今注目のニュース
『水曜日のダウンタウン』東京の家賃に視聴者衝撃 「すごすぎ…」
エリア51急襲計画の影響か Twitter上にエイリアンネタが大量発生
京王線の運転見合わせ、ラッシュ直撃で悲鳴 首都大、明大など沿線大学は相次ぎ休講発表

GP2単語

ジーピーツー

掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

GP2とは、

曖昧さ回避 曖昧さ回避

概要

F3000選手権に代わるF1ドライバー育成の選手権として2005年に規定された。
2004年まで開催されたF3000選手権では、F1べてエンジンパワー特性に大きな差を生じるようになり、同選手権でチャンピオンを獲得しても、F1で大成できない事態になったためである。

そこでエンジンパワーF1に近い600のものを採用し、F1に近いものを開発することで、よりF1に昇格してもなじめるような配慮がなされることとなった。 

GP2シリーズ

GP2シリーズヨーロッパ各地を中心に開催され、一部のグランプリがF1グランプリと日程が重なっており、直にF1関係者へアピールする絶好のチャンスとなっていた。
特に、2005年チャンピオンニコ・ロズベルグ2016年F1チャンピオン2006年チャンピオンであるルイス・ハミルトンが3度のF1チャンピオンとなり、そのほか、ティモ・グロックニコ・ヒュルケンベルグ、パストール・マルドナド、ジョリオン・パーマー、ストフェルバンドーンといった歴代チャンピオンF1で活躍した。
日本人ドライバーでも、中嶋一貴小林可夢偉がGP2からF1へ昇格していた。

しかし2012年からはGP2チャンピオンからすぐにF1にステップアップできないという異常事態となった。
F1そのものの運営コストが高騰したことに加え、各チーム側でオファーするスポンサー限界が生じていることもあり、チャンピオンという実よりも、多くの個人スポンサーを持ち込むことが重要視されているためである。
そのために、チャンピオンほどの成績を出せなくても個人スポンサーの持ち込みでシートを獲得するドライバーが出ているのが現状である。
将来的に考えても、F1モータースポーツ最高峰と呼べるかも疑問がもたれる。 

2013年では、独自開催されるラウンドはなくなり、全なF1サポートレースとなった。

2017年からはレギレーションを引き継ぐ形で、FIA F2選手権と名称を変えて開催された。 

歴代チャンピオン(太字はF1参戦経験者)

GP2アジアシリーズ

GP2アジアシリーズ2007年アジアドライバーの育成のために設置され、各チーム最低でも一人アジアドライバーを起用することとなっていた。
レース開催は、GP2メインシリーズおよびF1の終了後となる11月から翌年4月までに行われる。一部はF1サポートレースとなった。

マシンはGP2メインシリーズで使われていた落ちの物(GP2は3年ごとにマシン更新を行う)を使い(2010年まで)、エンジンメインシリーズよりもパワーが落とされている。 

アジアシリーズでは、2008-2009年シーズン小林可夢偉日本人アジア一のチャンピオンを獲得している。

当初は東南アジア中東サーキットレースが行われていたが、リーマンショックによる世界的な気低迷によって2010年シーズンからは開催地が減し、2011年にはバーレーンでの反政府デモの影アブダビのみ(1レースイタリアのイモラで代替)の開催になってしまった。
そして2012年にはGP2シリーズに統合され、マレーシアバーレーン(2戦開催)、 シンガポールの4戦が組み込まれた。翌年は全にF1サポートレースとなり、アジア開催はマレーシアバーレーンシンガポールアブダビとなった。

歴代チャンピオン

マシン

GP2マシンワンメイク規定が採られ、シャーシ設計、製造はダラーラでグラウンドエフェクトカーの構造を持ち、エンジンルノー(実際の設計、製造はメカクローム)の4L V8自然吸気エンジンを採用し、最大600を出する。

シャーシは3年単位で新設計されて更新を行い、落ちとなった物はGP2アジアシリーズに使用される。しかし、3代となるGP2/11からは、アジアシリーズでも同時期に使われた。
2014年にはコスト削減のため、3年サイクルから6年サイクルに変更し、その代わりに2015年からはF1でも採用されているDRSを追加することとなった。 

Tips

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/19(金) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/19(金) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP