編集  

古屋単語

フルヤ

古屋ふるや)とは、古い屋のこと。また、日本苗字、地名である。

苗字としては山梨県に非常に集中して分布しており、山梨県内で6番に多い苗字となっている。特に県中部に多く分布し、それぞれ山梨で1番笛吹で2番、甲州で3番に多い苗字となっている。隣県静岡県東部、神奈川県西部でも多めに見られる。

また、その付近以外では山口県から福岡県にかけて較的多めに見られる。

甲斐山梨後屋敷村(現山梨県山梨後屋敷地区付近)の古屋氏は桓武平氏鎌倉氏の一族。

曖昧さ回避

人名

実在の人物

地名

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8F%A4%E5%B1%8B
ページ番号: 4580282 リビジョン番号: 1098165
読み:フルヤ
初版作成日: 11/03/05 11:05 ◆ 最終更新日: 11/03/05 11:05
編集内容についての説明/コメント: 新規作成
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

古屋について語るスレ

1 : HISA :2014/03/10(月) 12:19:07 ID: 5fNcTz1hk0
古屋は、清和源氏の流れをくむ雨宮の末裔。
信州埴科の雨宮であった。
雨宮権左右衛門は、村上義清臣であった。
武田勢に攻め落とされ越後の長尾景虎の元に敗走した。
その後甲州一宮の末木、塩田、東原を領地として与えられ、武田臣となった。
甲州雨宮初代である。
6代長篠の合戦にて戦死、跡山にて戦死、跡は徳の旗本として現地の領となる。
10代造業をし民に下り、古屋権左右衛門と姓する。
甲州古屋の初代である。
その後19代にて、加納岩に第2造場をした。
戦後、財閥解体・農地解放により一宮の領地が買収された。
直系古屋甲府市山梨に現存する。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス