紀伊(列車)単語

キイ

紀伊とは国鉄で運行していた列車名である。

概要

紀伊1968年10月の俗にヨンサントオと呼ばれているダイヤ正で列車名の整理が行われた結果、東京名古屋~王寺~町・和歌山市間の急行大和東京~多気~羽間の急行伊勢東京~多気~紀伊勝浦間の急行那智を統合して誕生した列車名である。伊勢那智は元々東京亀山~多気間で併結していたが、大和東京名古屋米原金沢間の急行能登東京名古屋間で併結していた。

紀伊になってからは東京名古屋亀山間は三列車が併結されるようになったが、元大和だった編成は王寺発着に短縮されている。また、王寺発着編成と発着編成は「紀伊」という列車名に反して紀伊と呼ばれている地域には乗り入れていなかった。

しかし王寺発着と発着は紀伊になってから3年半であっさりと止され、東京名古屋紀伊勝浦間のみとなった急行紀伊東京名古屋大阪間の急行銀河と併結運転されるようになる。しかし1975年には併結相手の急行銀河の運行区間が東京米子間に変更され特急いなばへと格上げされた事から、紀伊特急に格上げされている。

くろしおに続く紀勢本線第二の特急となるが、所詮はいなばの付属編成という事でB寝台のみの6両編成でA寝台や食堂車は設けられていなかった。また、特急格上げに伴い急行時代には停していた名古屋駅は下りが通過となっているが、名古屋駅いなば紀伊分割・併合していたので運転停はしていた。ちなみに、特急紀伊名古屋駅亀山駅で方向転換していたので出発と逆編成で運行されていた区間は名古屋亀山間のみであった。

ところが東京駅発着のブルートレインの中で運行区間が最短距離だったので利用客にとっては単なる値上げと取られたり、そもそも沿線人口が少なかった事から特急格上げされてから9年で止されている。よって、特急紀伊止で三重県和歌山県南部)から東京までの直通列車が消滅している。また、東京駅発着のブルートレイン列車自体が消滅したのは紀伊が初になってしまった。(いなば列車名が消滅しているが運行区間延長で出雲となっているので列車自体は消滅していない)

尚、使用車両14系客車には絵入りテールマークが書かれていたが、ヘッドマークに関しては東京駅発着で単独運転していた特急に限られていたので紀伊には基本的に取り付けられていなかった。そのため「紀伊にはヘッドマークかった」と思われている事が多いが、イベント時などの限られた日に名古屋駅以南でヘッドマークが取り付けられている事はあったようである。

廃止直前の運行形態

停車駅

は運転停のみで客扱いはし。









































下り紀伊
上り紀伊

列車名の由来

和歌山県三重県南部の旧称の紀伊から。

区間・本数の変遷

1968年10月 東京~王寺~町・和歌山市間の急行大和東京羽間の急行伊勢東京紀伊勝浦間の急行那智の統合で東京~王寺・羽・紀伊勝浦間に急行紀伊が1往復設定される。

1972年3月 急行紀伊東京名古屋紀伊勝浦間の単独運転となる。尚、東京名古屋間は東京名古屋大阪間の急行銀河と併結していた。

1975年3月 併結相手の急行銀河の運行区間を東京米子間に変更し特急いなばとした事から紀伊特急に格上げされる。
特急格上げ時の停東京 - 横浜 - 熱 - 沼津 - 静岡(下りのみ) - 名古屋(上りのみ) - 四日市(上りのみ) - 亀山 - - 阪 - 多気 - 紀伊長島 - 尾鷲 - 熊野 - 新宮 - 那智 - 紀伊勝浦

1978年10月 特急いなばの運行区間を東京出雲市間に変更し列車名も特急出雲に変更した事から併結相手も出雲に変更。

1984年2月 特急紀伊止。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%B4%80%E4%BC%8A%28%E5%88%97%E8%BB%8A%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

紀伊(列車)

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 紀伊(列車)についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード