ニビル単語

ニビル

ニビルとは、オールトの雲からやってきた巨大彗星、若しくは小惑星のようなものである。

概要

ある天文学者と名乗る人物(「危険のため名は明かせない」とのこと)が、2011年9月11日地球に到達するとの危険性を警告した巨大彗星のようなものであるらしい。

2011年8月11日現在の座標は LEO, ELENIN 11 HOURS 21 MINUTES, 15.36 SECONDS. + O3 DEGREES 36FT, 26.6″

ちなみに、質量は木星のようなものの約4倍らしいが、なんでそんな巨大な体のようなものが今まで発見されなかったのかというと、赤外線か何かでないと見えないらしく、一般人(その一般人っていう範疇がどの位のひとたちなのかは知らないが)は見ることすらできないらしい。

あまりにも胡散臭すぎて、最初はオカルト誌でしか盛り上がってなかったが、なんでかワシントンポストでも「地球衛星を周回中のIRAS(3カ共同の赤外線観測衛星=1983年11月冷却材売り切れのため閉店しますた)がオリオン座方向に巨大体を発見した」とか、NASAでも冥王星の彼方に巨大な体を発見し、「惑星X」と命名したとか、にわかに著名どころが活気づき始めた。個人的にはコップ座方向とかエリダヌス座方向とか染みのない星座にしておいたほうがリアリティが上がって良かったんじゃないかと思う。

ちなみに、衝突しなくても関連動画の如くであるから、強である。
そんでもって、冥王星より遠くにある惑星が一ヶで来るってことはメチャクチャ速い体である。

しかし、今年(2011年)には来ないかもしれない。理由は来年(2012年)がマヤが終わる周期だからそれに合わせてこようかな?だそうである。
その程度の理由ならこの惑星っぽい物の今後のスケジュールは、震災や停電の影で少々到着が遅れるかもしれないし、落で信号が故障したために脱線しちゃうのかもしれない。

要するにトンデモ科学である。

関連動画

その他のニビル

ゼカリア・シッチン

古代宇宙飛行士説を信じていた研究者。2010年没。

シッチンは古代メソポタミアのシュメール文明の粘土を解読し、太陽系にはニビルと呼ばれる12番惑星が存在するとした。

シッチンのしたニビルは3600年周期で地球をまわる惑星であり、そこには地球文明を大きく上回る地球外生命体アヌンナキが存在している。彼らはニビルが地球に接近するごとに地球の資を採掘するために飛来し、そして採掘のためにサルに遺伝子改造を施し新たな種を作ったといわれている。その種こそ、現在の人類である。

この事実はシュメール文明の神話にもられており、シッチンにのみそれが解読できる。

もちろんトンデモ科学である。

パナウェーブ研究所

2003年日本スカラー波による攻撃を受けているというをし、装束でキャラバンをつくり大移動を披露したパナウェーブ研究所も、ニビルの接近をしていた。

なお、現在でも公式サイトでニビルの危険性をしている。→パナウェーブ研究所公式サイトexit

ただし、パナウェーブ研究所がしているニビルの接近は2003年のことであり、2011年、あるいは2012年に接近している惑星に関しては取り立ててしている様子はない。

いうまでもなくトンデモ科学である。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8B%E3%83%93%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ニビル

1 ななしのよっしん
2016/05/08(日) 16:20:33 ID: d6XoWA/0pF
どうせこれも「スピリチュアルな存在」を惑星という物体に見立ててっているに過ぎないっていうオチなんじゃないのか?
発掘々の話も間航行できるような高度な技術あるならロボットでも作って発掘やらせた方が率良いだろって話だしな。
2 ななしのよっしん
2016/05/08(日) 17:13:03 ID: bDxtSF4bf/
>>マヤが終わる周期に合わせる
うん、まあ、マヤは確かに13バクトゥン(2012年)で終わるような書き方をされてる
ことが多いけど、「マヤ文明では 1 3 は 縁 起 の 良 い 数」だったから
とりあえずそこで一旦キリを付けただけである可性が高いんだよね

そこをハンパな知識しか持たない欧キリスト教徒のオカルト信者たちが
「13はモチロン悪い数だ!!!だから絶対に悪い予言がされているに違いないのだ!!!!!」
し始まったのが、ぼくのかんがえたさいきょうのまやのよげん の始まりだったんだよね…

ニビル信者=マヤ予言信者と言う訳ではないけど、結局どちらも元々ポンコツ
だっただけに、少しでも自説を盛ってハク付けしようと互いに利用しあい、結局共倒れ
しちゃった…。それが2~3年前に起こったあの変な予言騒動の正体だったんだろうな
3 ななしのよっしん
2017/01/26(木) 15:54:20 ID: d6XoWA/0pF
そもそもニビルってシュメール文明(専らシッチン談)から出て来た話なんだから南マヤの予言と結び付けてるならまずシュメール文明とマヤ文明の関係を明らかにしないと始まらないと思うんだけど…