ひゅうが(列車)単語

ヒュウガ

ひゅうがとは、JR九州特急列車である。

概要

日豊本線にて運行されている特急で、「にちりん」から系統分離する形で2000年に登場した。宮崎県内のみを走る特急であり、「にちりん」を補する役割を持っている。
なお、名称自体は国鉄時代に京都と都を結ぶ夜行列車大阪宮崎を結ぶ特急として使用されていた歴史があり、民営化後も「にちりん」から系統分離されるまでは「ひむか」という快速が設定されていた。

使用される車両783系及び787系783系では5両であり787系では4両ないし6両。また、783系787系のどちらにもグリーン車設定がある。
なお、九州新幹線開業後はそれまで運行されていた485系止され、鹿児島本線で余剰となったリレーつばめ有明787系が転用された。

最盛期は6往復の設定があったものの一部「ひゅうが」の「にちりん」への編入などで一時は2往復となり、その後2011年3月11日までは3往復の運行であった。同年3月12日ダイヤ正で「ドリームにちりん」の延岡駅以南、「さわやかライナー」「ホームライナー」を統合し、再び「ひゅうが」が6往復の運転となった。

ひゅうが3号」は宮崎から「きりしま3号」に種別変更され、そのまま鹿児島中央まで向かう。延岡から鹿児島中央まで乗り通すことができるしいダイヤである。なお、1号普通車部分は宮崎から定席になることに注意。

2017年3月4日ダイヤ正で、787系4両編成で運行されるダイヤワンマン化された。

「ひゅうが」データ

特急「日向」

1968年10月ダイヤ正で大阪駅宮崎駅佐世保駅を結ぶ気動車特急「いそかぜ」の宮崎駅発着編成分離で設定された。現在の「ひゅうが」は平仮名であるが、この「日向」は漢字表記である。また、同時期に京都駅長崎駅西鹿児島駅現在鹿児島中央駅)を結ぶ気動車特急かもめ」の西鹿児島駅発着編成分離で「なは」が設定されており、小倉駅までは「日向」と「なは」は併結していた。

1973年3月に「なは」が電車特急化された事に伴い、「日向」と「なは」はそれぞれ単独の特急として運行されるようになり、「なは」から遅れる事1年後の1974年4月には「日向」も電車特急化される。しかし1975年3月山陽新幹線博多開業で「日向」は止される。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%B2%E3%82%85%E3%81%86%E3%81%8C%28%E5%88%97%E8%BB%8A%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ひゅうが(列車)

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ひゅうが(列車)についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!