたり抑えさせたりということがあるからである。チーム全体でも、オープン戦で上位に入ってもシーズンでは下位に沈むという展開はありがちである(だいたい暗黒時代阪神のせい)。

過去にはオープン戦でトーナメントが開催されたこともある。

デーゲームが大半ということもあり、地上波ラジオでは放映自体されなかったり延長なしで途中で終わってしまったりとシーズン中にべると扱いが悪く、そのチームの地元の地域でもオープン戦を最後まで見ることは難しい。
オープン戦も視聴したい場合は衛星放送やネット配信などを事前契約しておくことを勧める。

3位と最下位の呪い

近年、「オープン戦3位と最下位はシーズンで苦戦する」というジンクスまことしやかに囁かれている。

東北楽天ゴールデンイーグルスが加盟した2005年以降の成績を見ると、オープン戦最下位のチームは、2021年までの17年間でBクラス14回2009年から2019年まで11年連続Bクラス。うち最下位7回

まあ、調整の場とはいえオープン戦で結果が出ないチームシーズンでも結果が出ないのは、単純に戦不足で当然の結果とみることもできる。オープン戦最下位からAクラスに入った球団が全て優勝しているのはわりと

しかしそれ以上になのは、3位の呪いである。オープン戦で3位になったチームはなぜか最下位に終わる確率が高く、Aクラスに入った場合も大逆転V逸やCS敗退といった不幸が襲いかかることが多い。こちらも2005年以降を見てみよう。

と、17年で最下位7回と、オープン戦最下位と同じ最下位率を誇る。Bクラス率も17年で10回とに見えて高い。
オープン戦優勝2位シーズンでも好成績を残すことが多い(同期間で見ると、オープン戦優勝チームは17年で優勝4回、Aクラス10回、最下位1回。2位チーム優勝6回、Aクラス14回、最下位1回)だけに、3位のシーズンでの苦戦ぶりは際立っており、例年オープン戦3位のチームファンは戦々恐々である。

概要(競馬)

日本中央競馬で「オープン戦」という場合、基本的には「オープン特別競走」のことをす。レースの格付けにおいて「OP」と書いてあるレースがそれ。
特別競走」とは要するに「○○賞」「○○ステークス」などのレース名がついているレースのこと。レース名のつかない一般競走のオープン戦は、障害競走では現役で存在するが、地競走では最後に開催されたのは1995年である(2022年時点)。そして当初から番組に組み込んでいたのは1983年(グレード制導入前)まで。

オープン競走は定義上はすべてのが出走できるレースのことだが、実際のオープン特別競走は基本的にレースごとに齢などによってある程度の出走資格が定められている。

格付けとしては、収得賞金1600万円以下ののみが出走できる「条件戦」と、GⅠGⅡGⅢのいわゆる「重賞」の間に位置するレースである。というか、定義上は重賞オープン競走の一種ということになるので、オープン特別競走とはオープン競走のうち重賞の格付けを得られていないレースというのが正確な定義だろう。
なので、オープン特別が重賞に格上げされることはときどきある。グレード制導入以降に新設された重賞は、オープン特別を前身としている場合が多い。通常、新設重賞は2年間は格付けなしで開催して規定のレーティングを充たさないと格付けが得られないが、前身のオープン特別時代にレーティングを充たしていれば創設してすぐGⅢの格付けを得られる場合もある。
また、条件戦として開催されていたレースオープン特別に格上げされることもある。

なお、重賞は通算開催回数がレース名に冠されるが、オープン特別は回数をカウントしない。そのため、オープン特別が重賞に格上げされた場合、オープン特別として施行された回数は通算回数に組み込まれない。

収得賞金1601万円以上となったは「オープン」となり、重賞も含めたオープン競走にしか出走できなくなる。
中央競馬において「オープン」にまで登り詰める競走馬は、毎年4000頭以上入厩してくる競走馬のうち、1世代あたり200頭程度に過ぎない(3勝クラスが年間186戦、これに2歳・3歳重賞重賞2着ルートから勝ち上がってくるの数から推計)。即ちオープンは全入厩のうち上位5%以下(地方競馬所属を含めた頭数を分にすると3%以下)しか居ない逸材に該当する。新馬戦で18頭フルゲート埋まったとして、その中からオープンが1頭出るかどうかという計算であり、かなり狭い門であると言えよう。

なお、未勝利・未出走に関しては、出走にあたり以下の制限がある。

  1. 2歳季の重賞には出走不可
  2. 3歳のオープン(重賞含む)には、原則出走不可(例外あり)
  3. 3(4)歳以上のオープン3勝クラスには出走不可

一部のオープン特別競走では、1着や2着に特定重賞への優先出走権が与えられる(アネモネステークス桜花賞若葉ステークス皐月賞など)。また2019年からはオープン特別競走の一部に「リステッド競走(L)」という、重賞に次ぐレースという格付けが与えられるようになり、収得賞金が他のオープン特別競走より高めに設定されるようになった。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/07/07(木) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2022/07/07(木) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP