今注目のニュース
居酒屋で気持ち悪くなって「場ゲロ」、罰金1万円はちょっと高すぎないか?
「キン肉マン」作者・ゆでたまごが“初”ラジオパーソナリティに!嶋田隆司「58歳になった今叶うとは!」
ヒトと交流するために進化? オオカミにはないイヌの表情

刑事コロンボ単語

ケイジコロンボ

掲示板をみる(60)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

「刑事コロンボ」とは、アメリカ制作されたミステリードラマ映画であり、アメリカでは1962年日本では1972年に放映された番組である。

ああどうもコロンボ警部です 概要についてなんですがね

ああどうも、あたしゃコロンボ警部。

原題は「Columbo」。

当初は舞台劇であり、コロンボは脇役に近い存在だったが、個性的な役だったので、1962年に単発で放映された。後に1968年から1978年までに44本をNBCで、1989年から2003年まで24本(日本では「新刑事コロンボ」)をABCで放映された。

日本では1972年から1981年までNHKレギュラー放送され、新シリーズ日本テレビの「金曜ロードショー」でレギュラー放送された。2009年からは衛星ハイビジョンBS-hi)で2010年からはBS2で新シリーズも含めて放映された。

先に犯行シーンを写し、どう犯人に追い詰めるかという倒叙物と呼ばれる手法により、キャストにできた事と「うちのカミさんがね」などという画期的な吹き替え日本でも大人気の番組となった。DVD字幕版も見られるので較してみるのも面い。

あともうひとつ コロンボについて

演:ピーター・フォークPeter Michael Falk)
吹き替え:旧シリーズ小池朝雄 新シリーズ石田太郎 その他・銀河万丈

ロサンゼルス警に勤務する中年警部補。
よれよれのレインコート、安葉巻、ぼさぼさのという一見冴えない貌でチリコーヒーする一庶民的な人物。背で背が低く、上目遣いのような奇妙なつきが特徴。このつきは、演じているピーター・フォークが義眼を使用しているために生まれた偶然の産物。
血を見るのが何より苦手で、運動経もなくカナヅチであり、射撃の腕も素人同然という、およそ刑事らしくない欠点を多く持っており、射撃訓練をさぼって上から警告を受けたり、酔っ払って現場にやってくるなど、いい加減なところも多い。 

しかし、事件解決への執念は人一倍強く、一度疑いを持つと中々納得しない。
その操作スタイルは一言で言えば「虱つぶし」で、気になった点を片っ端から調べ上げていく。細なものでも記憶する優れた観察眼と記憶の持ちであるため、どんな事件であっても必ず何か糸口を掴む。
事件解決のためにわざわざ専門的な勉強も行う。

事情聴取を行うときに、「最後に1つ」「ああ、すみません後もう1つだけ」と異常にしつこくものをいてくるのが最大の特徴。特に、犯人だと疑った相手に対しては、揺さぶりも兼ねてしつこく食い下がる。

 

2011年5月23日に、演じていたピーター・フォークがお亡くなりになりました。

R.I.P.Columbo
R.I.P.Peter Falk

ああすいませんあともう一つだけ コロンボに関するあれこれ

うちのカミさんが関連動画好きでしてねえ

本当にあともう一つ 関連商品

ああじゃあ最後に 関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/18(火) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/18(火) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP