R-13T単語

エキドナ

R-13T “ECHIDNA” / エキドナ とは、『R-TYPEシリーズに登場する異層次元戦闘機である。

[有線フォーテスト機]

フォースのバイド係数向上に伴う安定性低下に関するデータを収集するために開発された機体。

機体解説

R-TYPE FINAL』に登場する試験機。

ルビコンを渡りフォースのバイド係数を増大させていくTeam R-TYPEが、低下するフォースの安定性について調べる為に開発した機体である。
言うなれば「フォース(の限界)に挑戦してみようかな、と…」と暴走間際まで迫るチキンレースを始めたようなものである。
機体側もライトニング波動砲という新機軸の波動砲の試作を行っており、実験機としての色彩が濃い。
尚、某ゲーム機との関連性は不明である。
 R-13系列にはギリシャ神話における冥界の怪物やの名前が付けられており、本機はギリシャ神話に登場する、女の上半身とヘビの下半身を持つ怪物の名前から。 テュポーンの妻となり、キマイラケルベロスといった様々な怪物のとなった。 
 

 

武装

ライトニング波動砲試作
ライトニング波動砲開発過程で作られた波動砲
敵サーチ機はもたず、放電による敵破壊データを収集する為に開発された。
チェーンフォー
フォースのバイド係数を向上させる為に作られた試験タイプ。 機体とフォースの間を結んでいるチェーンは元来データ収集及びフォー暴走制御用のもので実戦配備時に取り外される予定だった。
トラブルで外されなかったのか、攻撃性が確認されて維持されたのかは不明である。
R-13系列はこのチェーンの扱いに精通する事で大きな戦果を上げる事が出来る。
αレーザー
集束した極細レーザーを前方に照射する。
βビームと干渉が起こるか定かではないが、この細さでは撃ち負けそうである。
論、連打で極太ビームになることもない。
βレーザー
敵を捕捉すると軌を変えるサーチ系のレーザー
45°の度で折れ曲がりY軸を合わせるのが特徴。
αビームと干渉が起こるとは考え難い。
γレーザー
フォース上下からレーザーを撃ち出す対地系レーザー
30°程の度をワイプする為、軌砂時計の様に見える。

関連動画

本機は14:45

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

R's MUSEUM
No.69
RX-12
CROSS THE RUBICON
No.70
R-13T
ECHIDNA
No.71
R-13A
CERBERUS

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/r-13t

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

R-13T

1 ななしのよっしん
2009/09/13(日) 10:29:23 ID: PSKPuSuN1y
せめて波動砲じゃなきゃとてもあれには対応できないでしょwww
2 ななしのよっしん
2009/09/25(金) 01:48:37 ID: V5loxRR8wE
圧縮波動砲で対抗だなw
3 ななしのよっしん
2010/09/09(木) 16:20:59 ID: VzEdKpxiyp
エキドナって、ギリシア神話の怪物の母親だったよな。
ケルベロスとか生み出した
4 ななしのよっしん
2010/09/26(日) 22:09:07 ID: Z7yD2OMzFF
>>3
有名どころでは他にキマイラヒュドラなんかのでもあるね
ああ、だから次がケルベロスなのか
5 ななしのよっしん
2012/01/14(土) 20:35:33 ID: ajTI8bnOq6
書き方がCAVEじゃねーかwww

急上昇ワード

2019/09/24(火)04時更新