今注目のニュース
『テンション上がる晩ご飯』というリクエストで出した晩ご飯が天才過ぎると話題に
電車で席を譲られたら座らないとダメなの? 席をめぐる疑問とは
ジョー、西成ロケで酔っぱらい同士のケンカに遭遇 「アカンでお父さん!」

アニメソング単語

アニメソング

  • 15
  • 0
掲示板をみる(311)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(15)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

 アニメソングとは、アニメで使われる歌などをす。略して「アニソン」。

概要

アニメ内で使われているオープニングエンディング曲、および挿入歌をす。

人によってアニソンの定義は異なり、特にタイアップ系の楽曲について、これはアニソンではないとする人も少なくない。しかしどの楽曲も少なからずレコード会社とのタイアップといえなくはないわけで、アニソンの定義とは何か、を以下の記事からめて考えてみてもいいだろう。

分類

分類といっても、音楽的なジャンルアニメとの関連性、歌手作曲の立ち位置など、様々な側面から分類できるため、一口に分類できるものではない。あくまで下記のものはおおまかなものである。

アニメソングのライブイベント、音楽祭(フェスティバル)

近年、多くのアニメソングイベント人気を博している。

以前までは特定アニメ作品のイベントに付随する形で開催される事がほとんどであり、レコード会社やレーベルを跨ぐ形の複数のアーティストによる形のイベントは僅かなものしかなかった。
しかし、2005年に始まったドワンゴ文化放送催のAnimelo Summer Liveアニサマ)が開催されて以降、アニメソングのフェスティバルが定着化するようになり、アニマックスブロードキャストジャパン催しているANIMAX MUSIX、さらにはアニメソングの専門雑誌であるリスアニ!催しているリスアニ!LIVEなど大規模なアニソンフェスが定期的に開催されるようになった。

中には不定期及び単発で開催されるものもあり、キングレコード催のKING SUPER LIVE 2015、アニソン専門レーベルランティス催のランティス祭りのようなレコード会社が単独開催するものも増えてきている。

また、クラブ会場など較的小さいライブハウスでアニメソングをDJによるリミックスした形でかけるダンスオタ芸イベント(一般的には「アニクラ」と言われている)なども有志によって開催されている。

なお一般的なロックフェスなどは複数形式のステージで行われることがどであるが、アニソンのフェスは一つのステージのみで開催されことがほとんどである。

主なイベントの一覧(2016年現在、定期開催かつ集客力が大きい物のみ)

Animelo Summer Live

2005年から10年以上続き毎年に開催されている世界最大級のアニソンフェスである。いわゆるアニソンフェスにおける代表的な存在と言っても過言ではなく、アニソンフェスと言ったら?と聞くと「アニサマ」と答える人がどであろう。
先述にもあるようにドワンゴ(正確には子会社株式会社MAGES.)と文化放送催しており。現在さいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード)で3日間開催され述べ8万人以上を動員する程の大きいイベントである。
ドワンゴ催しているがニコニコ動画内で活躍しているアーティストなどが呼ばれたりすることは現在どない。

詳しくは「アニサマ」の記事を参照。

ANIMAX MUSIX

スカパー!などで視聴可アニメ専門チャンネルであるアニマックスブロードキャストジャパン催しているアニソンフェス。
毎年神奈川横浜アリーナ)で開催されており、最近ではにも大阪で開催されている。

リスアニ!LIVE

アニソン専門誌「リスアニ!」が催しているアニソンフェス。毎年に開催されている。

歴史

黎明期(60年代)

1963年産初のテレビアニメ鉄腕アトムが放送される。この主題歌少年合唱団によるもので、メインとなる歌手はいない。この合唱団によって歌われる主題歌というのは、ウルトラマンなど当時の子供向け作品においてはよく見られるが、次第にコーラスとしてだけ使われるようになり、80年代になるころには姿を消した。

明期の時代においてはアニメを見て育った大人アニメファンが存在しておらず、アニメ子供(それも小学生以下の児童)のためのものという認識が当然であった。そのため、主題歌は基本的に子供を対としたわかりやすく親しみやすいものであった。といっても日本の歌謡シーン自体が親しみやすい楽曲を流としていたので、それほど一般の曲とかけ離れていたともいえない。もーれつア太郎(1969)のように演歌主題歌とするものもあった。

オバケのQ太郎(1965)、魔法使いサリー(1966)、ゲゲゲの鬼太郎(1968)、巨人の星(1968)、アタックNo1(1969)と時代を経るに至って、次第に独自のアニソン文化を築きあげていくこととなった。

70年代

1970年あしたのジョーが放送開始。それまでのアニソンの常識を覆すような泥臭い主題歌、そしてその内容は子供のみならず中高生、大学生以上にまで影を与え、後々のアニメの方向性を示すものであった。

1972年73年の科学忍者隊ガッチャマンマジンガーZキューティーハニー主題歌現在まで歌い継がれるほどの人気を誇る。これらの楽曲はアニソンのイメージを決定づけ、また水木一郎子門真人佐々木功堀江美都子大杉久美子といった定番歌手が多くのアニソンを歌うことになった。

また作曲においては菊池俊輔渡辺宙明小林亜星といったTVと密接に関わりのある劇伴作曲によるものが他の時代とべて多い。日本の歌謡シーンにおいても少ない人数の有名作が多くのヒット曲を作っていた時代であり、アニソンについてもそれは同じことであった。

1974年宇宙戦艦ヤマトの放送開始。この作品は多くの熱狂的なアニメファンを形成することになり、児童を対にしたアニメが当然だった時代に、中高生以上にも見ごたえのあるアニメの需要を認識させることとなり、第一次アニメブームへとつながっていく。

80年代

一部のアニソン歌手作曲によるタイトルを連呼するようなタイプのアニソンは、多くの人にされた反面、アニメというもののイメージを固定化するものでもあった。

宇宙戦艦ヤマト機動戦士ガンダムヒットによる第一次アニメブームの時代のなか、もはやアニメは児童のためのものだけではなくなった。さらに時代は80年代バブル期の都会的なセンスを好むようになり、従来のアニソンは少しずつ時代の流れ、そしてアニメの内容とも合わなくなっていった。

TVアニメ放映時の機動戦士ガンダム主題歌エンディングテーマは従来のアニソンの延長上にあるものであったが、中高生を中心とした熱狂的なファンの後押しを受けて制作された映画版では、「砂の十字架」「哀戦士」「めぐりあい」といった児童向けではない、大人の鑑賞に耐えうる楽曲が映画を盛り上げた。さらに1985年機動戦士Zガンダムでは、全No.1を記録した大物歌手ニール・セダカが楽曲を提供し(「Ζ・刻を越えて」、カバー曲)、大きな話題となった。ちなみに、女性が歌うと聞いていなかったニール・セダカは完成した歌を聞いて愕然とし、後期OP曲「水の星へ愛をこめて」は最初から女性向けとして作曲した。

1979年映画銀河鉄道999」のゴダイゴによる主題歌は大ヒットを記録。それまでのアニソンとは違う、おしゃれで一般の歌謡曲べても遜色ない(というかゴダイゴそのものがアニメを抜きにしてヒットメーカーであった)この楽曲は、アニソンの新しい形を示すことになった。

1983年キャッツ・アイでは有名歌手里を起用。テレビアニメ初のタイアップともいわれるこの曲は、原作80年代らしい都会的な作品観にマッチし、大ヒットを記録。同じ原作者によるアニメシティーハンターではその傾向にさらに拍がかかり、TM NETWORKといったアーティストたちが多くの楽曲を提供した(これらの楽曲がシティーハンターという作品を意識して作られたものかは不明である)。

1985年80年代最大のヒット作といえるアニメタッチでは、レコード会社側がプロモーションのため、新人歌手を起用する予定だったが監督杉井ギサブローの反対により、タッチ世界観を表せる実のある歌手として岩崎良美が起用された。その後のヒットはいうまでもないだろう。

中高生を意識したアニメでは以上のようなタイアップ傾向が強くみられたが、キン肉マンドラゴンボールなど少年を対にした作品ではそのアニメのためだけに作られた主題歌が多かった。70年代のアニソンとべるとかつての有名アニソン歌手が歌うことは少なくなったことが大きな違いといえる。

アニメのために作られた主題歌にしても、直接的にアニメを描写したような歌詞の楽曲は減少した。富野由悠季監督井荻麟名義でダンバインまではアニメと直接関連のある詞を書いていたが、エルガイム以降「スターライトシャワー」や「一千万年銀河」とより抽的にアニメ世界を描いた詞を書くようになった。その他のアニメでも、夢や冒険など別のアニメでも通用するような抽的な表現でアニメ世界を書いた詞が多くなった。

1980年代後半は、おニャン子クラブメンバーユニットによるタイアップ曲が多く見られた。作曲であり悪いものではなかったが、その歌唱については今でもネタにされたりすることがある。

80年代のアニメソングを総括すると、そのアニメのためだけに作られた楽曲よりも、時代の流行や雰囲気を感じさせる楽曲が流であった。歌詞も抽的なラブソングなどアニメとは直接関わりのいものが多くを占めた。しかしながら歌手タイアップでも作曲は実績のある外部のプロによるものが多く、おおまかな作品の傾向は捉えた楽曲がほとんどであったことや、作品自体が旧来のアニソンではそぐわない雰囲気のものが多かったため、否定的な見方をするファンもいるがその人気70年代までのアニソンとべて決して劣るものではなかった。

80年代末期~90年代中期

1990年代前半の音楽シーンは、サビのキャッチーさが何よりの特徴として挙げられる。その90年代前半のJ-POPの代表格といえるビーイングアーティストは、あえて戦略的にテレビ音楽番組には出ることを避け、ドラマアニメでのタイアップをすることで大きく売上を伸ばした。音楽的には、キャッチーボーカルメロディラインロック色の強いバンド演奏(ハードロックのバッキング速弾きが多い)が特徴である。ただし中心人物である織田哲郎については、ちびまる子ちゃんの「ゆめいっぱい」「おどるポンポコリン」、クレヨンしんちゃんの「動物園は大変だ」など幅広い楽曲を手掛けた。

また、日本音楽シーンにおいて、裏方のプロ作曲が曲を作る時代から、自分で作詞作曲をするロックバンドシンガーソングライダーが増えた時代であった。自ら作詞作曲をした歌手としてはガンダム0080椎名恵幽☆遊☆白書馬渡松子高橋ひろ魔法陣グルグル奥井亜紀忍空鈴木結女などが挙げられる。アニメソングらしいアニメソングとは違うが、ビーイング系のような売れ線の音楽とも違う独特の世界観はそのアニメと密接に結びつき高い人気を誇った。

アニメのために作られたアニメソングらしい楽曲を挙げると、ムーンライト伝説美少女戦士セーラームーン)、わぴこ元気予報(きんぎょ注意報!)、炎のゴーファイト(ドッジ弾)などがある。アンパンマン子F不二雄作品など児童向けアニメも数多く作られ、山野さと子やドリーミングといった歌手による童謡の楽曲もあった。一時アイドル歌手による主題歌の多かった世界名作劇場だがその方向性を変更、ロミオの青い空の「へ」といった人気曲が生まれた。

全体としてはタイアップから非タイアップまで、幅の広い立場からアニメソングが作られた。音楽的にはメロディラインを重視した歌モノが中心である。また一部を除いて音楽番組などの露出の多い歌手は少なく、仮にタイアップでもアニメソングを歌うアーティストの顔を知らないことが普通だった。そのため現在のアニソンの二極化と較すると、タイアップと非タイアップによる差は少なく中間的であったといえるだろう。

90年代後期

1995年エヴァンゲリオンを中心とするテレビ東京系アニメヒットから、第二次アニメブームが到来。また、小室哲哉ブームの余波から1996年あたりからアニメソングにおいても打ち込みテクノエイベックス系の楽曲が多く見られるようになった。

世界名作劇場の終了や子F不二雄の死去といった出来事のあった児童アニメでは、アニメポケットモンスターの「めざせポケモンマスター」「ポケモン言えるかな」が大ヒットノリのいいポップ性の強い曲が増えた反面、それとは逆に童謡の親しみやすい楽曲はこのころから減少。児童向けアニソンにおいて大きな転機となった。

残酷な天使のテーゼ」「ゆずれない願い」といった楽曲が大ヒットタイアップによる売上の影が認知され、エイベックスGIZA(前ビーイング)、ソニーミュージックなど大手レコード会社がアニメに直接スポンサーとして携わるようになる。

二次アニメブームの中声優人気も上昇し、特に林原めぐみヒット曲を量産。自身が役を務めるアニメでは多くの主題歌を歌った。

また1998年カウボーイビバップでは、キャッチーさがめられがちだったアニソンのイメージを一新。このような楽曲傾向は特にコアアニメファンに受け入れられ、キャッチーさよりアーティスト性を全面に出した現在タイアップ曲が受け入れやすくなる素地ともなったかもしれない。

上記の理由から、1996年前後ではアニメソングの楽曲傾向や雰囲気が一変し、現在までのアニメソングの流れを作ることになった。

00年代

少子化などの影による一般層のアニメの視聴率が大きく低迷。それとは逆にエヴァンゲリオンを中心とした第二次アニメブームで育ったオタク層が急に増加し、アニメ業界は2000年前後から新たなビジネスモデルを模索することになる。

2000年以降のアニメは、レコード会社がスポンサーとなっていることが非常に多い。00年以降のアニソンを分類すると、

におおまかに分類されると思われるが、いずれにしても売上(需要)がかなり重視されている。非タイアップ系といわれる楽曲でも、レコード会社によるCMが毎回のように流れることは少なくない。これはアニメの収益モデルにおいて、アニソンが重要な要素を占めていることを表しているといえるだろう(そのためNHKのアニメソングの選考基準については民放のアニメソングとは少し違った傾向を見せる)。
また、この年代の中頃から水樹奈々が大ブレイク。活発なライブ活動を展開し、2009年にはついに声優ソロ名義のアルバムで初めてオリコンチャート週間1位を獲得、同年末にはこれも声優として初めて紅白歌合戦にも出場した。

タイアップ系については、以前よりアニメの内容を理解したうえで作詞作曲するアーティストが増えているといわれる。ただし、そもそもアーティストとしての楽曲の世界観が確立されているバンド(あくまでそのアーティストの固定ファンにも支持される楽曲でなければならない)などによる作詞作曲による場合が多く、以前とべて自身のアーティスト性を強く押し出した楽曲が非常に多くなった。歌手タイアップでも外部の作詞作曲によって作られていた80年代べてどちらがアニメに合っているかは意見が分かれるところだろう。

タイアップ系については、8090年代までの楽曲よりも、アニソンとしての個性が強いものが増えた(上記の萌え系、燃え系)。

00年代の特徴として、Mステに出演するようなアーティストによる曲(アーティスト性が前面に出された曲)と、強くアニメファンを意識したアニソン(アニメソングであることが前面に出された曲)に二極化したことが挙げられる。90年代(末期除く)の、中間的なアーティストによる楽曲が多数を占めた時代とは対照的といえるだろう。

10年代以降

00年代と大きくは変わらないが、ニコニコ動画の出身の歌い手主題歌を務めることがままある。

前述の水樹奈々2010年シングルでもオリコン週間1位を獲得。2011年声優として初の東京ドーム演を成功させ(2016年にも開催)、2014年まで6回連続の紅白出場を果たすなどその地位を不動の物とする。2013年にはfripSideシングル週間1位を獲得した。

2012年には「戦姫絶唱シンフォギア」という「歌(=キャラソン)を作品の中心におく」アニメが登場。アニソン作家上松範康が自ら(金子彰史と共に)原作を務め、アフレコ現場でキャストが劇中歌を収録するスタイル話題を呼び、本作は5期まで続く(アニソン的に)傑作アニメとなった。放送後に行われるライブも毎回大盛況である。

また、2013年くらいからアイドルアニメが盛んになる。それにつれて、アニメ内部のアイドルCV担当声優が、実際にステージで歌い踊る次代が到来。「μ's」(ラブライブ!)、「THE IDOLM@STER」、「ST☆RISH」(うたの☆プリンスさまっ♪)を筆頭に「Wake Up,Girls!」「ワルキューレ」(マクロスΔ)などが人気を集めていった。

LiSA」、「藍井エイル」、「May'n」、「黒崎真音」、「鈴木このみ」など一部女性アニソンアーティスト人気
上記「LiSA」もそうだが、「FLOW」、「GRANRODEO」、「OLDCODEX」といったロックに精通するアーティストタイアップも増え、アニソンとロックが密接になった印が持てる。

また、「太陽曰く燃えよカオス((」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!)」や、「ふ・れ・ん・ど・し・た・い(死体から~)」等の、キャッチフレーズのある曲も増えつつある。

レコード会社の活動も活発に。キングレコードが「KING SUPER LIVE」を成功させるなど、社内でのアニソンの存在感も確実に大きくなったと言えるだろう。一方で、80年代から長く日本のアニソンを支えてきたスターチャイルドが、キングレコードの組織編に伴いレーベルとして消滅するなど、アニソンを取り巻く環境も大きな変化をみせる年代ともなった。

まだ2018年だよ!加筆しといてね!

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/20(日) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/20(日) 20:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP