今注目のニュース
『FGO』セイバー/アーサー・ペンドラゴン〔プロトタイプ〕の「英霊正装」イラストをモチーフにしたフィギュアが登場
日本の道路事情は昔からほぼ変わらないのになぜ? クルマが大きくなる「3ナンバー化」が続々進むワケ
「らしい“ライブ”を」 LiSAが紅白初出場、「鬼滅の刃」声優も呼吸を乱して大喜び

どういう・・・ことだ・・・単語

ドウイウコトダ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(113)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

どういう・・・ことだ・・・とは、アニメ遊戯王ZEXAL」で登場した台詞である。

概要・・・? どういう・・・ことだ・・・

遊戯王ZEXAL第24話「魂のエクシーズ召喚ZEXAL」にて飛び出した台詞である。遊馬アストラルの新たなエクシーズチェンジZEXAL」をの当たりにしたカイト驚愕の表情を湛えながら口にした。

ごもっともな感想である。
まるで意味がわからんぞ!」の例に続く、視聴者の心の内をそっくり代弁したようなこの台詞に、カイトと共に同じ感想・文句をテレビの前でそのまま口に出した視聴者は少なくなかっただろう。もっともその一方で「ああ、いつもの遊戯王だ」と思った方も少なからずいるようであるが。
そして今後も、超展開を始めとするストーリーへのツッコミ日常における理不尽な出来事(OCG裁定、他)、会話や掲示板での返しの句などといった形で幅広く用いられる事と思われる。

何にしても、このような超展開新たなの当たりにしてもなお、デュエルをドローゲームで決着してみせるあたりはカイトさんもカイトさんでまた流石と言うべきか。そもそも、カイトネタ要素の塊だし。

まさか、これは・・・! 合体はシリーズ名物だったというのか・・・!

蛇足ながら付け加えると、遊戯王シリーズ歴史を紐解いていくと合体という要素だけを見ても様々な展開があり、シリーズファン視聴者によっては「遊戯王名物」と認識されている場合もあるようだ。具体的には、

そして、視聴者たちの予想の斜め上を行く展開で数多くの視聴者達を腹筋破壊驚愕させてきた歴史に、本作においてもまた新たな1ページが刻まれる事となった。

しかし、24話の最後(提供の画面)のコメント遊馬アストラル究極体」とは何ぞや。意識しているのかスタッフ

関連静画・・・? どういう・・・ことだ・・・

関連商品・・・? どういう・・・ことだ・・・

関連コミュニティ・・・? どういう・・・ことだ・・・!?

関連項目・・・? どういう・・・ことだ・・・!?

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/15(金) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/15(金) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP