ERRA単語

エッラ
1.5千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ


ERRA(エッラ)はアメリカ・アラバマ州出身のメタルコア/Djentバンドである。

概要

Misery SignalsBorn of OsirisSaosinHopesfallなどのバンドを受けて結成。メタルコア変拍子やチャグ(多弦ギターなどでブリッジミュートで刻むリフのこと、たく言えばMeshuggahっぽいリフである)を織り交ぜたDjentというスタイルで知られる。日本語読みではエッラ呼びとエラ呼びが見られるが、日本盤の帯表記ではエッラとなっているので本ページでもエッラとする。

数多存在するDjentバンドの中でも叙情ニュースクールハードコアが色濃く、それが強いオリジナリティとして表れている。また、クリーンボーカルを導入しているが、一般的なDjent/チャグコアでよくにするヴァースで攻め立て、サビお約束の…といった安直なものではなく、要所でここぞとばかりに挿入されるため、単調さを持たせない構成になっている。ギターボーカルを担当するJesseのSaosinを彷彿とさせる透き通ったハイトーンボイスはまさにERRAをERRAたらしめる最も重要な要素の一つだろう。そのタイトさとキャッチーさを兼ね備えた抜群の安定性から幅広い層の支持を集めており、ここ日本でも人気の高いバンドである。

初めはTragic Heroというレーベルに所属していたが、2ndアルバムAugment」をリリース後の2014年Djent系の名門レーベルSumerianに移籍。移籍後初のEP「Moments of Clarity」は2ndアルバムの作をある程度踏襲したものであったが、以降にリリースされた3rdDrift」及び4thNeon」はメタルコア色が鳴りを潜め、Sumerian所属バンドとしてのカラーが一層濃いものになる。レーベル移籍前後でメンバーチェンジが相次いだこともあり、この音楽性の変化はファンの間でも物議を醸した。

2019年リリースしたシングル曲「Eye of God」では前2作に見られなかったアグレッシブアプローチを垣間見せると、翌年にはSumerianからUNFDにレーベルを移し、バンドコンセプトサイバーチック世界観に一新、2021年5th「ERRA」をリリースする。バンド名を冠した本作は3rd4th路線を基調としながらもよりヘヴィなサウンドを志向し、過去音楽性とは一線を画すバラエティに富んだ試みがちりばめられ、新たなコンセプトの下で再出発を果たした意欲作といえるだろう。

ディスコグラフィー

Tragic Hero期
Sumerian期
UNFD期

メンバー

現在
脱退したメンバー

PV

関連商品

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/erra

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ERRA

1 削除しました
削除しました ID: MHIzKha8Iu
削除しました

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

バルガ 国の借金 黒夜叉