今注目のニュース
山本彩、「壁一面に…」自宅の様子語る
何されるか分からん 千原ジュニア、自宅前でタバコをポイ捨てしたタクシー運転手に怒り心頭
納車まで2年かかったモデルも! 人気ゆえか別の理由か「納期が長くて話題になったクルマ」5台のその後

StarCraft単語

スタークラフト

掲示板をみる(26)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

StarCraft とは、ブリザード・エンターテインメント社(Blizzard Entertainment)の制作したRTSゲームである。

概要

1998年3月ブリザード・エンターテインメント社が発売したRTSゲームで、Windows用、Mac用、NINTENDO64用(日本未発売)で展開された。
シングルモード用のシナリオと各種族にユニットを追加する拡版「StarCraft:Brood War」がWindows用、Mac用として1998年11月リリースされている。現在はこの拡版Brood Warを加えた状態で遊ばれるのが一般的である。

TerranProtossZergという3種族からいずれかを選択し互いの存亡をかけて戦うゲームである。種族ごとに生態系・発展体系・ユニットがまったく異なるが、全体的には強さのバランスが絶妙に調整されていると高く評価されている。

世界で最も多く売れたRTSゲームタイトルとして2009年06月ギネス認定されている。海外、特に韓国での人気が非常に高く、全世界で売られた1100万本のうち半数近くが韓国での売り上げであると言われている。

ニコニコ動画での扱い

ニコニコ動画では他のゲームタイトル同様にプレイ動画投稿があるが、韓国プロリーグ動画などのStarCraft関連動画日本語字幕を付けたものなども見られる。

2010年8月21日WCG2010のStarCraft日本予選が運営生放送により配信された。

配信結果はのべ来場者数26705人、総コメント数66945コメントとなっている。
最初に行われた運営アンケートによるとStarCraftのプレイ経験のある人は2割ほどで、多くが未経験や初見であった。

なぜ日本で流行らなかったのか

StarCraftは海外においては評価も人気も上々だが、日本においてはさっぱり人気のない状態となった。
これには以下のような複数の要因があるとみられる。

最後の項について補足しておく。

ブリザード社運営している対戦環境であるBattle.netごとにチャットチャンネルが分けられているが、日本チャットチャンネル上では韓国人プレイヤーからのゲームとは関係のない嫌がらせの荒らしが慢性的に行われていて、まともに会話が出来ない状態になっていた。
もちろん韓国人プレイヤーが皆荒らしていたというわけではない。しかし前記したようにStarCraftは韓国での絶大な人気があったので、ごく少ない割合の韓国人プレイヤー荒らしであっても結果的にかなりの人数となってしまい、元々そう多くもない日本チャットチャンネルはそういった悪質プレイヤーターゲットにされ続けた。
そんな嫌がらせを敬遠した日本人プレイヤーBattle.netを避け、FSGS(Free Standard Game Server)を使用して個人によって立てられ運営されるGenesisやHeavenといったローカルサーバ体へと移住してしまった。

そのような状況であったため、ローカルサーバの存在を知らない新規プレイヤーBattle.netに接続すると最初ににするのは人もろくに居ず荒らされ続ける日本チャットチャンネルという状態で快適に遊びづらくなり、また移住したローカルサーバ側も周知不足から新規プレイヤーの参加はそう多くなく、先細りとなってしまった。

これは2ちゃんねるなどで韓国人日本に対する強い反日感情を持っていることが広く知られるよりも過去の話である。

 

そんなStarCraft1から12年という長い期間をけて2010年7月27日StarCraft2が発売となった。日本語版が出る予定はないが、今度は日本でもそこそこ以上の人気となってほしいものである。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/24(土) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/24(土) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP