J-POP単語

ジェイポップ

1.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

J-POPとは、1990年代以降の日本ポップ音楽の総称として使われる言葉。東京FMラジオ局であるJ-WAVEによる造語が定着したものである。

概要

この言葉がったのは1990年代であり、それまでの日本歌謡曲とは一線を画す、洋楽ポップスと肩を並べたかのようなイメージを (実態はどうであれ) 作り出すことに成功した。J-POPと銘打たれたナンバーカラオケにおける公用語の地位に君臨し、新曲の更新い通信カラオケと共生することによって「消費財としての音楽」として発展してきた。この意味でのJ-POPの代名詞を挙げるとすれば、すなわち小室哲哉 (ないし小室ファミリー) とビーイングであろう。

現在では一般的に日本ポップ音楽のことをす。原意をめばおおむね90年代以降の日本ポップスに用いられるものだが、それ以前のいわゆる和製ポップスやニューミュージック等を含めた広く日本歌謡曲の別称として使うものもいる。

同様に「J-ROCK」などの言葉も作られたが「J-POP」のように浸透せず、現在では日本ロックヒップホップなどもJ-POPの一種に内包されるといった考え方が流となっている。

なお、いわゆるアニメソングのうち、J-POPを歌うアーティストアニメとのタイアップとして主題歌を歌うものは、当初からJ-POPとして扱われることもあったが (例、T.M.RevolutionL'Arc~en~CielCHEMISTRYなど) 、その他のアニソン (アニメ内容をモチーフにした主題歌キャラソン声優ソング電波ソング&c.) がJ-POPとして見られることは少なかった。

ただし、特に90年代後半からは内容的に90年代のJ-POPと変わらない楽曲が増加し (後述) 、両者の界は対層が限定的か否か程度のものであるといえる。近年ではアニソンをJ-POPの下位ジャンルとして分類する向きもある。また海外においては、流通している日本の大衆文化のほとんどがアニメということもあり、「J-POP = (日本で言う) アニソン」と思っている人もいる。

J-POPの音楽理論

音楽形態としては80年代ユーロビートを継承しており、それにロックジャズロマン音楽などの要素がクロスオーバーしている。イントロ-Aメロ-Bメロ-サビという展開やIV△7→V7→IIIm7→VImというコード進行ユーロビート由来といえる。

90年代後半以降のアニソンも楽曲的にはユーロビート下にあり (IV△7→V7→IIIm7→VImコード進行を使っているアニソンも少なくない)、楽曲によっては (J-POPの流れから現在に至る) 日本ポップミュージックよりも90年代の様相を色濃く残していることもある。

関連動画

関連コミュニティ

参考文献

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/25(日) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/25(日) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP