先島光単語

サキシマヒカリ

先島光とは、 凪のあすからの登場人物で、主人公である。
CV:花江夏樹 

 

概要

とある海底の村・鹿生(しおししお)に住む少年で、幼馴染の要・まなか・ちさきといつも一緒にいる。鳴波神社の宮・先息子14歳身長162cm

直情的でその名の通りに一直線な性格をしており、事ある毎にまなかに怒鳴り散らしていた。 登場時は特に顕著で、 陸の人間としか思っておらず、対抗心と嫌悪感を抱いていた。1話を見た多くの者の感想は、「これはNTRアニメだな、切るわー」「主人公なのに小物臭が半端ない」「紡が主人公いいんじゃね?」「ひーくンゴwww」など散々なものであった。

しかしあかりの陸の男至との葛やまなかの成長しようとする姿を見るうちに、徐々に成長して他人に思いやりのある人間に成長していく。時としてイケメンである要をえるイケメンを発揮するようになる。 1話で切ってしまうのは体ない。でもやっぱり好意を抱いているまなかが絡むと冷静ではなくなってしまう。

較的社交的な性格で、和解出来れば友達が作れるタイプ。ただ、2枚タイプではなくクラスお笑いのようだ。 宮息子ではあるが、信仰の対とすべきうろこ様に対して全然敬意を見せる様子はない。とは言ってもうろこ様自体あまり気にしていない。

幼い時に母親を亡くしており、父親料理の腕前がからっきしであったため まなかに導するレベル料理が得意。恐らくは他の事もできるものと思われる。

以降ネタバレ注意


 おふねひきの大惨事の際にまなかを助けようとするものの、差し延したその手がまなかに届く事はなく、も意志に反して冬眠する事に。

5年後の日のに、成長した美と紡の前で復活を遂げる。全裸で。この際成長した美なのかが分からず、美ショックを与えてしまう(9歳→14歳の変化では仕方ない事だが)。

冬眠している間に全てが5年経過し、なのにぬくみで覆われた世界に戸惑うが、成長しても中身は変わらないちさきの為に尽くす美の助により吹っ切れていく。鹿生でまなかを発見、起床とする気持ちを取り戻させる為に粉骨砕身の思いで務め、最終的にはする気持ちを取り戻したまなかと両想いになる。

甥であるあかり息子に本物のカンチョーを教えようとしているが、カンチョー返し返しなるもので返り討ちに遭う事も。こんな感じでには懐かれている。 


 

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

先島光に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%85%88%E5%B3%B6%E5%85%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

先島光

1 ななしのよっしん
2014/04/12(土) 19:51:29 ID: S3Kx9LkTjJ
お!ついに記事が出来たか!
作成乙です
の成長が凪あすの多くある見所の内の一つだよな
2 ななしのよっしん
2014/04/12(土) 19:58:16 ID: ab4eL64Fe2
まぁ3話あたりで悟った感じはあるけどね
最終話もこのキャラはあまり変わらなかったのが個人的に良かった
3 ななしのよっしん
2014/04/17(木) 22:23:55 ID: X6egEbBvv/
最初はなんだこの不良問題児!?と思ったけど、話を追っていくごとに様々な変化や側面を見る事が出来て非常に面くなっていった主人公であるといえる
4 ななしのよっしん
2015/10/08(木) 07:15:54 ID: kFaWZEh4Ly
よく「キャラ崩壊」なんていう言葉をにするが、はそういう現の当たりにしたときは「キャラが変わったのではなく、キャラの新たな一面をは見たのだ」と思うようにしている
他人が、どんな人格を持った人間なのか。詳細に全てを知り尽くすことなんてできるわけがないのだ。それをできた気になって、「キャラが変わった」「彼らしくない」というようなことを言うのは驕りでしかない

凪あすと全く関係のない話になってしまった。ごめん
5 ななしのよっしん
2015/10/08(木) 18:08:50 ID: u5WfYvN+9C
良い主人公だった