編集  

Mi-26単語

ミルニロク

Mi-26NATOコードネームhaloヘイロー)とは、旧ソ連が開発したヘリコプターである。

1977年初飛行。

概要

巨人ロシアが開発した八枚羽双発のヘリコプターである。

前作のMi-6をやや上回る程度の自重であるが、ペイロードは機内/り下げ重量で20t以上あり、最大離陸重量は56tに及ぶ。

キャビン容積は3.1×3.2×12mというもので、バス一台丸ごと自走してみ込める大きさと言えばそのサイズが分かるであろう。

その容積・ペイロードは、C-130輸送機に匹敵するという化物っぷり。

そしてこれだけの大機であるにもかかわらず、エンジンは双発。その出11,240shpという、こちらもトンデモ仕様である。

なお、これだけの大機を開発した背景には、広大土に、未開発な地が多数存在していることが原因である。

これまでの歴史

1981年パリ航空ショーで初開された。

1982年2月ヘリコプターペイロード新記録を達成。

2月2日に10,00kgのペイロードを6,400mにまで持ち上げ、2月3日には25,000kgを積んで4,100mまで上昇、2月4日には15,000kgを5,600mまで、20,000kgを4,600mまで引き上げた。

2002年8月チェチェンにて撃墜され、地雷原に落下。これにより乗員・兵士127名が死亡している。この場合最大80名の兵員のところを150名積載し飛行していたことが明らかになっている

2008年5月に発生した四地震では、復作業で2機のMi-26が使用された。いずれも機材の輸送がな任務である。

2011年3月には東日本大震災救援のため1機がハバロフスクより飛来している。

2011年12月に新たに量産が始っている。

現在までの納入機数は約80機。

スペック

関連動画

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/mi-26
ページ番号: 4982316 リビジョン番号: 1992399
読み:ミルニロク
初版作成日: 12/10/17 12:33 ◆ 最終更新日: 14/03/20 12:43
編集内容についての説明/コメント: 掲示板の内容を反映
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Mi-26について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2012/10/22(月) 21:50:51 ID: now2yFsqJ2
ちなみに“実用化されている”ヘリではコイツが最大だが、歴史上最大のヘリコプターは同じミル設計局が開発したMi-12
虚重量69.1t、最大離陸重量105tという、まさにバケモノ


お そ ロ シ ア
2 : ななしのよっしん :2012/10/22(月) 23:45:08 ID: AMXzobDRz4
>>1
空自C-2とほぼ同じじゃないですかやだー

3 : ななしのよっしん :2013/04/26(金) 05:21:38 ID: qaB1hlbuOc
>>2
空自の最新鋭輸送機じゃないかwww
4 : ななしのよっしん :2014/03/20(木) 09:56:25 ID: EYLJ6RmKpZ
ちょ、最大定員www 地雷原に墜落したときの人数でいいのかwww
ある程度は飛んだんだろうけども
5 : bstakao@記事主 :2014/03/20(木) 12:40:05 ID: 1/p+pGn7Xe
>>4確かにそうですね。
ちょっとイジっちゃいますね。
6 : ななしのよっしん :2014/10/01(水) 15:25:22 ID: q70iDuB4tN
こいつのエンジンって双子エンジンなの?
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス