ジョワドヴィーヴル単語

ジョワドヴィーヴル

  • 2
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ジョワドヴィーヴルとは、東・松田博資厩舎に所属していた元競走馬である。
名の由来はフランス語で「生きる喜び」で、命名者はブエナビスタに騎乗していたクリストフ・スミヨンである。 

概要

ディープインパクトビワハイジカーリアンという血統で、上にもある通りブエナビスタである。そのためデビュー前から注を浴び、2011年11月12日の新戦では1.3倍の人気に応え勝利。次走を1勝の身ながら阪神ジュベナイルフィリーズへと定める。

15分の6の抽選を突破して出走した阪神ジュベナイルフィリーズでは1勝ということもあり4番人気に落ち着いたが、レースでは中団から直線で後続を2身半引き離す圧勝。1勝の身での勝利ウオッカトールポピーブエナビスタがいるが、2戦での勝利は初であり、また上の福永祐一は前年のレーヴディソールに次ぐ連覇となった。レースでの圧勝ぶりと血統から当然のごとく翌年のクラシックの中心とされるようになった。

しかし3歳初戦のチューリップ賞では1.3倍の圧倒的1番人気に推されるもハナゴールを捕らえきれず3着に敗れ、桜花賞では再び1番人気に推されるもジェンティルドンナの前に全く見せ場なく6着に敗れ、さらに悪いことにレース折が判明し長期休養を余儀なくされるなど前年の期待からするとあまりにも残な成績に終わった。

4歳になっての休養明け後は7着、6着と全く見せ場ない競馬に終わったものの、3戦ヴィクトリアマイルでは久々に鋭い末脚を見せて4着に入り、天才少女復活の兆しを見せた。しかし5月29日、次走の鳴尾記念に向けての調教中に異常発生。診断は左下の開放折。予後不良と判断され安楽死処分となった。

い時期から良血と類まれな競争で将来を嘱望され、故障や不調からようやくの復活の兆しを見せた矢先の悲劇に関係者のショックは大きく、また繁殖としての期待も大きかっただけにあまりに惜しまれる死となった。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/18(月) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/18(月) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP