R-13A単語

ケルベロス
2.5千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

R-13A “CERBERUS” / ケルベロス とは、『R-TYPEシリーズに登場する異層次元戦闘機である。

アンカーフォース装備機]

軍事メーカー・ウォーレリック社製の機体で、趣が従来のRシリーズと大きく異なる。
有線フォースを装備したり、敵追尾性を持たせた波動砲を装備したりと、
革新的なテクノロジーを多く備えた意欲作である。
また、パイロットインターフェイスに関しても、革新的なテクノロジーが盛り込まれており、
パイロット神経系に直接端子を接続している。
2164年の「バイドの種子」事件究明に向かったR-13Aがミッション終了間際に消息を絶ったが、
そのことについて、軍は表していない。

機体解説 ─漆黒の雷撃者─

R-13A
No. 71
名称 CERBERUS
ケルベロス
波動砲 ライトニング波動砲
フォー アンカーフォー
シェード・α
:サーチ・β
:ターミネイト・γ

R-TYPE ⊿』『R-TYPE FINAL』及び『R-TYPE TACTICSシリーズに登場する機体。

第一次バイドミッション後、R-9a デルタ、R-X(RX-10) アルバトロスという2機と共に競作された試作機であり、これまでのR戦闘機とは方向性が大きく異なる意欲作。
軍事メーカーが開発しただけあって優れた破壊を有し、後にR-11系と量産機の座を争うなど、性は高い評価を受けている。
また、神経系に直接端子を接続するなど、MMIマンマシンインターフェイス)面の技術は後のサイバーコネクターR-9CANGEL PAC(パイロットユニット)に生かされた。
しかしその最も有名なエピソードは軍の機密の壁に阻まれになっていない。
その非表の内容の為、多くのプレイヤーから「ケルちゃん」「ケロちゃん」などと呼ばれしまれている名機である。
 機体名の由来は、ギリシャ神話に登場する怪物名前から。 三つ首を持つの姿をしているとされ、冥界から脱走しようとする亡者を見っているとされる。 後に英雄ヘラクレスによって生け捕りにされ、その時暴れた時に飛び散った唾液からであるトリカブトが生まれたという。

武装

ライトニング波動砲
波動砲にホーミング性を持たせる為に新開発された。稲妻が敵をサーチして伸び、ターゲットを破壊する。
サーチは非常に高く、前方に放ったものが後方に回り込む程。
2ループチャージすると「オーバーライトニング」状態となり更に威を増す。
アンカーフォー
コントロールロッドフォースの破壊本を伝え、接触した物体に食いつかせる構造をもつ。
バイドエネルギーを大量に使用し、コントロールロッドだけでは制御しきれなくなった為、R戦闘機から有線制御する必要に見舞われた。
フォース中でも較的有数のバイド係数をもち、レーザーも高い。
シェード・α
集束した細いレーザーを前方に照射する。
機体を動かす事で残る跡にも僅かに攻撃性が残っている。
サーチ・β
敵を捕捉すると軌を変えるサーチ系のレーザーを2本発射する。
45°の度で折れ曲がりY軸を合わせるのが特徴。
スタンダードフォースCが備えるサーチレーザーL45の元となった。
ターミネイト・γ
下から上までの前方180°範囲を薙ぎ払う広範囲掃討用レーザー
密着する事で攻撃を一点集中し、攻撃を得る事も出来る。
照射は常に下から行われる。

悪魔の狂詩曲

「サタニック・ラプソディー」事件とは西暦2164年の「デモシードクライシスバイドの種子)」事件(GALLOP)に付随して起きた、局地殲滅兵器モリッツGの暴走に端を発した一大事件である。
R-13 ケルベロスR-9a、R-Xの2機と共にその制圧に借り出され、各地のバイドを屠る為に転戦する事となった。
しかし事件が終息した時、本機の姿はそこにかった。
優れた戦果を残しつつ、R-13はその先駆的な技術とトレードオフにされたにより異層次元から脱出出来ず取り残された為である。 (原因が何か詳細は判明していないが、波動砲か航行ユニット周りが原因と噂されている)
軍はこの事態を表せず、英雄独りで眠りに就いた。

暗黒の森の番犬

サタニック・ラプソディー事件の後、第二次、第三次バイドミッションが発動され大きな戦いとなった。
そして第四次バイドミッション『オペレーション・ラストダンス』が発動。
で何年も眠り続けた番犬の元へもまた、バイド駆逐の為に戦が差し向けられるのだった。

かつて、彼は英雄だった
しかし、今は暗黒の森の番犬

悪夢と言う名の鎖が
彼をここに繋ぎ止めて
いるのか?
 -R's Museum 碑文より引用

放たれた地獄の番犬

その後R-13A ケルベロス秘密組織ブラックアイレム団のケルベロス大佐として復活を遂げる。
彼は組織が充分育ったのを見計らってTeam R-TYPEの巣窟であるアイレムソフトウェアエンジニアリングを乗っ取ると、その勢いを駆ってPlayStaitoHomeアイレム広場」を占領。ブラックアイレム団の指揮官として各地の御当地ヒーローを倒し日本を征するべく戦うのであった。
左腕のアンカーフォースがオシャレだと評判。

関連動画

本機は14:53~
攻撃性の高さが魅
ヤスミ、ケダモノ
暗黒の森の番犬
アンカーフォースを得て活躍するケルベロス
ケルベロス大佐威風堂々たる姿
アイレム広場を視察するケルベロス大佐

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

R's MUSEUM
No.70
R-13T
ECHIDNA
No.71
R-13A
CERBERUS
No.72
R-13A2
HADES

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/r-13a
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

R-13A

11 ななしのよっしん
2015/07/12(日) 22:15:50 ID: FwcMps1FqQ
ああそうか、フォースさえ残ってたら、最後にあそこから脱出できる可性があったわけか・・・
12 ななしのよっしん
2016/02/01(月) 23:11:00 ID: M85RLJ/MEM
R-13Aバイド係数向上、有線制御、とか色々な機取り付けたおかげで異層次元航法システムを装備してない。
実際デルタ戦闘フィールドは、異層次元ステージ7「生命」以外は地球上~木星上(4)くらいで、異次元での戦闘は想定してなかったんだと思う。
あくまで地球付近で発生したバイド殲滅任務ってことで。

あと調べてみたけどデルタウェポンヒステリクドーンは異層次元「航法」とかの応用じゃなくて、
単に異層次元に発生させる攻撃みたいだね。

>>9
クロスザルビコン(ルビコンを渡る)でヤバイ一線えちゃって、
ケルベロス(地獄番犬)を見つけに行くっていう。
13 削除しました
削除しました ID: 5p/2jHSgmR
削除しました
14 ななしのよっしん
2019/04/14(日) 03:11:22 ID: frZYnQAJ9l
FINAL2Tシャツワイズマンと並んでっ先に売り切れたところにR乗りの狂気を感じる
15 ななしのよっしん
2020/08/08(土) 18:53:31 ID: v0axCC61U/
波動砲が特殊だったために異層次元から脱出できなかったって説があるけど、波動エネルギー次元に干渉するみたいな設定が見当たらないから(他二機は実際そうしたんだけど)なんかもやもやする。設定資料集みたいのあるのかな。個人的には次元跳躍を担当する航行システムが不安定だったor故障していた及び次元の隔を破壊できるΔウェポンを使うフォースを失ったから説を推す。
16 ななしのよっしん
2021/05/30(日) 13:05:48 ID: fPU4wzoy3G
>>15
相対性理論的には次元一干渉できるのが波だから間違ってはいない
17 ななしのよっしん
2021/06/30(水) 13:11:07 ID: 0peQ1R0ziL
>>15
航行システムに関してはその可性もあるけど、フォースがかったのは他の機体も同じ。
他の機体は波動砲炸裂→前方に波紋が発生して異相次元脱出って演出に対し、
R-13はオーバーライトニング発射したけど波紋発生せず……って感じだから波動砲説濃厚だろう
18 ななしのよっしん
2021/07/27(火) 12:34:57 ID: G4xkFO8SWj
まさかのfigma化オメ
19 ななしのよっしん
2021/08/17(火) 10:24:02 ID: cDZIRNq3kP
DOSEで次元破壊できるからそれさえあれば…というか開発側もそっちに担わせる想定だったんだろうな
過去の事件とは違って、フォースシュート後に異層次元脱出が必要という二段構えの窮地が悲劇を生んでしまった
20 ななしのよっしん
2021/12/25(土) 05:07:22 ID: d+jIGeXird
有線接続に切り替えてバイド係数を極限まで上げることでフォースの威を高めた機体とのことだが、FINAL2ではアンカーフォースよりもテンタクルフォースやフレキシブルフォースを飛ばして至近距離から射撃した方が強いと思う。どちらも射撃中は自動的に敵に接近して駆逐していくからザコキャラの掃討にも向いているし。