龐涓単語

ホウケン

「龐涓(ホウ涓)」(ほう・けん ? ~ 紀元前341年)とは、中国戦国時代に仕えた将軍であり、その才を恐れてに嵌めた「孫臏(孫ピン)」の復讐ターゲットである。


この記事の本来の表記は「龐涓」ですが、「」の字が表記できない環境を考慮して、
「ホウ涓」と記述する場合や「龐涓(ホウ涓)」と併記する場合があります。

概要

出身で、斉の出身の孫臏(孫ピン)と共に「子」に兵法を学んだ。

龐涓(ホウ涓)と孫臏(孫ピン)は友人として互いに切磋磨したものの、学べば学ぶほどに龐涓(ホウ涓)は孫臏(孫ピン)の才に恐れを抱いていった。

戻って「恵王(罃)」に仕えた龐涓(ホウ涓)は将軍の位まで駆け上がったものの、斉に戻った孫臏(孫ピン)の才を恐れ、一計を案じた。

将軍まで出世した事を祝ってもらおうと孫臏(孫ピン)をに招いた龐涓(ホウ涓)は、孫臏(孫ピン)にへ仕官を世話しようと言って滞在を長引かせ、狩りを名に孫臏(孫ピン)を室の陵墓がある山へと誘い出し、スパイの罪を着せた。

実の罪を着せられた孫臏(孫ピン)は両足を切断され、顔には罪人のである黥(刺青)を施されて龐涓(ホウ涓)のに軟禁される事になったが、斉の将軍「田忌」がを訪れた際に孫臏(孫ピン)は密かに田忌と面会し、田忌のに隠れてを脱出した。

こうして中華の地に一人の復讐が誕生した。

を攻撃した際に、の援軍として現れた将軍の田忌と軍師の孫臏(孫ピン)のコンビが、囲の計でには向かわずに都大梁に向かい、精兵を出していた為に急遽から逆戻りした軍が敗れた「陵の戦い」から13年後の紀元前341年。斉軍に敗れたに対して攻撃してきたは、背と五度戦って五度敗れ、逆にに滅ぼされそうになった為に斉に援軍をめた。

斉は再び田忌と孫臏(孫ピン)のコンビを援軍として送り、斉軍が前回同様都大梁に向かった為、に攻め込んでいた太子の申を上将軍とする軍は引き返して斉軍を攻撃することにした。この軍に龐涓(ホウ涓)も将軍として参加していた。

軍が引き返してきた事を知って退却を始めた斉軍を追った龐涓(ホウ涓)は、斉軍の野営地跡の竃の数が五万だったものが次の日には二万になり、三日にはさらに減っていた事から、

斉軍は軍に恐れをなして逃亡している

として孫臏(孫ピン)もろとも斉軍を壊滅させようと歩兵を残して騎兵のみを率い、兼行で斉軍を追いかけた。

しかしそれは孔明の罠いや孫臏(孫ピン)のだった。

竃の数は孫臏(孫ピン)がわざと少なくさせて龐涓(ホウ涓)に斉軍を侮るように仕向けたもので、軍の進軍速度を逆算した孫臏(孫ピン)は、の狭い陵の地に夕方頃に龐涓(ホウ涓)が現れるだろうと予測していた。

孫臏(孫ピン)の想定通りに陵の地に現れた龐涓(ホウ涓)は、暗がりの中で皮を削られて何か記された木を発見した。

りをもって近づいた龐涓(ホウ涓)が

龐涓、このの下に死せん

と木に記されているのを見たその時!

ジャーン!ジャーン!ジャーン!

孫臏(孫ピン)の伏兵がりめがけて矢を射かけた。

混乱に陥った軍の中で龐涓(ホウ涓)は、

遂に子の名を成せり(小僧に名を成さしてしまったか)

と言って自刎した。こうして友人をに嵌めた男は、に嵌めた友人のに嵌って死んだ。 

関連動画

龐涓(ホウ涓)をテーマにした歴史替え歌

関連商品

関連コミュニティ


関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%BE%90%E6%B6%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

龐涓

1 ななしのよっしん
2011/06/19(日) 18:08:27 ID: +G3WXyFi/H
孫臏の記事ができる前になぜ龐涓の記事が……
2 ななしのよっしん
2011/12/26(月) 19:35:02 ID: BsjK6nbNe5
ホントなんで龐涓の方なんだよw
まあこの二人はニコイチでしかれないから、どっちでもいいっちゃいいのか…?
3 ななしのよっしん
2014/08/18(月) 13:44:35 ID: 4aIoCfa3/0
なんでホウケンの最後のセリフ歴史に残っているんだっていうね
まあ、そういうことにつっこんじゃいけないんだろうけど
史記にはよくあること
4 ななしのよっしん
2017/03/18(土) 19:58:33 ID: 247WAHAwTU
「孫臏にべたら、私はかに及びません。彼を迎え入れて重く用いれば、は安泰でしょう。しかし、その気がないのであれば殺してしまうべきです。」
だったら、大分違ったろうにな(い物ねだり)。
5 ななしのよっしん
2017/08/31(木) 18:21:43 ID: +6B8kkdqsh
ルカ・ブライトの最後の元ネタっぽい。