アニメソング単語

アニメソング

  • 18
  • 0
掲示板をみる(336)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(18)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

 アニメソングとは、アニメで使われる歌などをす。略して「アニソン」。

概要

アニメ内で使われているオープニングエンディング曲、および挿入歌やイメージソングす。

人によってアニソンの定義は異なり、特にタイアップ系の楽曲について、「これはアニソンではない」とする人も少なくない。しかしどの楽曲も少なからずレコード会社とのタイアップと言えなくはいわけで、「アニソンの定義とは何か」を以下の記事からめて考えてみても良いだろう。

分類

分類と言っても、音楽的なジャンルアニメとの関連性・歌手作曲の立ち位置など、様々な側面があるため、一口に分類できるものではない。あくまで下記は大まかなものである。

アニメソングのライブイベント、音楽祭(フェスティバル)

近年、多くのアニメソングイベント人気を博している。

以前までは特定アニメ作品のイベントに付随する形で開催される事がほとんどであり、レコード会社やレーベルを跨ぐ形の複数のアーティストによる形のイベントは僅かなものしかかった。
しかし、2005年に始まったドワンゴ文化放送催の「Animelo Summer Live(アニサマ)」が開催されて以降、アニメソングのフェスティバルが定着化するようになり、アニマックスブロードキャストジャパン催している「ANIMAX MUSIX」、更にはアニメソングの専門雑誌であるリスアニ!催している「リスアニ!LIVE」など、大規模なアニソンフェスが定期的に開催されるようになった。

中には不定期及び単発で開催されるものもあり、キングレコード催の「KING SUPER LIVE 2015」、アニソン専門レーベルランティス催の「ランティス祭り」のようなレコード会社が単独開催するものも増えて来ている。

また、クラブ会場など較的小さいライブハウスで、アニメソングをDJによるリミックスされた形でかけるダンスオタ芸イベント(一般的には「アニクラ」と言われている)なども有志によって開催されている。

なお一般的なロックフェスなどは複数形式のステージで行われることがほとんどであるが、アニソンのフェスは一つのステージのみで開催されることがほとんどである。

主なイベントの一覧(2016年現在、定期開催かつ集客力が大きい物のみ)

Animelo Summer Live

2005年から10年以上続き毎年に開催されている世界最大級のアニソンフェスである。いわゆるアニソンフェスにおける代表的な存在と言っても過言ではなく、アニソンフェスと言ったら?と聞くと「アニサマ」と答える人がほとんどであろう。
先述にもあるようにドワンゴ(正確には子会社株式会社MAGES.)と文化放送催しており、現在さいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード)で3日間開催され、のべ8万人以上を動員するほどの大きいイベントである。
ドワンゴ催しているが、ニコニコ動画内で活躍しているアーティストなどが呼ばれたりすることは現在ほとんどい。

詳しくは「アニサマ」の記事を参照。

ANIMAX MUSIX

スカパー!などで視聴可アニメ専門チャンネルである、アニマックスブロードキャストジャパン催しているアニソンフェス
毎年神奈川横浜アリーナ)で開催されており、最近ではにも大阪で開催されている。

リスアニ!LIVE

アニソン専門誌「リスアニ!」が催しているアニソンフェス。毎年に開催されている。

歴史

黎明期(60年代)

1963年産初のテレビアニメ・「鉄腕アトム」が放送された。この主題歌は「上高田少年合唱団」によるもので、メインとなる歌手はいない。この合唱団(や大人男声女声コーラスグループ、あるいはそれらの混合)によって歌われる主題歌は、アニメ実写問わず当時の子供向け作品においてはよく見られたが、次第に歌手メインボーカルに付随するコーラスとしてだけ起用されるようになり、80年代に入ると子供大人共にコーラスグループによる主題歌はほぼ見られなくなった。

アトム」以降も、「鉄人28号(1963)」「オバケのQ太郎(1965)」「魔法使いサリー(1966)」「ゲゲゲの鬼太郎(1968)」「巨人の星(1968)」「アタックNo1(1969)」と時代を経るに従って、次第に独自のアニソン文化を築きあげていくことになった。

明期の時代においてはそもそも「アニメを見て育った大人アニメファン」が存在しておらず、「アニメ子供(それも小学生以下の児童・幼児)のためのもの」という認識が当然とされていた。そのため、主題歌は基本的に子供を対とした、分かりやすく親しみやすい作品群であった。と言っても、当時の日本の歌謡シーン自体が親しみやすい楽曲を流としていたので、それほど一般の曲とかけ離れていたとも言えない。この時期でも「魔法使いサリー(1966)」のオープニングジャズを基調にしており、「もーれつア太郎(1969)」のように演歌調の曲をオープニングとする作品も見られた。また、60年代後半のグループ・サウンズブームからは後に多くの人気アニソンを手がける作曲(平尾昌晃馬飼野康二すぎやまこういち筒美京平芹澤明・井上大輔…)や歌手(成田剣町田義人…)を輩出している。

70年代

60年代のアニメ(に限らず、様々な番組)は特定企業一社提供が多く、製菓をはじめとした食品メーカー・製会社・メーカーなどがスポンサーにつくことが多かった。下って70年代になると、ヒーローの活躍を眼としたアニメは作中に登場するメカアイテムグッズとして販売するために玩具メーカースポンサーになることが増え、宣伝効果を狙って60年代以上に作品名や作中の固有名詞を歌詞に織り込むことが多くなった。そのため音楽評論家プロデューサー冨田1960~70年代を「タイトル叫ぶ期」と表現している。

1970年、「あしたのジョー」放送開始。それまでのアニソンの常識を覆すような泥臭い主題歌、そしてその作品内容は子供のみならず中高生・大学生以上にまでを与え、後々のアニメの方向性を示すものであった。その後も、日本音楽シーンの変化に合わせてロックフォーク調の曲が数多くリリースされていく。フジテレビ系の「世界名作劇場」(およびその生的な海外文学原作アニメ群)では、作品の舞台となる地域の民謡民族音楽を積極的に取り込む試みもあった。

1972年73年の「科学忍者隊ガッチャマン」「マジンガーZ」「キューティーハニー」の主題歌現在まで歌い継がれるほどの人気を誇る。コロムビアレコードを中心にリリースされたこれらの楽曲はアニソンのイメージを決定づけ、また水木一郎子門真人佐々木功(ささきいさお)・ヒデ夕樹堀江美都子大杉久美子…といった定番の歌手が(前川陽子水森亜土のように明期から活動している者も含め)多くのアニソン・特撮ソングを歌うことになった。

また作曲においては菊池俊輔渡辺宙明小林亜星渡辺岳夫…といった、TVと密接に関わりのある劇伴作曲者が主題歌も手がけることが、他の時代とべて多かった(宮内国郎山下毅雄のように、70年代より前から活動している劇伴・主題歌兼任の作曲もいたが)。日本歌謡曲においても、フォークロックを除けば少数の有名作が多くのヒット曲を生んでいた時代であり、アニソンにおいてもそれは同じことであった。その中でも、劇伴や他歌手に楽曲を提供しつつ、自らもシンガーソングライターとして主題歌を歌唱した山本正之の登場は特筆に値する。

1974年、「宇宙戦艦ヤマト」放送開始。この作品は多くの熱狂的なアニメファンを形成し、子供を対にしたアニメが一般だった時代に、中高生以上の年代にも見ごたえのあるアニメの需要を認識させることになり、第一次アニメブームへとつながっていく。

1979年には映画版「銀河鉄道999」で、ゴダイゴによる同名主題歌が大ヒットを記録。それまでのなアニソンとは異なる(と言うよりはゴダイゴそのものがアニメを抜きにしてヒットメーカーであった)雰囲気のこの楽曲は、アニソンの新しい形を示すことになった。

80年代

一部のアニソン歌手による、に男児向けでは「作中の固有名詞や活躍場面を連呼する」・女児向けでは「童謡や牧歌的、あるいはファンシーな雰囲気を持たせる」種類のアニソンは多くの人々にされた反面、アニメというもののイメージを固定化する側面もあった。

宇宙戦艦ヤマト」、続く「機動戦士ガンダム」のヒットによるアニメブームの中、もはやアニメは低年齢層のものだけではくなっていた(漫画の分野においては、劇画の盛も受けて少年誌においても作品内容の先鋭化が既に見られていた)。更に時代は下り、80年代バブル期には都会的なセンスが好むようになり、従来のアニソンは時代の流れ、そして高年齢層向け作品を中心にアニメの内容とも合わなくなっていった。

TVアニメ版「機動戦士ガンダム(一作・1979)」の主題歌・挿入歌は従来のアニソンの延長上にあったが、中高生を体とした熱狂的なファンの後押しを受けて80年代初頭に制作された映画版では、「砂の十字架」「哀戦士」「めぐりあい」といった、子供ではなく高年齢層に向けられた楽曲が映画を盛り上げた。さらに「機動戦士Zガンダム(1985)」では、全No.1を記録した大物歌手ニール・セダカが楽曲を提供(「Ζ・刻を越えて」、ただし原曲に対するカバー)、話題となった。ちなみに、女性が歌うとは聞いていなかったニール・セダカは完成した歌を聞いて愕然とし、後期OP曲「水の星へ愛をこめて」は最初から女性の歌唱を想定して作曲している。

キャッツ・アイ(1983)」では有名歌手里を起用。(歌詞に「キャッツ・アイ」の名は登場するが)テレビアニメ初のタイアップともいわれるこの曲は、原作漫画80年代らしい都会的な作品観にマッチし、大ヒットを記録。同じ原作者による「シティーハンター(1987)」ではその傾向にさらに拍がかかり、TM NETWORKといったアーティストたちが多くの楽曲を提供した(これらの楽曲が、あらかじめ「シティーハンター」という作品を意識して作られたかは不明。ただし、初代オープニングの曲名は『City Hunter愛よ消えないで〜』である)。

80年代最大のヒット作の一つと言えるアニメタッチ(1985)」では、レコード会社側のプロモーションのために新人歌手を起用する予定だったが、監督杉井ギサブローの反対により「タッチ」の世界観を表せる実のある歌手として、岩崎良美が起用された。その後のヒットは言うまでもいだろう。

中高生を意識したアニメでは上記のようなタイアップ傾向が強く見られたが、「キン肉マン」「ドラゴンボール」「トランスフォーマーシリーズ」など、少年層を対にした作品ではそのアニメのためだけに作られた楽曲が多かった。6070年代のアニソンとべると、かつての有名アニソン歌手が歌うことは較的少なくなったことが大きな違いと言える。それでも、串田アキラ宮内タカユキMIO影山ヒロノブ…といった、その後長きに渡って活躍することになる歌手もこの時期に登場している。

そのアニメのために作られた楽曲にしても、直接的にアニメを描写したような歌詞は減少していった。例えば、富野由悠季監督井荻麟名義で「聖戦士ダンバイン」までは作品内容と直接関連のある詞を書いていたが、「重戦機エルガイム」以降(「スターライト・シャワー」「一千万年銀河」など)は、より抽的に作品世界を表したものにシフトしていった。また、一連の魔法少女ものや名作アニメ、その他の作品でも「夢」「」「冒険」など、別の作品でも通用する抽的な表現で物語を描いた詞が多くなった。

1980年代後半は、フジテレビ系で「おニャン子クラブ」のメンバーユニットによる(バラエティ番組「夕焼けニャンニャン」との)タイアップ曲が多く発表された。作曲であり出来も悪いものではなかったが、メンバーの歌唱については今でもネタにされたりしている。それら以外に「超時空要塞マクロス」「ぴえろ魔女っ子シリーズ」「メガゾーン23」を中心に、当時の現役アイドル主題歌や挿入歌を唄う(時には声優としてメインキャラクター役を演じる)パターンも増えていった。またジャニーズ事務所をはじめとした、男性アイドルによるアニソンへの本格参入もこの時期に始まり、後のテレビ東京系女児向けアニメや「忍たま乱太郎」の主題歌群につながっていく。

80年代のアニメソングを総括すると、そのアニメのためだけに作られた楽曲よりも、時代の流行や雰囲気を感じさせる楽曲が流になっていく時期であった。歌詞も抽的なラブソングなど、作品内容とは直接関わりのいものが多くを占めるようになる。しかしながら歌手を売り出すためのタイアップでも作曲は実績のある外部のプロによるものが多く大まかな作品傾向は捉えた楽曲がほとんどであったこともあり、作品自体が対年齢層や雰囲気的に旧来のアニソンにはそぐわない作品(青年向けコミックノベルアニメ化も常態になっていた)が多かったことを差し引いても、(否定的な見解を示すファンもいるが)それらの人気70年代までのアニソンとべて決して劣るものではかったと言える。

80年代末期~90年代中期

1990年代前半の音楽シーンは、サビのキャッチーさが何よりの特徴として挙げられる。その90年代前半のJ-POPの代表格と言えるビーイングアーティストは、あえて戦略的にテレビ音楽番組に出ることを避け、代わりにドラマアニメでのタイアップを行うことで大きく曲の売上を伸ばした。音楽的には、キャッチーボーカルメロディラインロック色の強いバンド演奏(ハードロックのバッキング速弾きが多い)が特徴である。ただし中心人物である織田哲郎については「ちびまる子ちゃん」の「ゆめいっぱい」「おどるポンポコリン」、「クレヨンしんちゃん」の「動物園は大変だ」など幅広い作の楽曲を手掛けている。上記の傾向から富田8090年代して「J-POP流入期」と表している。

また日本音楽シーンにおいては、裏方のプロ作詞作曲が歌を作る時代から、自身やメンバー作詞作曲を手がけるロックバンドシンガーソングライダーが以前にも増して多くなった時代であった。アニソンで自ら作詞作曲をした歌手としては「機動戦士ガンダム0080」の椎名恵・「幽☆遊☆白書」の馬渡松子高橋ひろ・「魔法陣グルグル」の奥井亜紀・「忍空」の鈴木結女などが挙げられる。それらは確かにアニメソングらしい楽曲とは異なるが、ビーイング系のような売れ線の音楽とも違う独特の世界観は、そのアニメと密接に結びつき高い人気を誇った。

この時期、そのアニメのために作られた(アニメソングらしい)楽曲を挙げると、「美少女戦士セーラームーン」の「ムーンライト伝説」・「きんぎょ注意報!」の「わぴこ元気予報」・「炎の闘球児ドッジ弾」の「炎のゴー・ファイト」・「勇者シリーズ」の各主題歌・挿入歌などがある。80年代から継続して「それいけ!アンパンマン」や藤子・F・不二雄作品など児童向けアニメも放送され、山野さと子やドリーミングといった歌手による童謡の楽曲も一定数リリースされていた。一時はアイドル歌手による主題歌の多かった「世界名作劇場」もその方向性を転換、「ロミオの青い空」の「へ…」といった人気曲も生まれた。

全体としてはタイアップから非タイアップまで、幅広いアプローチでアニソンが作られている。音楽的にはメロディラインを重視した作が中心であった。また一部を除いて音楽番組などで露出の多い歌手は少なく、仮にタイアップでもファンはアニソンを歌うアーティストの顔を知らないことが普通だった。そのため現在のアニソンの二極化と較すると、タイアップと非タイアップによる差は少なく、全体的には中間的な雰囲気であったとも言えるだろう。

90年代後期

1995年の「新世紀エヴァンゲリオン」を中心するテレビ東京系アニメヒットから、平成アニメブームが到来。また小室哲哉ブームの余波もあり、1996年辺りからアニメソングにおいても打ち込みテクノエイベックス系楽曲が多く見られるようになった。

世界名作劇場」の終了や藤子・F・不二雄の死去などの出来事があった子供向けアニメ分野では、アニメ版「ポケットモンスター」の「めざせポケモンマスター」「ポケモン言えるかな?」が大ヒットノリのいいポップス的な曲が増えた反面、それとは逆に童謡の楽曲はこの時期から更に減少。児童向けアニソンにおいては大きな転機となった。

前述した「新世紀エヴァンゲリオン」の「残酷な天使のテーゼ」・「魔法騎士レイアース」の「ゆずれない願い」などもヒットタイアップによる売上のめて認知され、エイベックスGIZA(前ビーイング)、ソニーミュージックなど大手レコード会社が直接スポンサーとしてアニメ制作に携わるようになる。

その中で声優人気も上昇し、特に林原めぐみは一般アーティストミリオンセラーが跋扈する90年代のチャートにおいて「スレイヤーズNEXT」の「Give a reason」がトップ10入りするなどヒット曲を量産。自身が役やメインキャラを演じるアニメで多くの主題歌作詞・歌唱。その他では、声優アーティスト活動を並行して行う(一時期は後者重を置いていた向きもある)椎名へきる人気を集めていたが、「アニソン歌手」としての知名度であったとは言いがたい。

また「カウボーイビバップ(1998)」では、キャッチーさがめられがちだったアニソンのイメージを一新。このような楽曲傾向は特にコアアニメファンに受け入れられ、キャッチーさよりアーティスト性を全面に出した現在タイアップ曲が受け入れやすくなる素地にもなったと思われる。また、作曲菅野よう子はこの作品でアニメファンへの知名度が上がり、この後も多くのアニソンや劇伴、声優への楽曲提供を行っていく。

上記の理由から、1996年前後では楽曲傾向や雰囲気が一変し、現在までのアニメソングの流れを作ることになった。歌詞的には、そのアニメのために作られていたり出演声優が歌唱する曲であっても、ヤングアダルト層をターゲットにしたアニメでは作品固有の設定を強調したものはやはり以前同様に少数であった。

00年代

少子化などのにより、ファンマニアではない一般層のアニメ視聴率が大きく低迷。それとは逆に、エヴァンゲリオンを皮切りにしたアニメ人気で育ったオタク層が急に増加し、アニメ業界は2000年前後から新たなビジネスモデルを模索することになる。傾向として、この頃から玩具・製菓会社ではなく、レコード会社が番組制作スポンサーになることが立つようになってきた。

2000年以降のアニソンをおおまかに分類すると、

…のようになると思われるが、いずれにしても曲の売上(需要)がかなり重視されるようになった。非タイアップ系といわれる楽曲でも、レコード会社によるCMが毎回のように流れることは少なくない。これはアニメの収益モデルにおいて、アニソンが重要な要素を占めていることを表していると言えるだろう(そのためNHKのアニソンの選考基準については、民放のそれらとは少し違った傾向を見せる)。

前述の林原めぐみを鏑矢とした声優アーティスト盛が更に立った年代でもある。これは上述のスポンサーにより、アニメソングを歌う声優ライブ業にも注されるようになった結果であろう。特に水樹奈々はこの時期に大ブレイク。自ら作詞も手掛ける他、活発なライブ活動を展開し、2009年にはついに声優ソロ名義のアルバムで初めてオリコンチャート週間1位を獲得、同年末にはこれも声優として初めて紅白歌合戦にも出場した。その他では、メイン声優の歌唱による「らき☆すた」の「もってけ!セーラーふく」や「涼宮ハルヒシリーズ」の各主題歌人気を獲得。主題歌以外にも、作品の対年齢層を問わず声優が自らの演じるキャラクターの心情などを歌うキャラクターソング(キャラソン)も盛んになっている(歌詞においても、抽的なイメージより作中の設定や展開を前提にした内容も多くなった)。

タイアップ系については、以前よりアニメの内容を理解したうえで作詞作曲するアーティストが増えていると言われる。ただし、そもそもアーティストとしての楽曲の世界観が確立されているバンド(あくまでそのアーティストの固定ファンにも支持される楽曲でなければならない)などによる制作が多く、以前とべて自身のアーティスト性を強く押し出した楽曲が非常に多くなった(「名探偵コナン」の歴代主題歌など)。歌手タイアップでも外部の作詞作曲によって作られていた80年代べ、どちらがアニメに合っているかは意見が分かれるところだろう。

タイアップ系については、8090年代の楽曲よりも、アニソンとしての個性が強いものが増えた(上記の萌え系、燃え系)。番組の放送時間帯が(子供向け)と深夜(マニアヤングアダルト向け)に二極化して以降も、深夜アニメ主題歌で作品のテーマストーリーストレートに盛り込んだ歌詞も復権の兆しを見せている(「武装錬金」の「真っ赤な誓い」など)。

00年代の特徴として、Mステに出演するようなアーティストによる曲(アーティスト性が前面に出された曲)と、強くアニメファンを意識したアニソン(アニメソングであることが前面に出された曲)に二極化したことが挙げられる。90年代(末期除く)の、中間的な立場のアーティストによる楽曲が多かった時期からは確実に変容したと言える。

10年代

00年代と大きくは変わらないが、ニコニコ動画などネット出身の歌い手がアニソンを担当することが見られるようになった。

前述の水樹奈々2010年シングルでもオリコン週間1位を獲得。2011年声優として初の東京ドーム演を成功(2016年にも開催)させ、2013年には「fripSide」もシングル週間1位を獲得した。2014年までに6回連続の紅白歌合戦出場を果たし、2016年には声優としてはもちろん、女性かつソロアーティストとして初の阪神甲子園球場でのライブを成功させるなど、その地位を不動のものとする。2016年にはNYケーブルテレビ局が制作するMTV Unpluggedにも出演。声優活動はもちろん、アニメ主題歌オリジナル楽曲にまたがった活躍を見せている。

2012年には「戦姫絶唱シンフォギア」という「歌(=キャラソン)を作品の中心に置く」アニメが登場。「歌」を前面に押し出した作品としては前述のとおり「マクロスシリーズ」や「ぴえろ魔女っ子シリーズ」もかつて存在したが、本作ではアニソン作家上松範康が自ら(金子彰史と共に)原作を務め、アフレコ現場でキャストが劇中歌を収録するという更に深化したスタイル話題を呼び、本作は5期まで続く(アニソン的に)傑作となった。放送後に行われるライブも毎回大盛況である。

また、2013年辺りから「職業としてのアイドル歌手」をテーマにしたアニメゲームも盛んになった。それにつれて、アニメ内におけるアイドルの担当声優が、実際にステージで歌い踊る時代が到来。μ's(「ラブライブ!」)・THE IDOLM@STER(シリーズ)・ST☆RISH(「うたの☆プリンスさまっ♪」)はじめ、この分野の老舗であるリン・ミンメイの伝統を受け継ぐWake Up,Girls!ワルキューレ(「マクロスΔ」)などが人気を集めていった。2015年にはμ's水樹奈々に続き、紅白出場を成し遂げている。

LiSA藍井エイルMay'n黒崎真音鈴木このみ…など一部女性アニソンアーティスト人気を得た。LiSA2019年紅白出場を果たしている。
上記のLiSAもそうだが、FLOWGRANRODEOOLDCODEX…といったロックに精通するアーティストとのタイアップも増え、アニソンとロックが更に密接になった印が感じられる。

また、「這いよれ!ニャル子さん」の「太陽曰く燃えよカオス((」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!)」や、「がっこうぐらし!」の「ふ・れ・ん・ど・し・た・い(死体から~)」など、独特のキャッチフレーズを持つ曲も増えている(これらは、昭和アニソンからの「特定フレーズ連呼」の流れを引く要素にも思える)。アニソンの2010年代富田は「成熟&カオス期」とした。

レコード会社の活動もより活発に。キングレコードでは「KING SUPER LIVE」を成功させるなど、かつての「スターチャイルドレーベル以来、社内でのアニソンの存在感も確実に大きくなったと言えるだろう(一方で、80年代から長らく日本のアニソンシーンの一を担って来たスターチャイルドが、キングレコードの組織編に伴いレーベルとして消滅するなど、アニソンを取り巻く環境も大きな変化をみせる年代にもなった)。

20年代

ついに2020年代突入だよ!加筆しといてね!

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 334削除しました

    削除しました ID: tTiKbCTTa+

    削除しました

  • 335削除しました

    削除しました ID: 0GitOi//N2

    削除しました

  • 336削除しました

    削除しました ID: tTiKbCTTa+

    削除しました

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/21(水) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/21(水) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP