罪と罰 単語

658件

ツミトバツ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

罪と罰(つみとばつ、露: Преступление и наказание)とは、フョードル・ドストエフスキーによる1866年連載の長編小説である。

概要

貧しい大学生主人公ラスコーリニコフが「自分はエリートであり、社会道徳から外れた行為を行う権利がある」という己の正義観を信じて高利貸しの老婆を殺するが、その際に不本意ながら善人だった老婆のも殺してしまい、苦悩するストーリー
その哲学的な内容から現代においても頻繁に創作の題材となったり、論述の引き合いに出されたりする。

難しい小説と思われがちだが、『刑事コロンボ』のように初めから犯人が分かっているタイプ推理小説的な面もあるので、較的読み易い部類に入る。分量は厚めの文庫本上下巻程度で少々長い。

罪と罰が由来となった作品

ドストエフスキー小説を原案にしたもの、翻案したもの、タイトルのみ借用したものなど、様々な作品が存在する。特に書名での引用については裁判や量刑などの刑事法制度や、広いレベルでの社会倫理に関わる問題をテーマにした作品が多い。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/26(日) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/26(日) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP