ドレイクの方程式単語

ドレイクノホウテイシキ

ドレイクの方程式Drake equation、宇宙文明数方程式)とは、「地球が存在するこの銀河系内に、間通信を行うことが出来る文明がどのくらい存在しているのか」を推定する方程式である。

概要

N = R* × fp × ne × f× fi × fc × L

N
銀河系に存在する通信可な文明の個数
R*
銀河系で1年間の間に恒星が形成される速さ
fp
惑星系を有する恒星の割合
ne
1恒星系で生命が存在できる範囲(HZ)にある惑星
fl
上記の惑星で生命が実際に発生する割合
fi
発生した生命が知的生命体にまで進化する割合
fc
その知的生命体が間通信する割合
L
間通信を行う文明の存続期間

 1959年科学雑誌Natureに掲載された"Searching for Interstellar Communications"exit間交信の探索」をきっかけに、オズマ計画として、初めて地球外知的生命体探索(SETI)が行われた。この地球外知的生命体探索の難易度の見積もりとして、1961年 米国天文学フランクドレイクFrank Drake)によって考案されたことから、その名が付いた。

 この方程式の様な推論に当時知られていた科学知識をもとに非常に控えめな値を代入しても、地球外文明数がとても大きな数となり、々人類が地球外文明と交信をしていてもおかしくない事になる。しかしながら、これは現実と大きく矛盾するとエンリコフェルミが摘した。
 特に、1975年宇宙物理学者のマイケル・H・ハートがこの種の問題を研究し始め、交信可地球外文明の存在確率の高さに対して、未だその様な存在が見つかっていない状況に フェルミのパラドクス の名が付けられている。

 しばしば、フェルミ推定の代表例としてドレイクの方程式が紹介されるが、エンリコフェルミ本人は1954年に逝去しており、1961年に考案されたこのドレイクの方程式を知ってたわけでも研究していたわけでもない。また、フェルミのパラドクスの名が示す様に、推定としては(少なくとも今の所は)妥当性のい結論を導いており、 フェルミ推定の一例としてはあまり良い例とは言い難い。特に、方程式の幾つかの項自体が、調べる事すら実質不可能であり、その上、数のオーダーすら不明など、一般的なフェルミ推定とは異なる側面が強い。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%81%AE%E6%96%B9%E7%A8%8B%E5%BC%8F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドレイクの方程式

1 ななしのよっしん
2019/04/25(木) 17:58:39 ID: xpEpy/sttu
結構前にNewtonで読んだときには、あっても不思議じゃないねくらいの数字だった気がするなあ。
めてここで式の項を見返してて思ったんだけど、恒星の周りにできた惑星、それが「地表を持つ(≒表面全体が液体だったり、気体と液体だけの惑星だったりしない)割合」っていう条件は加味しなくてもいいもんなのかな。
2 ななしのよっしん
2019/06/16(日) 23:53:32 ID: Cwid5auvZw
>>1
に答えておくと、 大雑把にそれが意味するのがn(e)の値。詳しくは ハビタブルゾーン 辺りでググって調べてくれ。

急上昇ワード

2019/08/22(木)06時更新