今注目のニュース
グレート・デーンから緑色の仔犬が誕生(米)<動画あり>
長嶋一茂、神戸いじめ40代女性教員の謝罪文に激怒 「お前がクズだろ」
ファミコン中の悲劇がリアルに再現 あの頃のトラウマ発動にうぁぁぁぁ

オスヴァルト・フォン・ミュンツァー単語

オスヴァルトフォンミュンツァー

  • 0
  • 0
掲示板をみる(18)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

オスヴァルト・フォン・ミュンツァーとは、「銀河英雄伝説」の登場人物。「弾劾者」と通称される。
CV.下山吉光オーディオブック版)。

概要

フリードリヒ3世以前からコルネリアス1世帝国320360年頃)にかけての帝国軍人・法尚書。
剛直な人柄がもたらしたその事績から「”弾劾者”ミュンツァー」の異名で呼ばれる。

本伝第五巻「風雲篇」のほか、外伝を砕く者」、同「ユリアンのイゼルローン日記」、「ダゴン域会戦記」に登場している。

”弾劾者”

――検察官は言われる。被告には帝国軍撤退の全責任がある、と。しかし被告は総司令官にあらず、一介の参謀である。検察官は言われる。被告は勝利のための作戦をたてなかった、と。しかし被告は参謀長にあらず。一介の参謀である。検察官は言われる。被告は――

"弾劾者"ミュンツァーの最終弁論(一部抜

ミュンツァーが史上に名を残すことになったのは、なにより彼が都防衛部参事官・中将であった帝国331年、ダゴン域会戦の敗に際し、総司令官たる皇子ヘルベルト大公に代わって敗北の全責任者とされた参謀ゴッドリーブ・フォン・インゴルシュタット中将の被告弁護人としてである。

そもそもミュンツァーとインゴルシュタットとは10年に渡り、「顔も見たくない」と広言するほどのの仲であり、軍もそれによって弁護が全に意味なものとされることを期待して彼を被告弁護人に任じた。しかしミュンツァーはその期待を裏切り、沈黙した被告人に代わり、「法廷を熱論理闘争の場とすべく、判事と検察官の前に立ちはだかった」のである。

彼の弁護は、インゴルシュタットに被せられた責任と罪の不当さを格調高い弁論によって糾弾するものであり、こと項冒頭に掲げた「一介の参謀」というフレーズが印的な最終弁論は、非開の軍事裁判の場での発言にもかかわらず外部に流出し、前述の異名の由来となったほどであった。

だが、彼の全知全を傾けた弁護は、にとっても至極自然なことに、全に意味であった。死刑の判決に対し抗議と減刑要でもって応えたミュンツァーにとってすら、それは意外ではなかった。ミュンツァーはインゴルシュタットの殺にも立ち会ったが、裁判の間じゅう沈黙を守った被告人は、刑場でミュンツァーに深く頭を下げた。

インゴルシュタットの人生はこれで終わりだったが、ミュンツァーの人生はそうではなかった。彼に待っていたのは、辺域の警備管区官という左遷と、「現地においての予備役編入」という流刑だった。

”距離の暴虐”

彼に転機が訪れるのは、帝国337年のことである。この時既に冠はフリードリヒ3世から三代目マクシミリアン・ヨーゼフ2世の手に移っていた。

ミュンツァーはこのマクシミリアン・ヨーゼフ2世によって辺から呼び戻され、法尚書に任じられる。後の世に””として知られる王の中者は、彼に帝国内の陰謀と犯罪を一掃させた。彼は””をよく佐し、フリードリヒ3世以来不健全極まりない状態にあった帝国を一挙に健全化することになる。

そしてミュンツァーは、法尚書としても後世に残る名言を残している。それが”距離の暴虐”である。
これは、帝国が叛徒すなわち自由惑星同盟を討伐し、銀河系に1/3を占めるまでに拡大した人類社会を再統一することの難しさを的確かつ簡潔に示したもので、自由惑星同盟グエン・キム・ホアが唱えた”距離の防”に対応するものである。信頼し尊敬する臣下のこの箴言を受けたマクシミリアン・ヨーゼフ2世は、在位中20年、ついに自由惑星同盟に対する遠征を行わなかった。

マクシミリアン・ヨーゼフ2世が没し、跡を継いだコルネリアス1世の時代になっても、ミュンツァーは法尚書として””の後継者に重用された。しかし帝国359年、コルネリアス1世が同盟への大親征を企図すると、ミュンツァーは遠征の中止を進言するも容れられず、自ら法尚書を辞して引退する。”元帥量産”の異名でも知られたコルネリアス1世は上級大将であったミュンツァーに元帥号を授与したが、彼はそれも辞退して宮廷を去った。

関連動画

関連項目

掲示板

  • 16ななしのよっしん

    2018/04/13(金) 18:12:59 ID: qqbJMfdO3Y

    大河「弾劾者」とか新旧両王通じて人気ありそう

  • 17ななしのよっしん

    2018/05/05(土) 19:39:48 ID: ukFDkQNQWJ

    >>16
    > 大河「弾劾者」
    中国史劇の包(包拯)ものみたいなノリになるかな。

  • 18ななしのよっしん

    2019/09/28(土) 21:01:24 ID: XfKBOKBIH+

    ラングとは逆で仕事には私情を持ち込まないタイプ人間なんだと感じた

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/19(土) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/19(土) 13:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP