ゆで卵 単語

152件

ユデタマゴ

1.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ゆで卵とは、を殻付きのまま茹でて作る卵料理の一つである。

その他曖昧さ回避は「ゆでたまご」の記事にて行う。

概要

簡単に出来る料理で、日本ではポピュラー料理の一つとなっている。

殻ごと茹でることにより殻の中身は凝固する。中身を傷をつけないように殻を剥いて中身をそのまま食べたり、手を加えて食たり、他の料理に使われる。

ゆで卵は茹り具合により、温泉卵、半熟、固ゆで卵などに区別される。

作り方(例)

  1. を殻ごと入れ、全体が浸かる程度のを入れる
  2. に少量のを入れる(茹でる際、殻を割れ難くするため)
  3. をコンロに置いて火つけ沸騰させる
  4. 沸騰してから4分強~5分弱でを取り出すと半熟、10分程度で取り出すと固ゆで卵になる
  5. 殻を剥く(茹でた直後のの殻は剥き難いので、数分間冷さらした後、流さらしながら剥くと剥きやすい)
  6. お好みの調味料(例:マヨネーズ)をつけて食べる

※注意 間違っても電子レンジで作ろうとはしてはいけない。爆発する可性がある。

豆知識

 新鮮なは殻が剥き辛く、古いは殻が剥きやすい。

 殻付きのゆで卵をテーブルなど固くてらなところに寝かせてで勢いよく回転させると、最初は寝たまま回転するが、次第にが立ち上がりながら回転をする。この現は回転によってテーブルの間に生じる摩擦が減少し、の安定性が崩れて、重心が上に移動するために起こる。生卵は高速で回転させるのは難しいが、何らかの方法で高速で回転させれば同様に立ち上がる。キウイフルーツなど、形のほかの物体でもこの現は同様に起こる。この現メカニズムは、慶応大学下村教授ケンブリッジ大学キース・モファット教授によって、2002年数学的に明された。
 さらにこの論文では、ゆで卵の回転が毎30回転を越えると、この重心移動によって生じる振動が重力を振り切って、結果の回転軸が45度前後になったときに、中に浮き上がるという現が予言されていた。が浮き上がる高さは0.1ミリと非常に小さく、その時間も一であるため、この現の観測は不可能であるとされていたが、下村研究チームを安定させて回転させる装置と、が宙に浮いたことを映像・音・電気信号によってとらえる装置を開発し、実際にが宙に浮く間をとらえることに成功した。
 また神戸大学研究チームも、同大学の所有する高速カメラコンピューターシミュレーションによってこの現を捉えることに成功している。

関連動画

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/19(金) 14:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/19(金) 13:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP