騎兵単語

キヘイ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

騎兵(きへい,Trooper,Cavalry)とは、に乗って戦う兵士(兵種)の事である。

以外にも、砂漠地帯で活躍してきた駱駝騎兵(らくだきへい,Camel cavalry) などが存在する。

近年はゲームか、戦騎兵と呼ぶこともあるようである。

また欧の現代軍においても儀兵の他、に伝統的な呼称としてロマン的に使用されている場合がある。(アメリカ陸軍第一騎兵師団、イギリス王室騎兵連隊など)

概要

古代中世近代以前の戦争においては、その高い機動と集団を組んだ際における衝撃で他の兵種を圧倒する戦いが出来た。

また、その高い機動を買われ偵察・伝・警行動などに使われ、機動と攻撃を生かして奇襲・突撃・追撃・背面攻撃・側面攻撃といった多な戦術に組み込まれていた。

なお、現代では騎兵の担っていた任務は機甲兵ないし戦車兵に引き継がれたとされ、今でも「騎兵」を名乗っている部隊はに機甲偵察を任務とする場合が多いほか、実質は機甲部隊である例も存在する。ただし、戦車歩兵支援を初期の的として誕生した兵器であり、騎兵から直接機甲兵に進化したものではない。

関連動画

関連商品

騎兵に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%A8%8E%E5%85%B5
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

騎兵

48 ななしのよっしん
2021/01/01(金) 10:14:05 ID: DhYDPODayM
日本運用は多くて2、3列程度の層が薄いものでそこまで攻撃的なもんじゃない。それに日本騎兵は少数運用兼臨時編成だし

大陸の方のような大規模かつ多方向を考慮したもんじゃないから騎兵の突撃に耐えられないのは当然

あと明から見て日本槍術は稚拙立ったという話がある
49 ななしのよっしん
2021/01/21(木) 08:55:28 ID: PgyD6KNuoG
>>46
仮に大量生産可だったところで、そもそもに装甲付けて乗せて動けと言っても理だろうしな・・・
50 ななしのよっしん
2021/02/17(水) 06:32:06 ID: denFcCvMvS
イギリスの暴動に騎警察が対処したのを、
俯瞰から撮した動画twitterで見かけて、最高にエモかった

フィクションみたいな全速の突撃でなく、
歩くらいの速度でも数騎が突っ込んだだけで暴徒の群れがっ二つに割れ
その騎兵が作った隙間に歩兵である一般警官が素く浸透・分断してた
51 ななしのよっしん
2021/03/15(月) 05:26:29 ID: WfeXQ6kaYz
>>47
日本の地形じゃ騎兵を育てにくいだろうしね。スペインみたいに隊保護&対騎兵用のテルシオ形があれば大陸部の騎兵にも対抗できるだろうけど。
52 ななしのよっしん
2021/04/18(日) 03:35:47 ID: qM3kfwn6z2
日本って山による高低差もあるけど
土地が肥沃だからや藪ばかりで大規模な騎兵運用に向かない
だから当然ノウハウも作られない
53 ななしのよっしん
2021/08/14(土) 21:16:57 ID: nxsAY1IEgI
>>52
昨今の資料によると武田や北条では装備別に編成がされていたようで、小隊~中隊規模での運用はされていたらしい。
54 ななしのよっしん
2021/09/05(日) 11:41:52 ID: Gh9mJmMHzU
大口狙撃銃、対戦車ロケット弾、迫撃砲、偵察にした騎兵だったら第一次大戦以降でもそれなりに使えそうな気がする。

あと両大戦でも、運搬での匹は相当重要だった。だからこそ地獄絵図だが…
55 ななしのよっしん
2021/09/22(水) 16:22:15 ID: tpMwYiHEsu
>>53
特別な事例で中隊サイズまでとなると、多くて150騎のまとまりだから、やはり大規模運用は行われていないというべきだろう
中世後期のヨーロッパも(日本ほどではないが)較的起があってもあったが、本格的な会戦だと1000騎ぐらいは騎兵を集中させていたからね
また、百年戦争期のイングランドが下騎兵として重装騎兵を用いていた(一方、ロングボウ兵は乗歩兵で、戦場外ではで移動した)ことを考えると、武田あたりも、150騎の独立部隊が戦闘に巻き込まれた際には、かなりの程度が下してたりしてたんじゃない?
56 53
2021/10/09(土) 23:18:18 ID: nxsAY1IEgI
>>55
一応補足すると規模については岩付衆の編成で上衆500余騎で奉行5人と書いてあったので小隊~中隊と書きました。
尚、岩付衆は全体で1600人弱です。

また、騎乗戦闘については信長公記に記述が残っています。
57 ななしのよっしん
2021/12/11(土) 18:44:11 ID: 5isp1odXRk
>>54
シャテーナル(ザンブーラキ)というのが中近東で既にあった
ラクダだがでも運用されてる

どっちもそこまで流行らなかったからやはり使いにくかったっぽい